第5話 異世界の騎士、神業を知る。

「その服を私の身体に合わせるだと? 今この場でか?」


 私が娘を見下ろしたまま問うと、娘は「ハイ」とあっさり頷いて、空いた方の腕を私に向かって差し出してきた。私の今着ている上着を脱いで渡せという意味であろう。

 娘の不遜ふそんな物言いへのいきどおりが失せた訳ではないが、それ以上に、いつしかこの娘の調子に飲まれかけている自分に気付く。

 私は試してみたいのかもしれない。私の怒声にも退くことなく、したたかに己を売り込まんとしてくる、この年端も行かぬ職人の腕前を。


「……よかろう」


 私は焼け焦げたマントと上着を脱いで娘に手渡し、かわりに彼女の手から黒色の上着を受け取った。見た目は黒一色で貧相だが、使われている生地きじの質は決して悪くない。


「そこまで言うなら、娘、腕の程を見せてもらおうではないか。ただし……その言葉が出任でまかせと分かった時には、覚悟は出来ておろうな」


 娘の渡してきた「スーツ」なる装束の上着を左手に持ったまま、私がそっと左腰の剣のつかに右手を添えてみせると、娘は相変わらず間延びした調子でさらりと言ってくる。


「その剣も外しちゃってください。邪魔になるので」

「なに?」


 私は面食らって娘の顔を見返した。

 確かに、帯剣たいけんしたまま職人に採寸をさせる阿呆あほうも居るまいが……。しかし、自分の屋敷に信用の置ける職人を招き入れている時ならいざ知らず、勝手の知れぬ異世界で、出会ったばかりの者に隙を晒すなど……。


「大丈夫ですよぉ。この平和な日本で、いきなり襲いかかってくる人なんて居ませんよ」

「居たではないか、先程」

「倒したじゃないですか、素手で」

「……それもそうか」


 娘の言葉に妙に納得させられ、私は結局、剣帯ホルスターの着脱具に手をかけた。

 断じて娘の調子に飲まれるのを良しとする訳ではないが、しかし、先程の暴漢のような者が突如襲い掛かってきたところで、そもそもそれを脅威と感じる私ではない。まさか、訓練された猛獣や、完全武装の兵団が踏み込んでくるということもあるまいし。


「アルスターさん……でしたよね? 安心してください。この国じゃ、普通の人は剣も銃も持ってないんですよ」

「ふむ?」


 娘の言う「普通の人」がどこまでを指すのか測りかねるが、魔法もない上に武装もしておらぬとは、この世界の者達は服装のみならず戦力までも貧弱なのだろうか。


「それでどうやって己の身を守るのだ。この世界にも狼藉者ろうぜきものは居るのであろう」


 私が剣を腰から外し、傍の壁に立てかけながら言うと、娘は「んー」と二秒ばかり考え込んだ。


「でも、この国は世界でもトップクラスに治安がいいですからねー。普通に歩いてて襲われるなんてこと、まず無いですし」

其方そなたは普通に店を開けていて筋者すじものに襲われかけたではないか。次にあのようなやからが来たらどうするのだ」

「その時はアルスターさんが守ってくれたらいいじゃないですか?」


 私の焦げた上着とマントを丁寧にハンガーに吊るし、娘はクスリと微笑んでみせる。……私にはこの娘の本性がどうにも分からない。どこまで冗談のつもりなのか、それとも――。


「さっ、そのジャケット着てください」

「む?」


 異世界の装束を纏うことにまだ抵抗はあるが、とにかく私は娘に言われるがまま上着に袖を通した。見た通り、肩も首周りも袖も胴も、私の身体には一回り大きい。分かっていたことではあるが、その着心地きごこちの悪さに私が眉をひそめていると、娘は、作業机に並ぶ仕立て用具の中から三角形の白墨チョークを細い指でつまみ上げていた。

 そして、彼女は私の目の前に立ったかと思うと、余り気味の私の袖をくいっと引っ張り、ふむ、と一丁いっちょう前に唸ってみせてから、手にした白墨チョークで私の着ている服にすいすいと線を引き始めたのだ。

 こういう表現がこの世界にもあるのかどうかは知らぬが、私は狐につままれたような気になった。この娘、一体何を始めるつもりかと思えば、私の身体に巻尺メジャーの一つも当てず、上着に直接線を引いていくだと……?


「待て、採寸はどうした? 私の身体に合わせるというのなら、寸法を取らねば始まるまい」

「んー、まあ、ちゃんと仕立てるときはモチロン採寸させてもらうんですけど、今回はいいでしょ。大体の寸法なんて


 見ればわかる――だと?


「じゃあ……動かないでくださいね」


 瞬く間に上着の全面に線を引き終えると、娘は 白墨チョークを卓上に置き、代わりにの付いた小さな針のようなものを手にしていた。あれは――縫目切りスティッチリッパーか?


「……!?」


 気のせいだろうか、娘の纏う空気が――

 その瞳に宿る光の色が、

 リッパーを手にして私を見上げる娘の双眸そうぼうには、一秒前までの人懐こい猫のような空気は最早もはや微塵もなく――

 一級の剣士を思わせる静謐せいひつたるに、私がごくりと息を呑んだ、その瞬間。


「なっ――」


 私の頭は、己の目に映るものを信じられなかった。

 リッパーを持つ娘の手が風のように私の右肩を撫ぜたかと思うと、私が纏う上着の肩口は、その縫い目の上半分を断ち切られ――

 間隙かんげきを生じたその肩口に、いつの間にか娘がもう片方の手に握っていた大振りなはさみが残影を引いて差し込まれ、余った布がすぱりと切り落とされる。

 あまりの早業に私が目を見張ったその瞬間、何をどうしたのかは知らぬが、切り開かれていた縫い目は瞬時に新しい糸で仮止めされ――

 今度は同じ肩口の下半分の糸がリッパーでほどかれ、刹那の一瞬で閃く鋏の切っ先が、その場にあるべきでない布をばさりと切り落とす。


 馬鹿な――


 絶句する私をよそに、娘は寸分の迷いもない動きで、上着の肩を、腕を、袖周りを、首周りを、胴を、まるで野菜の皮でも剥くかのように詰めていく。散髪を終えた直後の床のように、私の足元には切り落とされた生地きじの山が積もってゆく。

 目の前で繰り広げられる光景が一体何なのか、私の理解はまだ追いつかない。

 私が一つ瞬きをする間に、娘の構えた鋏が稲妻の速さで布をち、目にも留まらぬ運針が切られた部位を仮止めしていく。熟練の彫刻師が石に生命を吹き込むかのように――私の身体に全く合っていなかった上着が、見る見る内に、私の身体に沿った形に作り変えられていくのだ。


「はい。脱いでください」


 娘は、仮縫いの糸だらけになった上着を私から引き剥がすと、作業机の前の椅子にすとんと腰を下ろした。

 真に驚くべきはそれからだった。娘は縫い針を手にし、ぱしりと糸を通したかと思うと――


「何だと……!?」


 目にも留まらぬ、どころではない。

 目にも早業で、娘の細腕が上着を縫い上げていく。私が元の世界で目にしてきた仕立て職人達の腕など、まるで問題にもならぬ速さで。

 辛うじて私に分かるのは、当然のことではあろうが、裁縫の仕組み自体はこちらの世界でも変わらぬということ。つまり――あの神速の手縫てぬいは全ての運針が一つに連なっており、ただ一針ひとはりを誤っただけで全ての作業が台無しになるということ。

 それなのに――この娘は何故、恐れも躊躇ためらいもなく、あれほどまでに淀みなく針を動かすことが出来るのか――!?


「ハイ。これで完成です。着てみてくださいっ」


 出し抜けに娘に振り向かれ、私は呼吸が止まるような衝撃を覚えた。馬鹿げている。この私が、こんな小娘に気圧けおされるなど――。

 娘が立ち上がって私に上着を差し出してくるので、私ははやる気持ちを抑えられず、それに手を伸ばした。


「なんと――」


 上着に袖を通してみて、私はまたも絶句した。

 この際、飾り気の無さは捨て置くとしても――

 先程と同じ服とは思えぬ、驚くべき軽さ。

 大きさを詰める前のこの服とは、まるで身体に感じる重みが違う。

 床に落とした布の量など微々たるもの。この軽さは物理的な質量の問題ではない。私の腕を、肩を、首を、胴を――吸い付くかのようにふわりと取り巻く、この上着の仕上がりによるものだ。


「どうですか? ぴったりフィットしてるでしょ?」

「フィット。身体の線に沿っている、とでもいう意味か」

「です、です。全身にかかる布の重さがさっきとは全然違うはずです。でも、これはホントにお試しコースみたいなものですから、ちゃんと時間を掛けて仕立てたら、もっと着心地きごこちよく作れますよっ」

「……」


 ふと見れば、娘の瞳からは先程感じた恐るべき殺気は消え失せ、娘は元の人懐こい上目遣いで私を見上げていた。

 彼女を見下ろし、私はただただ驚愕に心を震わせていた。何なのだ、この娘は――。


「……其方そなたは何者なのだ。まさか、我が世界に転移してきた者達と同じく、其方そなたのこの技も、『チート』とやらいう……」

「あー、失敬な、ずるチートなんてしてませんよぉ! わたし、ちゃんとお祖父ちゃんから仕立ての技を習ったんですから」


 またしても頬を膨らませてみせてから、娘は続けて言った。


「わたしの自己紹介はこのくらいでいいですよね? 今度は、あなたのことも色々教えてください、アルスターさん」

「なに?」

「異世界からいらしたんでしょ? わたし、結構興味ありますよ、その手のお話」


 小癪こしゃくにも私の目を覗き込んでふふっと笑う、その姿を見ると――

 どうやらこの娘とは短くない付き合いになりそうだと、何故かそんな気がしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます