皇帝の秘密の花嫁

作者 小小夏@ココナッツ

103

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかく面白い。
こういう恋愛小説が読みたかった!!と思わせてくれる、王道でありながらもハラハラドキドキさせられるラブロマンスです。

王の庶子であり、敵国人の母をもつために蔑まれて生きてきたユリア。
でも彼女は誰よりも優しく真面目な心の持ち主。純心で、ひとを貶めるようなことはけしてしません。
そんな彼女が初めて恋をした相手は、偶然行き倒れているところを助けた敵国の軍人。最初は敵味方なく接しようとする優しい心と母方の血へのシンパシーから、やがて彼の魅力に惹かれ始めて、ユリアは恋に落ちます。
しかし相手は本当は軍人ではなかった。なんと敵国の皇帝アレクセイその人だったのです。
アレクセイもまた愛しいユリアを手に入れるためにあれやこれやと策を巡らせます。中盤やっと手に入れて自分の国に連れて帰ってきたのですが、そこに降りかかってくる内外の敵のあれこれ……。今回の更新にいたってはなんと第三国まで政治の陰謀に絡んできて、はてさてどうなることやら!?

とにかく二人の状況が切なくて、時々コミカルなやり取りをするからこそ余計に、二人きりの世界に行ってしまえたら楽なのに!と思います。
アレクセイが「皇帝ではなくただの軍人としてユリアを妻に迎えることができたら」と考えるシーンは泣いてしまいそうになりました。
ひっそりとした結婚式。美しい花嫁は人目に晒すことができない……。
いつ!? いつになったらこの二人はおおやけに認められるの!? 二人の気持ちばかりが進んで国の情勢は悪化していく一方!
でもアレクセイは恋にかまけて何もしない皇帝ではないので大丈夫。そこは安心して読めます。きっと政治も恋もすべて解決してハッピーエンドに持ち込んでくれるはず!
責任感の強いアレクセイとユリアは、きっと安易な逃亡は選択しないでしょう。しかしさて、この四面楚歌みたいな状況はどうやって解決するのか? ユリアはおおやけ… 続きを読む