大書楼の司書姫と謎めく甜食(スイーツ)

作者 鳩子

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全43話

更新

  1. 序 結婚か、昇進か
  2. 第1話 結婚か、昇進か
  3. 第一章 嫁ぎ遅れの司書姫と料理人
  4. 第2話 『珍奇で美味なる菓子』を求めて
  5. 第3話 軟糖飴《ソルマ》の真贋と雑琉
  6. 第4話 酒菜館にて
  7. 第5話 私の客にならないか?
  8. 第6話 初恋の人
  9. 第7話 初恋と白桃酥(白桃のパイ)
  10. 第8話 恋に破れた娃琳
  11. 第9話 仙花の予言
  12. 第10話 国王と甜食と茶飲話
  13. 第11話 天の采配
  14. 第12話 後宮では、女官は走らない
  15. 第13話 大書楼の中へ
  16. 第14話 調査開始
  17. 第15話 姉の不調
  18. 第16話 鴻の暴いた真実
  19. 第17話 四阿での語らい
  20. 第18話 娃琳の袖の下
  21. 第19話 国王の譲歩案~糖薄脆を食べながら
  22. 第20話 古文書から蘇った菓子
  23. 第21話 素晴らしき菓子、五香糕(ごこうこう)
  24. 第二章 菓子を求めて游帝国へ
  25. 第22話 竜女の伝承を求めて
  26. 第23話 歴代皇帝ゆかりの温泉
  27. 第24話 触れる理由
  28. 第25話 娃琳の職業意識
  29. 第26話 天帝から賜った特別な菓子~天糕
  30. 第27話 牀褥(ベッド)の上にて
  31. 第28話 真夜中の侵入者
  32. 第29話 娃琳、戦う
  33. 第30話 だから、あなたは、もう少し、配慮をしろと言うんだよ
  34. 第31話 鴻の不機嫌
  35. 第32話 女帝と娃琳
  36. 第33話 初恋の呪い
  37. 第三章 『真実を告げる菓子』
  38. 第34話 菓子の手がかり
  39. 第35話 旅の疲れとよごれ
  40. 第36話 もう、麺はないのに
  41. 第37話 暴かれた『秘密』
  42. 第38話 そして、真相へ
  43. 第39話 出来ることは、すべて
  44. 第40話 天空の雑琉
  45. 第41話 裴緘喬と学者と王子
  46. 第42話 封禅の儀式
  47. 最終章 大書楼の司書と謎めく甜食
  48. 第43話 大書楼の司書と謎めく甜食