02 ソラリア v.s. アルウェン

 羊毛をふっくらさせたメリーさんは、緩やかに空を飛んで、瓦礫の上に着地した。

 邪魅の耳飾りの効果がまだ残っているのか、魔物達は呆然としている。だがいずれ効果は解けてしまうだろう。彼らを真に解放するには、魔王信者が持っているという「覇者の杖」を奪取もしくは破壊する必要があった。


「魔王信者の皆さん、墜落と一緒に全滅してたら楽なんだけどな」


 リヒトは希望的観測を呟く。

 墜落地点は砂ぼこりが酷く、視界は靄にかかったように見通しが立たない。羊から降りたリヒトは、心開眼ディスクローズアイを使って人の気配を確認しようとした。

 その時、砂塵を裂いて何かが飛来する。

 リヒト達は気配を察知して、その場を飛び退いた。


「待っていたぞ……」


 砂塵のカーテンをくぐって、全身黒い鎧を着た人影が現れる。

 ガシャガシャと鎧から音がする。

 人影は兜を被っており、声はくぐもっている。

 フル装備で肌を隠した様子からは、内部にどんな人間が入っているか分からない。鎧を着た人間というよりは、動く鎧といったところか。

 黒い鎧を着た人物は片手に鎖鎌を持っていた。

 先ほど飛んできたのは、鎖の先に付いた弧を描く鎌の部分らしい。


「アルウェン」


 リヒトは鎧の中身を知っている。

 コンアーラ帝国で出会った女性の名前を呟くと、鎧の動きが止まった。

 ソラリアが抜き身の剣を携えてリヒトの前に出る。


「行きなさい」

「一人で戦うの?」

「すぐに倒して追い付きます」


 言外に、リヒトに覇者の杖を見つけることを優先するように言うと、ソラリアは剣を正眼に構えた。


「すぐに迎えに来るよ!」


 リヒトはそう言って、アルウェンを避けて遠回りしながら駆け出した。羊が後に続く。

 黒い鎧は動かない。


「……やはり君達か。止めにくるとすれば、君達かもしれないと思っていた」


 アルウェンは静かに言う。

 記憶の無いソラリアは、その台詞から敵と顔見知りのようだと推測した。油断なく剣を掲げて一歩ずつ前に進みながら問いかける。


「こんなことをして何になるのですか? ジラフを潰したところで、天魔が人間を支配するような世界が来るとは到底思えません」


 魔王信者の目的、古代のように天魔が人間を支配する世界を目指していることは、教会本部の勇者であれば誰でも知っていることだった。

 ずっと昔から魔王信者はあちこちで事件を起こしていて、教会から派遣された勇者はその後始末をさせられてきたからだ。


「ふっ、無理だとは分かっているさ。俺はオーディンのように思い上がってはいない。人間を滅ぼすことは不可能で、少数派の天魔が人間を支配することは夢物語だ」

「それなら何故」

「だが復讐は達成された。私の両親を殺したコンアーラ帝国は滅びた。後は教会を潰せば、不当に扱われる天魔の能力者の大部分は解放されるだろう」


 ガシャリと音を立てて、アルウェンは踏み出す。

 その足元から黒い霧が立ち上ぼり、鎧の背中に集まった。

 黒く凝縮した霧は人の腕の形になる。

 右手が二本、左手が二本。

 追加された腕を加えて合計六本の腕がそれぞれ鎖鎌を持つ。腕は黒い鎧に包まれており、手に持った鎖鎌も腕と同時に錬成されたものらしかった。


「歌鳥の勇者よ。己が正しいと思うのなら、この俺を倒して先に進むといい。我が天魔は、戦に飢えし六臂鬼アシュラなり!」


 六本の腕が鎖を手繰り、次々と鎌を投擲する。

 ソラリアは剣で鎖を叩いて攻撃の軌道を逸らしながら、アルウェンに向かって踏み込んだ。


「正義か悪かはどうでも良いことです。私は私の仕事を果たすまで! 我が天魔は天翔ける災厄の翼、災禍鳥魔女モリガン! 貴方を倒して私は先に進む!」


 移動せずに鎖鎌を投げ続けるアルウェンに、ソラリアは肉薄する。

 距離を詰め、鋼鉄のフェイスガードに剣を叩きつける。

 火花と共に剣が跳ね返った。

 兜に一筋の傷が付く。

 懐に潜り込んだソラリアに、四方八方から鎖が囲いこむように迫る。ソラリアは地面を蹴って、唯一、鎖鎌の攻撃が飛んできていない頭上、空中へと飛び上がった。

 高く跳躍しながらソラリアは空中で一回転する。

 彼女の背中に光が集まり、白い二枚の翼が優雅に広がった。服の上に銀色の籠手や胸当てが現れる。ソラリアの全力解放エクストリーム


 追いすがる鎖鎌を翼で払いのけて、ソラリアは上昇し続ける。

 敵の攻撃が届かない上空まで飛翔すると、剣を掲げた。


「空の怒りよ、墜ちよ! 天災降下ディザスタス!」


 小規模な黒雲が発生し、鼓膜が破裂しそうな轟音と共に、雷光が閃いた。雷撃は真っ直ぐにアルウェン目掛けて落下する。人間には回避不可能な光の速さだ。

 衝撃が大地と大気の両方を震わせた。


「兵は拙速を尊ぶとも言いますし……恨まないで下さいね」


 雷撃を見届けて、勝利を確信したソラリアは地上へと降下を始める。

 見下ろすと、雷の落下地点は地面がクレーター状にえぐれており、その中心に黒い鎧が身動きせずに立っている。敵が倒れていないことに微かな不安を抱きながら、ソラリアは低空飛行した。

 相変わらず黒い鎧の中身は見えない。

 六本の腕は垂れ下がり、鎖鎌の残骸が地面に散らばっている。

 近付いても鎧はピクリとも動かなかった。

 気絶しているのだろうか。

 念のため、剣先で兜をはね飛ばして中身を確認しようとした、その時。


「……!」


 突然、六本の腕が動き、その手に六本の漆黒の長剣が現れた。

 六本の腕はバラバラに剣を振り、ソラリアを攻撃する。


「死んでいなかったのですか?!」


 慌ててソラリアは回避行動を取るが、鎧に近付いていたことが災いして、全ての攻撃を避けることは叶わなかった。

 白い翼に剣が貫通する。

 肩と脇腹に裂傷が走った。激痛と共に鮮血が宙を舞う。


「ああああっ!」


 苦痛をこらえて魔王の剣で攻撃を弾くと、急いで後退する。

 距離を取って地面に降りたソラリアの背中から翼が消えた。

 全力解放エクストリームの時間切れだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます