第11話キャサリン、サラ、春麗の自己紹介

光と由紀、そして華奈も拍手と大歓声を浴びた表彰も終わった。

三人が、ステージ上手に戻ると、次には転入生の紹介になる。


校長は、再びステージの中央に進み、話しはじめた。

「それでは、ここで、学生諸君に、今学期からの三人の転入生を紹介します」

校長は、ステージ下手に目配せ、そして言葉を続けた。

「アメリカからキャサリン君、ギリシャからサラ君、中国から春麗君です」

「それでは、三人、ステージ中央にお願いします」


校長の言葉を受けて、ステージ下方から、キャサリン、サラ、春麗がステージ中央に立った。

途端に、ホール全体がザワザワする。


「マジ・・・全員・・・すごい・・・超美少女が三人?」

「ほんと、全員、モデルさんみたい・・・キラキラしているし」

「それに外国人子女?なんかドキドキしてきた」

どうやら、学生たちは、キャサリン、サラ、春麗三人の登場とともに、その超美少女さと、スタイル、外国人に気圧されている様子。


校長は言葉を続けた。

「それでは、三人より簡単な自己紹介を行ってください」

「三人とも、日本語については、しっかりしているので、心配することはありません」

「まず、キャサリン君から」


校長がキャサリンを促したので、キャサリンがステージ中央に立った。

キャサリンは、深くお辞儀をして、自己紹介を始めた。

「皆様、始めてお目にかかります」

「本日より、この学園で、皆様と一緒に勉強をさせていただくキャサリンと申します」

「国籍としてはアメリカとなりますが、日本語については、アメリカにて、ある程度習ってきましたけれど、少々不安もあります」

「それと、まだ日本の習慣にも馴染んでいないこともあるので、皆様のご指導をよろしくお願いいたします」

ほぼ、完璧な自己紹介、日本語が不慣れと自分自身では言うけれど、全然、そんな雰囲気はない。

そして、その光り輝き、リンとした美少女キャサリンは笑顔で自己紹介を終え、大きな拍手に包まれている。


校長は次に、サラに声をかけた。

「サラ君、お願いします」


サラも深いお辞儀をしてから、自己紹介を始めた。

「私も、本日より、この学園で、皆様と一緒に勉強をさせていただくサラと申します」

「国籍としてはギリシャ、私もキャサリンと同じ、日本語や日本の習慣をこれから覚えていきたいと願っております」

「皆様のご指導をよろしくお願いいたします」

サラも、聞いている限り、日本語は、ほぼ完璧。

そして何より、その大輪の薔薇が微笑むかのような笑顔としっとりとした目線、発達した胸とお尻、キュッと締まったウェストが、男子学生の目を引きつけ、女子学生からは「羨望と嫉妬」を集めている。


サラが大きな拍手に包まれた後、校長は最後に春麗に声をかけた。

「それでは、春麗君、お願いします」


すると春麗は、一瞬、クスッと笑顔。

そして、誰も考えていない動きを見せた。


全員から「あっ!」「え!」という声があがった。


春麗はステージ上でいきなり跳躍、そして空中で二回回転し、そのままステージ中央に着地したのである。

そして、そのまま自己紹介を始めた。

「はーい!私が春麗です!これからよろしくね!」

「国籍は見たとおり中国だよ!日本は大好き!ぜ~んぶ大好き!」

何しろ、超美少女、超軽快、超明るい、春麗の自己紹介は、大喝采となってしまった。


そして、その春麗の大喝采を見たキャサリン、サラはムッとした顔になっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます