02 羊さんマスターを目指して

 どうやらリヒト達はコンアーラ帝国に漂着したらしい。

 しかし、今まさに虐げられていた天魔の能力者が反旗を翻し、革命を成功させ、コンアーラ帝国は天魔の国になったという。

 演説していた全身黒い鎧に身を包んだ男は、広場をぐるりと見渡してリヒト達に気付いた。


「む、お前達は」

「あなたはまさか魔王信……わっ」


 何か言いかけたソラリアの腕をリヒトは強く引っ張った。

 そのまま手を繋ぐと、ソラリアは目を丸くする。

 ガシャガシャと鎧を鳴らしながら大股で歩み寄って来る男に、リヒトは愛想笑いを浮かべた。


「なんだ? 見たところ街の者ではないようだが」


 コンアーラ帝国では裾の長い刺繍がされた衣服が一般的なようであるが、リヒト達の格好は明らかにその中で浮いていた。

 異国の者だと見ただけで分かるだろう。


「僕は姉さんと一緒に旅をしています」

「ほう。どこから来た? その格好は近辺では見かけないが」

「カーム大陸から海を渡って……姉さんが天魔を持っていたから、故郷にいられなくなったんです」


 嘘と本当をおり混ぜたリヒトの説明は、男に矛盾なく受け入れられたらしい。

 黒くてゴツい兜を被っているせいで表情が見えないが、男の視線が柔らかくなった。


「そうか、はるばる旅してきたのか、同胞よ。今、このコンアーラ帝国は天魔のものとなった!」

「本当ですか?! じゃあ姉さんはここでは苛められないんだね!」


 リヒトは調子を合わせる。

 勝手に姉にされたソラリアが困った顔をしているが、何も言わない。彼女も様子見しようと思っているようだ。


「そうだ。今日は記念すべき日となるだろう。俺と一緒に来い。住む場所や先立つものを用意してやろう」

「ありがとうございます!」


 小型化した羊を服の中に入れて隠しながら、リヒトは感謝を述べた。

 そっとソラリアの手を離そうとすると、逆に握り返される。男が離れた隙を見て彼女は「お姉さん……ふふ、素敵な響きです」と上機嫌で囁いた。





 黒い鎧の男はアルウェンと名乗った。

 アルウェンは、リヒトとソラリアを街の中で最も大きな建物に案内する。そこは革命を起こした者達が占領した春天楼という建物で、元の住人は逃げ出してしまったらしい。何でも好きに使えと彼は言った。

 夕食までの間、リヒトとソラリアは、建物内を散策して使えそうな服や金銭を探した。気分は火事場泥棒だ。


 日が落ちた頃に、リヒト達はアルウェンと合流した。

 食事の前にアルウェンはずっと被ったままだった兜を取る。

 兜の下から現れた顔にリヒトは驚いた。

 声も低いし体格が良いから、男だとばかり思っていた。しかし、兜の下から現れたのは気の強そうな女性の顔であった。彼女は豊かな黒髪を三つ編みにしていた。兜を脱ぐと同時に、尻尾のような髪が背中で跳ねる。


「俺の顔に何か付いているか?」

「いえ、何でもないです!」


 凝視してしまったリヒトは慌てて首を振る。

 一人称が「俺」か。きっと性別に突っ込んではいけないのだろう。


「それより、お腹がすきました。夕飯は何でしょう?」


 夕食は焼き肉だった。

 分厚い肉と少ない野菜を鉄鍋で炒めた料理が、テーブルの中央にどんと置かれる。肉一切れがブロックのような塊で、一口で頬張るのは難しそうだ。料理の上にはスパイスらしい草の種が振りかけられている。

 各自の前には麺の入ったスープも置かれた。焼き肉はおかず扱いのようだ。それにしても量が多い。

 湯気を立てている肉をつついて、リヒトはアルウェンに尋ねる。


「これは何の肉ですか?」

「羊の肉だ」


 リヒトの服の下で、羊のメリーさんが悲鳴を上げた気配がした。


「コンアーラでは羊肉を良く食べるのだ。肉の臭みを抑えるために、林檎を使用したタレに浸けこんで、炭火でじっくり焼く。野菜は肉汁を付けて食べるんだ。美味いぞ!」


 服の下でメリーさんがガタガタ震える。

 小型化していて良かったかもしれない。


「この二本の棒は食器ですか?」


 ソラリアが質問したので、リヒトは箸を持ち上げかけて途中で止めた。アントイータもそうだが、リヒト達の住む地方ではスプーンやフォークが一般的だ。

 実は両親がコンアーラの西にある国の生まれなので、リヒトは箸の使い方を知っていた。

 しかし、今はソラリアの弟でカーム大陸出身という設定だ。箸を使えるのはおかしい。


「これで麺をつまむ? 罰ゲームか何かですか? それとも私への挑戦……」

「お、落ち着いて姉さん!」

「カーム大陸では箸を使わないか。レンゲなら使えるか?」


 アルウェンは、今にも爆発しそうなソラリアに、白い陶器でできたスプーンを渡した。

 ソラリアは見慣れない形のスプーンを真剣な顔で睨んでいる。

 悩んでいる彼女をおいて、アルウェンとリヒトは会話を弾ませた。


「これから俺達はコンアーラ帝国を変えていく。貧しい者も天魔を持つ者も、誰でも等しく羊肉を腹一杯食べられる豊かな国にするのだ」

「羊肉は美味しいですからね。僕、いつか羊さんを沢山飼いたいと思ってるんです」

「素敵な夢だ。羊が好きな君なら、西の遊牧民と気が合うかもしれないな」


 コンアーラの西の草原に、羊を遊牧しながら移動を続ける民族が住んでいるらしい。リヒトは目を輝かせた。


「僕、その遊牧民に会ってみたいです!」

「君にその気があるなら親善大使を任せようか。新生コンアーラ帝国について遊牧民に伝えて、今までより羊肉を多く売ってくれと交渉する役目だ」

「わお!」


 西の方には両親が生まれた国もある。

 リヒトは本気で親善大使になって遊牧民に会いに行きたいと、アルウェンに頼み込んだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます