10 絶対の守護

 二階の窓から外へ飛び降りようとするソラリアとアニスを、リヒトは腕を引いて止めた。一刻も早く現場に向かいたいのは分かるのだが、物事には順番というものがある。


「階段を降りようね」

「緊急事態なので多少の無茶も許されるかと!」

「ここから飛び降りたら気持ち良いのにー!」

「却下」


 ぶつくさ文句を言う二人を宥めながら、階段を降りる。

 途中で宿屋の娘のモモに声を掛けた。


「モモさん、街の人に避難を呼び掛けてくれる?」

「……」

「モモさん?」


 呆然としていた彼女は、はっと我に返ってリヒトの肩を掴んだ。


「スサノオを、あいつを止めて!」

「……どうして? 天魔の力を持ってたら危険なんでしょ。危険なスサノオさんは、クラーケンに踏み潰されても問題ないんじゃない?」

「それは……」


 リヒトはわざと頼まれたことは無視して、逆にモモに問い返す。

 意地悪い返答にモモは口ごもった。


「……っ、分からない! おじいちゃんは天魔が危険だと言ってたけど、何が本当か私には分からないの。けど、あいつには死んで欲しくない!」


 うつむいたモモの頬に涙が伝う。

 あの時、スサノオを拒絶してから、彼女も悩んでいたのだろう。邪魔者扱いして追い払ったりしていても、モモとスサノオは仲が良さそうに見えた。きっと、スサノオが守りたいのは街ではなく彼女だ。

 リヒトは床に落ちていた空のコップを拾い上げて、モモに差し出した。


「泣かないで。僕らと一緒にスサノオさんも戻ってくるから、戻ってきたら、二人で話し合いなよ。天魔を持っていても持っていなくても、大事な幼馴染みなんだろう?」

「……うん」


 しゃくり上げながらモモはコップを受けとる。

 宿屋の出入り口でアニスが「リヒト、早くー!」と手を振った。リヒトは早足でアニスの元に向かう。

 通りに出ると、異変に気付いた人々が騒然としていた。

 ソラリアが銀色の聖剣を頭上高くに掲げた。

 松明の光を反射して剣が輝く。


「皆さん! もうすぐここにはクラーケンの群れが襲ってきます。早く街を出て山に向かって下さい。私は歌鳥の勇者ソラリア! 魔物は私が引き受けます!」


 淡い金髪を翻して宣言したソラリアは、不思議な威厳を身にまとっている。人々は一瞬、静まりかえった。


「さあ、落ち着いて、逃げ遅れる人がいないように避難してください!」

「あ、ああ……分かった」


 気圧された街の人が頷く。

 町長らしき人が先頭に立って、避難の指揮を始めた。

 彼らに後を任せて、リヒト達は昼間タコ焼き合戦をしていた浜辺へ走った。

 暗い砂浜には、赤い目をぎらつかせたクラーケンが次々と上陸しているところだった。そして、赤毛の勇者スサノオが一人、徒手空拳でクラーケンと戦っている。


「っ、お前ら、なんできた?!」


 彼は複数のクラーケンに囲まれつつあった。

 聖剣を手に切り込んだソラリアが、囲みを崩す。

 群れに囲まれて各個撃破されないように、リヒト達は固まって背中を預けあった。


「スサノオ、あなたにばかり良い格好をさせません!」

「きゃー、ヌルヌルして切りにくいー!」


 聖剣を振ってクラーケンの触手を切り飛ばしながら、ソラリアが答える。

 場違いにも聞こえる高い声はアニスだ。剣術も修めていない彼女は適当に剣を振り回しているだけだが、それでも敵の数が多いので役に立っている。

 しばらくスサノオを加えた5人で、無駄口を叩かずにクラーケンを押し退ける作業に集中する。何匹かは地面をズルズル這って街へ向かったが、それを構っている余裕は無かった。


 足元の海水の水位が、段々上がってきている。

 このまま上がり続ければ街に海水が流れ込むのではないだろうか。どこまで水位が上がるか不明だが、今は地上で動きが鈍いクラーケンも、街が水に浸かれば動きやすくなるだろう。

 街の人の避難が間に合えば良いのだが。

 リヒトは冷静に頭の片隅で戦況を把握しながら、ナイフで触手を切り飛ばす。砂が靴に入って重くなるので、靴は脱ぎ捨てた。砂浜で戦うことなんて無いと思っていたのに。


「俺は何故こんなことをしているんだろう……」

「と言いつつ、カルマが一番活躍してるよね」


 天魔のスキルで、一瞬で敵に死を与えられるカルマが地味に活躍している。彼が指差した先に光線が射して、クラーケンがドサッと倒れた。

 強力な攻撃だが連射は難しいらしく、溜めに入っている間カルマは無防備だった。リヒトは彼の前に立って、クラーケンの触手を払いのけることに専心する。


「もう、いつまで戦えばいいのー?!」


 疲れてきたらしく、アニスが泣き言を言った。

 最初は勢いが良かったスサノオとソラリアの動きも、鈍りつつある。

 息つく間もない連戦が体力を削っているのだ。


「くっ、俺ひとりなら、ここら一帯に死を撒いて終わらせるんだが」


 カルマが荒い息を吐きながら呟く。


「私だって街を沈めていいなら……」

「やめろっ、頼むからお前は天魔を使うな!」


 一人言を聞き付けたソラリアが自分も天魔を使いたいと言うが、ものすごい勢いでスサノオに却下される。

 ちなみに彼女の親しい友である鳥達は、夜は活動できないので今回は出番が無い。


「それだ!」


 会話に聞き耳を立てていたリヒトは、振り返ってカルマを見た。


「その死を撒くって奴をやって、カルマ!」

「い、いや。それをやると俺以外の付近の人間が死んでしまってだな……」


 躊躇するカルマ。

 どうやら無差別に範囲内の生命を断つスキルらしい。

 だが、リヒトには勝算がある。


「物理じゃなくて、特殊だよね? なら、僕の天魔で防げる」

「リヒト?」


 出し惜しみしている場合ではない。

 リヒトは普段は隠蔽のために使っている絶対絶縁アイソレーションを、本来のやり方で改めて使用するつもりだった。もともと、このスキルは絶縁の剣と対になるものなのだ。


「大丈夫だから、カルマ!」

「くそっ、お前を信じるからな、リヒト。死ぬなよ!」


 白髪の青年は暗い空に手をかざす。

 その掌から光が溢れた。

 光は明るさを増していき、やがてカルマの手から離れて光球となり、戦場の空に昇っていく。


「命を刈り取る、月光の雨よ。降りそそげ、全てが静寂に沈むまで……!」


 月に見立てた光球から、光の雨が降り出す。

 その直前にリヒトは空を見上げて、ナイフの先で空中に円を描いた。


「これは世界さえも拒絶する、絶対の守護まもり……」


 リヒトを中心に青白い光の輪が広がる。

 光の輪は固まって戦っていたリヒト達を取り囲んだ。同時に降ってくる光の雨は、リヒトの発動した守護に触れると消え失せる。あらゆる魔法的、精神的な干渉をはね除ける絶縁の盾は、その効力を十分に発揮していた。

 普段は常時発動させている絶対絶縁アイソレーションを、スキルとして表に出して使うと、隠蔽の効果は失われる。今のリヒトを鑑識のスキルで見れば、天魔を持っていることが分かるだろう。

 だが今は正体を隠す必要は無い。


「これは……こんな強力な天魔を使える奴が、歌鳥ソラリア以外にいるなんて」


 光の輪の外側で次々とクラーケンが息絶える。

 手を休めてその様子を見ながら、スサノオが感嘆の声を上げた。


「歌鳥の勇者?」

「……なんでもありません」


 ソラリアは何かを心配するような表情で、天魔のスキルを使うリヒトを見つめている。リヒトは絶縁の盾の維持に集中しているため、彼女の視線には気付いていない。

 やがて光の雨が止み、周囲のクラーケンは一掃された。

 範囲外だった一部のクラーケンが海を泳いでいるが、その数は僅かだ。


「やった……!」


 天魔を解除すると、リヒトは大きく息を吐く。


「……リヒト!」

「うわっ!」


 大技を使った直後で敵の姿もなく、リヒトは油断していた。

 ソラリアの警告は間に合わず、少年の足に海から伸びた触手が巻き付く。バランスを崩したリヒトは、そのまま海に引きずりこまれた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます