07 窮地からの逆転

 乳白色の霧がリヒトの視界を覆っている。

 ああ、これは夢だな、とリヒトは思った。

 霧は冷たい風に流されて、左右に分かれる。澄みきった風が頬を通りすぎた。

 気が付くとリヒトは、どこかの山腹に立つ古い城のバルコニーで、光を受けて虹を作る滝を見下ろしていた。足元は白い床で、古びた柱やバルコニーの手すりも同じ材質だった。

 渓谷の向こうには青い空が見える。

 見事な景観に、思わずバルコニーの手すりから身を乗り出すように眺めていると、背中に声が掛かった。


「私の城にようこそ。現実では絶賛ピンチのリヒト君」


 振り向くと、洒落た青いマントを羽織り、白い軍服を身にまとった黒髪の青年が、優しそうな笑みを浮かべてリヒトを見ていた。


「ええと、魔王様……?」


 彼とは前に一度、夢の中で会ったことがある。

 自分の天魔の正体である、絶縁の魔王に対面して、リヒトは少し緊張した。


「役職名で呼ばないでくれ。背中が痒くなる」

「じゃあ何と呼べば良いですか? 王様?」

「同じじゃないか。だけど私はとっくの昔に死んだ者だから、個人名で呼ばれるのも困る……そうだな、剣の名前からとって、適当にレピドとでも呼んでくれ」


 レピドと名乗った絶縁の魔王は、気さくな様子で肩をすくめて見せる。

 彼の砕けた様子と爽やかな空気を、リヒトは不思議に思った。


「魔王っぽくない……」

「ははは、良く言われる。でも魔王というのは、人間の勝手な想像だからね。現実の私は、天魔の国を世襲制で治めていた最後の王に過ぎない……それはそうと、リヒト君、大ピンチだね」


 言葉の途中で、レピドは意味深な笑みを浮かべる。

 リヒトは意識を失う直前で起きた出来事を思い出し、青ざめた。


「すっごい詰みの状況だった。この夢、醒めないと良いな……」


 魔物だらけのコンアーラ帝国に乗り込み、敵の魔王信者の前で、仲間だと思っていたアニスに噛み付かれて、殺されそうになっている。

 現実逃避したくなったリヒトに、レピドは人差し指を突き付けた。


「駄目だよリヒト君。覚めない夢は無い。私は宿主の可哀想な有り様を見て、少しだけ考える時間とアドバイスをあげたいと思っただけだ」

「それはどうも」


 夢はレピドの温情らしい。

 確かに考えを整理する時間が必要だった。

 リヒトは幻の風を吸い込んで、大きく深呼吸する。


「僕はどこを間違ってしまったのかな……」

「君は何も間違っちゃいない。だけど世の中、正しいものが弱くて、間違っているものの方が強いんだ。ただそれだけだよ」


 打てば響くように回答が返ってくる。

 予想外の返事に、リヒトは意表を突かれてレピドを見返した。


「正しいものが弱い……」

「ついでに言うと、君が優しいからかな。彼女達は君の優しさにつけこんで、甘い蜜を吸いたいと思っている。その気持ちは純粋な好意で一点の曇りも無い。善意ほど恐ろしいものは無いんだよ」


 レピドの言う通りかもしれない。

 握りしめた拳を胸の上に持ってきて俯く。愚かにも彼女達を救いたいと考えた。独りにしないでと泣き叫ぶ幼馴染みの少女を、憐れんだ。考えて見れば、自分自身の面倒だけで精一杯なのに。救われたいのは、リヒトも同じだ。

 床に目を落としたリヒトの耳に、鳥のさえずりの声が聞こえてくる。

 チュンチュンと鳴く小鳥の声に混ざって、かすかに歌声が聞こえた。高く柔らかなソプラノの歌声。


「この歌……!」

「聞こえるかい? これは彼女の、シエルウィータの歌だ」


 驚いて顔を上げると、レピドは何故か悲しいような嬉しいような、複雑な表情で、空の彼方を見つめていた。


「あの世界の終わりの日、私は彼女との絆さえも切り離し、異形の魚共を境界の向こうへ追放した。だが記憶を失った彼女はそれでも、私への想いを歌い続けた。歌は世界に響き渡り……今は私の魂の一部となっている」


 風に溶け込むような歌声は、意識してしまえば確かなメロディーとして耳に入ってくる。リヒトは黙って歌声に耳を傾けた。


「……ソラリア」


 一緒に旅している間、彼女はたびたび、気持ち良さそうに鼻歌を歌っていた。幻の歌声に彼女の鼻歌が重なって聴こえる。

 家族を盾に勇者の仕事を強要されていると嘆いても、けっして助けを求めなかった誇り高い彼女。強くなりたいと呟いた横顔を思い出す。

 自分で立とうとしていたソラリアに、リヒトは手を差し伸べなかった。それが彼女のプライドを傷付けると知っていたから。けれど、本当はもどかしかった。

 リヒトは彼女にこそ、自分を頼って欲しかったのだ。

 彼女の名前を聞いたレピドは微笑んで頷く。


「一番大事なものを、間違えなければ良い。それだけで私達は生きていける。そうだろう、リヒト?」





 そうだ、こんなところで立ち止まっている場合じゃない。

 一番大事なものを見失うな。


「……」


 激痛にさいなまれながら、目を開ける。

 背中に固い地面の感触がした。紅茶色の髪の少女が、倒れた自分の上に馬乗りになって、首筋から血をすすっている。


「どいて、アニス!」

「キャッ」


 リヒトは全身の力を振り絞って、自分を押さえつけている少女の身体を引き離し、彼女のみぞおちに容赦なく膝蹴りを入れた。

 急所を突かれて、アニスは咳き込みながら後退する。


「くっ」


 上半身を起こしたリヒトの首筋から、血がポタポタと服に垂れ落ちた。

 もはや瞳の色を抑えている余裕は無い。リヒトの瞳は妖しく輝く蒼に染まっていた。

 顔を上げると、すぐ近くにサザンカがいた。彼女は苦しむリヒトを見下ろして、愉悦の表情を浮かべている。


「悪あがきを、我が君……」


 飛び起きたリヒトは、無我夢中で地面に落ちた剣を拾い上げると、何か言い掛けたサザンカに斬り掛かった。

 本気の一閃。

 殺気がこもった剣を、サザンカは咄嗟に身体を横にずらして避ける。

 しかし魔王の剣の余波が彼女の腕をかする。白い腕がぱっくりと割れ、血がほとばしった。

 肩を押さえてサザンカは絶叫した。


「ああああああっ!!」

「……これ以上はもう、手加減しない」


 荒い息を吐きながらリヒトは宣言する。

 少年の炯々と光る蒼い瞳に見据えられて、サザンカは驚愕しながら血が流れる肩を庇い、後退りした。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます