02 丁寧にお願いしてみよう

 緑色の竜に似た魔物は、森の木々を薙ぎ倒しながら盛大な着地を披露する。リヒトが追い付いた時、魔物は、木の葉を散らしながら身を起こしたところだった。

 魔物は赤い目でリヒトを睨み、グルグルと唸る。

 間近で観察すると魔物の本体はそう大きくない。小舟のような胴体に、体長より大きなコウモリ型の翼が二対。合計四枚の大きな翼があるせいで、全体的には巨大に見える。

 四枚の翼を威嚇するように広げた魔物は、前屈みの前傾姿勢になると、牙を剥いてリヒトに突っ込んできた。


「おっと!」


 リヒトはひらりと空高く跳んで、近くの木の天辺の枝に着地する。


「うきゃああっ」


 一緒に来た幼馴染みの少女は、どんくさいことに魔物を見上げて硬直していた。咄嗟のことで判断が遅れているらしい。

 魔物はアニスに注意を引かれているようだ。少女に向かって突進を始める。その様子を見ながら、リヒトは木の枝を飛び移り、魔物の背中を目指した。


「アニス、囮役よろしくね!」

「ちょっと、リヒト! 覚えてなさいよー!」


 アニスは半泣きになりながら、襲いかかる魔物の頭を両手でがっちり受け止める。


「ぐぬぬ……!」


 魔物は唾を飛ばして噛み付こうとするが、少女の華奢な腕が猛攻を押し止める。

 魔物がアニスに躍起になっている隙に、リヒトは折れた木の枝を掴んでその背中に飛び降りた。


「ていっ」


 木の枝を魔物の首に叩き付ける。

 跳ね返るような感触と共に、木の枝の先端が微塵に砕けた。緑色の鱗に包まれた魔物の身体に、ダメージを与えた痕跡は無い。どうやら鱗は非常に硬いようだ。

 例の魔王の剣があれば切り裂けるだろうが、沢蟹を獲っている最中だったリヒトは、剣を野営地に置いてきていた。


「駄目か」

「グルル……」


 自分の上に乗った人間に気付いた魔物が、胴体をねじってリヒトを落とそうとする。振り落とされないようにバランスを取りながら、リヒトは心開眼ディスクローズアイを使った。


 リヒトは困った時に心開眼ディスクローズアイを使う癖がある。絆の糸が見える視界からは、色々な情報を読み取ることができる。その情報が窮地を救ってくれることがあるからだ。

 今回も無意識に天魔のスキルを発動させて、魔物を取り巻く絆の糸に目を凝らす。

 魔物からは複数本の絆の糸が伸びているが、それらは遠い空の向こうに繋がっている。おそらく糸の伸びる先には魔物の故郷があるのだろう。糸の先が近くに無いことから、魔物が遠方から来たことが窺える。

 糸の色は概ね、青白い。絆の種類によって色が変わったりするが、だいたいは爽やかな蛍光色だ。しかし一本だけ、禍々しい赤色の糸が混ざっている。


「うわ……あれ、切っちゃいたいな」


 リヒトは何だかムズムズした。

 髪の毛を整える時、不揃いな箇所があると気になるように、一本だけ違和感がある絆の糸を切り落としたくて仕方ない。


「……これはあらゆるえにしを断つ絶縁天魔の刃……チョキっとな」


 ちなみに天魔のスキルを使う時は皆、スキルの効果に合った詠唱をするが、詠唱は無しでもスキルは使うことができる。ただし、詠唱無しの場合は望む効果が出ない可能性が高い。スキルの効果の方向性を決めるのが詠唱の役割だからだ。

 自分に合った詠唱の文句は、魂に潜む天魔の欠片が教えてくれる。


 リヒトは適当な詠唱をしながら、二本の指をハサミに見立てて、赤く光る糸に手を伸ばす。

 刃物を使った方が確実に切れるのだが、手元に無いのだから仕方ない。糸が固くて切りにくかったが、アニスが動きを封じてくれている間に何とか切り離す。


「わっ?!」


 糸が切れた途端、魔物は急に力強く暴れた。

 衝撃でリヒトとアニスは撥ね飛ばされる。


「グオオオ!……ヒツジ、タベタイ……」


 魔物は謎の鳴き声を上げて一歩踏み出すと、ガクリと倒れ伏した。

 地面に投げ出されたリヒトはすぐに立ち上がり、倒れて動かない魔物に歩み寄る。


「気のせいかな。羊飼いとしては見過ごせない台詞が聞こえたけど」

「リヒト、羊の事となると途端に過激になるよね」


 アニスも服から土埃を払いながら魔物に近付いて覗き込んだ。

 コンアーラ帝国まで乗せて行けと、言うことを聞かせなければいけない。彼女の天魔のスキルで、魔物を支配できれば……。


「鱗が邪魔で吸血できないよ」

「何だって?!」


 せっかく空飛ぶ魔物を捕まえても、操ることができなければ目的は達成されない。


「おーい、お前ら、何してんだ!」


 その時、野営地で焚き火の番をしていたスサノオが、騒ぎに気付いたのかやって来た。彼は倒れた魔物とリヒト達を交互に見て、呆れた顔をする。

 スサノオは鞘に入った剣をリヒトに向かって投げた。トラブルで戻れないことも想定していたのだろう、荷物の一部を持って来てくれたらしい。


「せっかく剣を持ってきてやったのに、もう意味なさそうだな」

「いや……」


 リヒトは魔剣を受けとると、魔物を横目で見た。


「この魔物に、コンアーラ帝国へ連れて行って欲しいと丁寧にお願いしてみよう。頼み込んで無理だったら、解体して夕食に……」

「剣を抜きながら言うなよ! 頼みっていうか、脅しだろうそれは!」


 蒼い鉱石で出来た刃が、鞘から顔を覗かせる。

 剣をさげて魔物の傍に立つリヒト。

 地面に腹這いになっていた魔物が突然、震えだした。


「……オネガイー、コロさないでー、オレはニンゲンだよー」


 発音がおかしいが、台詞の後半は何とか聞き取れる。

 リヒト達は顔を見合わせた。


「気のせいか……? 魔物が人の言葉を喋ったような」

「アニスも聞いた!」

「言葉を話す魔物も世の中にはいるよ。けど、自分が人間だと言う魔物には、初めて会ったな」


 抜き身の剣を持ったままリヒトは屈んで、目を開けた魔物の頭の横に片膝を付いた。


「よし。自分が人間だという理由を、200文字以内で簡潔に説明してください」

「短けえよっ!」


 スサノオが思わず突っ込みを入れ、魔物は恐怖にガタガタ震えた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます