夢であってくれと願いたい

◇◇


 カイサと二人きりになり、周囲から人の気配が消えると、意外にも彼女の方から切り出してきた。

 

「クリスティナの父親……つまり、わしの息子の行方の手掛かりはつかめたのかい?」


 いつになく重い口調に、彼女が自分の息子のことをどれだけ心配しているのかが、よく伝わってくる。

 俺は静かに首を横に振った。

 その様子を見たカイサは、はぁと大きなため息をつくと、ゆっくりと続けた。

 

「……息子フレイが姿を消してから、もうかれこれ五年もたつ」

「どうしてこんな良い村を出ていっちまったんだい?」

「あれの嫁が重い病にかかってしまってのう」

「クリスティナの母親ってことか?」

「うむ……まだ心臓は動いているのだがのう。いかんせん何をしても目を覚まさんのじゃ」


 いきなり聞かされた重い話に言葉を失ってしまった。

 もちろんクリスティナの口からそんな事実が出たことはないし、明るい村人たちの様子からしても気付かなかった。

 思わず視線を落とした俺に対して、彼女は続けた。

 

「この村には昔から一つの言い伝えがあってのう。『なんでも病を治す水が湧く泉がこの島にはある』とな」

「つまりその泉を探しに、クリスティナの親父は村を出ていった……と」


 彼女は言葉で答える代わりに、コクリとうなずいた。

 

「はぁ……そんな大事なこと……もっと早く言ってくれよな」

「どういうことじゃ?」


 彼女の問いに顔を上げると、自分の胸を叩いた。

 

「まがいなりにも俺は冒険者なんだ。困ってる人を助けるために探検するってのが、『規則』ってもんさ」


 俺がニヤリと口角を上げると、カーサは目を丸くした。

 

「見ず知らずのお主に迷惑などかけられん」

「見ず知らずの俺に、こんなにも良くしてくれてるじゃねえか。今さら水くせえことをおっしゃってくれるな。それによぉ」

「それに?」


 そこで言葉を切ったあと、ぐっと腹に力を込めて言った。

 

「なによりクリスティナが喜ぶ姿が見てえのさ」


 その答えに、ようやくカーサの表情も和らいだ。

 そして次に『成功報酬』について、交渉をもちかけたのだった。

 

「もしその泉と親父さんを見つけたら、クリスティナは『とびきりの笑顔』を見せてくれるかね?」

「ああ、そりゃあ大喜びして、満開の花のような笑顔になるじゃろうて」

「そうか。なら『成功報酬』は、クリスティナのとびきり笑顔だ。それでいいか?」


 笑顔で右手をカーサに差し出すと、彼女は小さな両手で俺の人差し指を握った。

 気付けば彼女の両目からは、大粒の涙が流れ落ちている。

 

「これで契約完了だ。あんまり泣いてくれるな。俺は女の涙に慣れてねえんだよ」

「かかか……こんなわしでも『女』と言ってくれるのかい」

「当たりめえだろ。いくら年取っても、男は男だし女は女だ」


 そう告げると、腰にかけていた手拭を彼女の手元に、ふわりとかけたのだった。

 

◇◇


 少し早い夕食を済ませた後、先日寝泊まりした『わら』のベッドに横になった。

 外はまだ明るいが、これまでの旅の疲れがどっと出たのか、すぐに強い眠気に襲われた。

 熟睡する寸前の不思議な浮遊感に包まれる中、まぶたを閉じて真っ暗な景色の中に現れたのは、ギルドの受付嬢カタリーナだった。


――二つ以上のクエストを同時に受注したら『規則違反』ですよ。


 すごくリアリティのある夢だが、現実だとしても今の俺の状態を知ったら、絶対に彼女はそう言ってきたはずだ。

 

 もっとも今さらどんなペナルティを食っても、これ以上落ちるランクもねえんだ。


――堪忍してくれや。男にはどうしても引けない時ってのがあるもんなんだよ。


 そんな風に、心の中に現れた無表情のカタリーナに頭を下げた。

 すると彼女に代わって現れたのは、クリスティナだった。

 

 彼女は何も言わずに、ただ俺に微笑みかけている。

 彼女を『幻影』と知りながらも頭を下げた。

 

――すまねえな。勝手に秘密を知っちまって。


 すると彼女は微笑んだまま首を横に振った。

 その姿に、ほっと胸をなでおろすと、さらに深い眠りへと誘われていく。

 

 これでさらに島の探索に力が入りそうだ。

 今日はゆっくりと休んで、また明日一番にここを出よう。

 そう気合いを入れ直して、このまま意識を飛ばしてしまおうと考えたその時だった……。

 

 ふっと、目の前に現れたのは、知らない若い女性……。

 真紅の鎧に、同じ色のマント。背中には大型のドラゴンですら叩きつぶせそうな大剣。

 

 確かに知らない女性だが、彼女の名前だけは知っている。

 『真紅の戦乙女』リーサ・ルーベンソン。

 実際には会ったことも、見かけたことすらもない彼女が、どうして俺みたいな『落ちこぼれ』の前に姿を現したのだろうか……。

 

――まあ、夢の中だしな。そんなこともあるだろうよ。


 ひどく冷めた答えを出した俺だったが、目の前のリーサは険しい表情で俺に向かって叫んだ。

 

 

――逃げて! そして、今すぐに助けを呼んで!!



 と――

 

 

――ガバッ!!


 自分でも驚くほどに素早い動作で跳ね起きると、疾風のように走り始めていた。

 通り過ぎるカイサや村人たちが目を丸くして声をかけてきたが、彼らに返事もせずにとにかく前へと駆けていく。

 

「待って! なにがあったの!?」


 と、背中からクリスティナが叫ぶ声が耳に届いてきたが、彼女はおろかポチにさえ気を配っている余裕がなかったのである。

 

 ここまで俺を動かす原動力になったのは『勘』だった。

 『逃げ足』だけは速い俺だからこそ働く『勘』。

 それは誰よりも早く、危険を察知する能力だ。

 

 なにかとてつもない『脅威』が迫っている――

 

 そんな恐怖にかられた俺は、森の中ではなく、もっと見晴らしのいい場所で、自分の『勘』が正しいものなのか確かめたかった。

 

 そしてようやく森を出た。

 その瞬間、目に入ってきた光景に思わずつぶやいてしまった。

 

「まだ夢の中ってなら、もうそろそろ覚めてくれてもいいんだぜ……」


 それは灰色の雲の間から、一筋の光がペルガメント山にさしこんでいる光景だ。

 だがそれだけなら、こんなに額に脂汗が浮かぶはずもない。

 その光に包まれていたのは……。

 

 漆黒の龍……。

 

 今まで見たこともないほどに巨大な龍が、羽をたたんだまま山頂へとゆっくり下降していたのだった――

 

「なにあれ? ねえ、フィト! あれはなんなのよ!?」


 気付くと隣にクリスティナの姿がある。

 彼女もまた目にした光景がにわかに信じられないようだ。

 

 俺はかすかに残された理性を働かせて、タブレットを龍へと向けた。

 

――カシャッ!


 と、その姿を写真に収めると、画面の『受話器』ボタンを押していたのだった――

 

 


 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます