アジア横断鉄道

作者 喬木 あきら

5

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タラッタッタッタタータターターター。「世界の車窓から」のテーマって色々書き方がありますが、個人的にはこれが一番しっくりくるようです。わりとどうでもいい入り方ですみません。



こちらもジュール・ベルヌ作の翻訳作品ということで、ジョージア(アメリカの州ではなく東アジアのグルジアですね)の首都トビリシから中国は北京に向かう旅です。今の今までジョージアの首都をト「リ」ビシだと思ってました。ト「ビ」リシだったのか。。。一つ賢くなりました。

ってそもそもジョージアってどこ?という感じですが、黒海沿岸です。黒海はトルコの北、トルコの西は地中海ですからね。遠い遠い。
主な駅を書き出してもスゴイことになります。
@:現在の国境を越えたところで国名を後につけてます。
▼現在の地図で見つかりませんでした。

「トビリシ@ジョージア」→鉄道→「バクー@アゼルバイジャン」~カスピ海を船~「ウズンアダ@トルクメニスタン」→「ミハイロフ▼」→「キジル・アルバト」→「ギョクテペ」→「アシガバード」→「ドゥシャク」→「テジェン」→「メルヴ(バイラマリー)」→「チャルジョウ」→(アム・ダリヤ川)→「ブハラ@ウズベキスタン」→「サマルカンド」→(シル・ダリヤ川)→「タシケント」→「ホジェンド@タジキスタン」→「チョンチャイ▼」→「コーカンド@ウズベキスタン」→「マルギラン」→「オシ@キルギス」→(パミール高原)→「カシュガル@中国」→「ヤルカンド」→「ホータン」→「ニヤ」→「チェルチェン」→「チャルクリク」→「ロプノール」→「カラノール▼」→「粛州」→「蘭州」→「西安」→「南陽」→「太原」→「邯鄲」→「天津」→「北京」

西安から太原に行くには山西を通るので、南陽はないはずですね。省略した駅もありますけど、いかに長い距離であるかお分かり頂けるかと思います。

さて、十三日間に渡る長い長い鉄道旅行ですが… 続きを読む