03 私には帰る場所がある

 ソラリアは地面に膝をつきかけたが、剣を支えに再び立ち上がる。

 傷を負った脇腹と肩から血が溢れた。


「ここまでだ、歌鳥の勇者」


 背中に四本の腕を生やしたアルウェンが、一歩ずつ進んでソラリアに近付いてくる。


「貴様は教会の操り人形に過ぎない。信念なき剣で、俺は止められん」

「くっ……」


 激痛を耐えながら、ソラリアは剣を持ち上げる。

 残りの体力は少ない。

 傷からは血が流れ続けている。

 長引けばそれだけ、ソラリアに不利だった。

 かくなる上は刺し違える覚悟で、敵が接近する一瞬に勝負を賭けるしかない。

 闘志を衰えさせずに前を向くソラリアの姿に、アルウェンは何かを感じたのか、間合いに入る直前で歩を止めた。


「何故だ? 歌鳥、貴様はそこまでして何故戦おうとする。教会の教える正義を本気で信じているのか? そのために命を賭けられるのか?」

「正義なんて……私は教会を信じてはいません」

「では何故だ。何が貴様の戦う意思を支えている」


 問われてソラリアは、ここに来る直前に、リヒトと交わした約束を思い出した。戦いが終わった後は、観光旅行中の羊さんパーティーに参加するか否か、返事をする約束をした。


「私には帰る場所がある! 私のプライドにかけて、彼との約束は守ります!」


 教会はソラリアにとって帰る場所ではなかった。

 ずっと居心地が悪かった。

 けれど今、あの少年の隣で安らぎを見いだしている自分がいる。その不思議な感覚を、安堵と共にソラリアは受け入れる。あの時、見栄を張って、少年の伸ばした手を振り払ってしまったけれど。

 本当は悪くないと思っていた。

 彼と一緒なら、私は一人では辿り着けない場所に到達できるかもしれない。


「はああああっ!」


 気合いの声を上げながら、ソラリアは剣を地面に水平にして突撃した。攻撃の目標は、アルウェンの兜。戦いを始めた頃に付けた一筋の傷。それをもう一度突くように、真っ直ぐに剣を叩きつける。

 アルウェンは避けなかった。


 ガン……と鈍い音が、剣がぶつかった兜から響く。

 一拍おいてピシリパシリという音と共に兜にヒビが入った。兜の中央に垂直の亀裂が走り、真ん中から割れる。


「見事だ……」


 割れた兜が左右に砕けて落ちた。

 アルウェンの背の四本の腕が消える。

 額から血を流して青ざめた女性の顔が兜の下から現れる。三つ編みになった長い黒髪が、ばさりと肩に落ちた。


「帰る場所か。それがあれば、きっと私も間違えなかったんだろうな……」

「貴女は自分の行いが間違いだったと認めるのですか?」

「いや、我が復讐に悔いは無い。ただ、歌鳥……」


 俺はお前が羨ましい。

 かすかな声は、そう言ったように聞こえた。

 アルウェンは言葉を切る。ソラリアは待ったが、言葉の続きはもう無かった。いつの間にか、彼女の瞳は暗くなり、胸の鼓動が止まっている。


全力解放エクストリームで、生命力まで使い切ったのですか」


 ソラリアは剣を降ろした。

 もはや目の前の漆黒の鎧の中に魂が無いことは明白だった。

 戦いの終わりを悟って気が抜ける。

 地面に膝を付くと、彼女は止血を始めた。


「リヒトと、合流しないと……」


 疲労と出血で目がくらむ。

 約束を果たさなければ……けれど、もう一歩も動けそうにない。

 剣を抱え込んだままソラリアは気を失った。




 リヒトと羊のメリーさんは、人間の気配を追って移動していた。

 移動の途中で派手な落雷の音が鳴り響いて驚愕する。


「ソラリアの雷撃かなあ」

「メエー(静電気で羊毛がパチパチするね)」


 後で無事に合流できれば良いのだが。

 一抹の不安を感じつつ、リヒトは心開眼ディスクローズアイの視界に映る絆の糸を辿って、地面に転がる尖った岩を乗り越えて進んだ。途中で、大きな亀のような魔物が転がっていたが、それもひょいと飛び越える。


「ごめんよ!」


 崩れた土壁の段差を越えると、瓦礫が無い平らな地面が現れた。

 付近には、豪華な壺の破片や深紅の絨毯の切れ端が落ちている。

 奥には焦げて背もたれが欠けた黄金の玉座が、横倒しになっていた。

 ここはどうやら王宮の広間だったようだ。

 壊れた玉座の前には二人の人物がリヒトを待ち受けていた。


「レイルと……誰だっけ」


 金髪碧眼の少年の方は、幼馴染みのレイルだ。

 海際の街で別れて以来である。


「俺はフレッドだ!」


 幼馴染みは眉をつり上げて怒った。

 そうだった、別人格のフレッドだ。

 彼とレイルは違う人格だからか、リヒトとの間に絆の糸が無かった。心開眼ディスクローズアイで見た時に糸が見えなかったので、存在に気付かなかったのだ。

 いや……。

 リヒトは目を細めてフレッドを注視する。

 彼の周囲に一切の絆の糸が見当たらない。どんな人間でも必ず誰かと繋がりがあるのに、逆に不自然だ。何か理由があって絆の糸が見えないのか、存在しないのか。


「……ふうむ。あの時の少年か」


 仮面を付けた巨漢の男が感慨深そうに言う。

 男は片手に身長ほどの長さの、凝った装飾が付いた錫杖を持っていた。どうやらあれが覇者の杖らしい。


「名乗っていなかったかな。俺はオーディンという」


 男は名乗ると、顔に手をやってゆっくり仮面を取る。

 仮面の下から精悍な壮年の男性の顔が現れる。

 隠すほど醜い傷痕があるのかとリヒトは思っていたが、その予想は半分当たっていて半分外れだった。顔の真ん中、鼻の上を中心として頬まで真っ直ぐに交差した二本の線、罰点の形をした傷痕がある。

 特徴的な傷は、隠すのも頷ける印象深さだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます