絶対小説 ~読めば文豪になれる小説~

作者 海野ハル

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全25話

更新

  1. 第一話 文豪の声を聴け
  2. 絶対小説 序文
  3. 1-1:ラノベしか読んでいないやつの作品なんぞクソもいいところだ。
  4. 1-2:たぶん手を握られたら一瞬で惚れる。
  5. 1-3:キヒッ! ヒッヒッ! ウェヒヒィ!
  6. 第二話 河童をめぐる冒険
  7. 2-1:裸になって肌を温めあう展開も考慮しておかなければならない。
  8. 真実の川 (欧山概念著 化生賛歌より)
  9. 2-2:溺れる。死ぬ。
  10. 2-3:……河童ですね。
  11. 2-4:わたしの肌ピンクなので。ここは緑が多いので逆に浮いてしまうかと。
  12. 2-5:妖怪と戦える機会なんてそうありませんよ?
  13. 2-6:ぼくたち、そこから来たんですよ。だからほら、ヨソモンなわけで。
  14. 第三話 ラノベの森
  15. 3-1:魂をもった人間だけに許される最後の砦
  16. 3-2:恥ずかしげもなく理想を叩きつけてやれ。
  17. 3-3:この巻の中に、ぼくのお気に入りのエピソードが収録されているのだ。
  18. 多元戦記グラフニール(6)~もう一人の君へ~ 金輪際:著
  19. 3-4:それでも……ぼくはあなたの小説が好きなんですよ。
  20. 3-5:君のぱんつをむしゃむしゃ食べたいボーイ、か。
  21. 3-6:キモいラノベ書いて爆死したやつがえらそうに言わないでよ。
  22. 3-7:ここにいるの。あの人の妹が、今も。
  23. 3-8:だけど失うことを恐れていては、なにも得ることはできない。
  24. 第四話 ネオノベル・クロニクル
  25. 4-1:ベストセラーを生みだすためなら、やつらは手段を選ばぬ。
  26. 4-2:ぼくが神さまだったら、室町時代あたりで投げてますよ。
  27. 4-3:クソラノベ作家に姉さんと呼ばれるのは寒気がするな。
  28. 4-4:イェ~エェエェェ…(こんき~ん、こぉん…)
  29. 4-5:欧山の怨霊にも取り憑かれておるのではないか、お前?