03 人間に戻りたい

 自分は人間だという魔物は、つっかえながら事情を話し出した。たどたどしい言葉を聞いている内に、リヒト達は真剣な顔になった。


「君は元はコンアーラの民だって?」

「ソウだよ」

「魔王信者が配布している薬を飲んだら、そんな姿になってしまったって……」


 リヒトは剣を鞘に収めた。もう武器は必要ない。

 普通なら作り話だと一笑に付すかもしれないが、リヒトはコンアーラ帝国を訪れた際に、かの国が魔王信者に制圧され、薬がばらまかれる様子を目撃している。

 彼の話はたぶん真実だ。


「君は何で怪しい薬を飲んだんだ? おかしいと思わなかったのか」

「オモッタさ。けど、お金がモラエルときいたから。うちはマズシイから、母ちゃんとイモウトにおいしいモノ食べさせてあげたくて」


 薬を飲んで魔王信者の兵になった者には、多額の報奨金が支払われるという話だったらしい。

 事情を聞き終えたリヒトは、すっかり大人しく聞き分けが良くなった魔物に提案する。


「君、名前は何というの?」

「フェイ」

「フェイ、僕達をコンアーラに連れて行ってよ。そしたらお礼に、僕達は君が元の姿に戻る方法を探すから」

「ホントウ?!」


 フェイという名前の竜に似た魔物は、四枚の翼をバタバタさせて喜んだ。


「ところで、さっき倒れる直前に、羊が食べたいって言ってなかった?」

「オレ、ヒツジ大好物ナンだ!」

「うんうん羊は美味しいよねー……ああ、メリーさん食べられたりしてないかな……」


 羊のメリーさんが心配で仕方ないリヒトは、頭を抱えて苦悩した。

 後ろに立ったスサノオは、話を遮らず黙ったまま眉間のシワを深くしていたのだが、顎をさすりながら呟く。


「人間を魔物にして、聖骸教会の本部に襲撃を掛けてるだと……それをジラフの司教様が知れば、ただじゃすまない。教会の全勢力を持ってコンアーラを潰しに掛かるだろう……」


 教会の旗の元、一騎当千の勇者が集まって戦えば、一国を滅ぼすことも可能だ。しかし、どんなに勇者が強い天魔の力を持っていても、犠牲が出ることは避けられない。

 天魔の能力者同士の戦いに巻き込まれ、関係ない市民が大勢犠牲になるとすれば。

 それは、ただでさえ隔たりのある、一般人と天魔の能力者との間に、大きな亀裂を生むだろう。

 憂いを帯びた眼差しでスサノオは空を見上げる。

 いつの間にか空は曇って、ポツポツと雨が降り始めていた。





 ソラリアは窓ガラスに付いた水滴を眺めた。

 室内では重要な会議の真っ最中だが、彼女は先日出会った少年との会話が気になってぼんやりしている。

 窓際のソラリアの様子に気付いていない、聖骸教会の幹部達は会議を進めていた。円卓に並ぶのは、高位神官と勇者が数人、そして上座には仮面を被った白いローブの男性が座っている。

 誰も正体を知らない、この仮面の男こそが、聖骸教会を統べる司教であった。彼は無言のまま会議の行く末を見守っている。


「……魔物の死骸を調べた結果、研究班は、これが自然発生したものでは無いという結論に至りました。襲撃してきた魔物達の共通点として、体に成長途中で付いたような傷やシワがなく、生まれたばかりのような表皮を持っていることが挙げられます。また、何故ジラフを襲撃してきたのか、目的が定かでは無い事が逆に不審です。突然沸いて出た魔物による、集中的な攻撃……明らかに作為的なものを感じます」


 資料を読み上げた神官が、抑えた声で主張する。

 

「魔物の飛んできた方向を辿ると、コンアーラ帝国がありました。あの国は最近、政変があったという噂ですが、詳細は明らかになっていません。コンアーラには聖骸教会がありませんので」

「他の、バブーンやウィーズルからの侵略の可能性は?」

「ありえません。この大陸に、教会に喧嘩を売る理由を持つ国は無いと思います」


 教会は、困っている国を救うために勇者を派遣する事業を営んでいる。各国と教会の間には約束や取り決めがあり、ジラフは教会の直轄地として認められている。

 各国とジラフの関係は良好であり、ジラフを攻撃することに利益は無い。


「……では、コンアーラ帝国に勇者パーティーを遠征させよ」


 司教は厳粛な声で宣言した。

 円卓の視線が司教に集中する。


「ジラフの防衛は最低限とし、最大戦力でもってコンアーラの闇を晴らすのだ。歌鳥の勇者ソラリア、頼めるかな?」

「……はい」


 窓から視線を外さずにソラリアは返事をする。

 頼むと言いつつ、実際は命令に近い。


「コンアーラの状況によっては、歌鳥の天魔を使うことを許そう」


 ソラリアの天魔には、指定した地域に地震を起こすスキルがあるが、本気になれば国を飲み込む程の大地震を起こすことも可能だった。

 抵抗するなら、そこに住む人々ごと国を滅ぼせ、と司教は命じたのだ。


「……分かりました」


 人間がどれだけ死のうと、魔物がどれだけ死のうと、彼女には関係が無かった。冷えきった心には何の躊躇いもない。

 いや、本当にそうだろうか。



 ――逃げちゃいなよ。苦しいことを全部背負いこむ必要はない。



 不意に耳に心地よい、少年の声が聞こえた気がした。 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます