落ちこぼれフィトは、英雄を夢見て絶望に挑む

作者 友理 潤

小説の累計PV数

3,214 PV

エピソードごとの累計PV数

苦い人生に苦いジュースはお似合いだった 6 185 PV
先代のあの子の名前はもう忘れてしまった 5 125 PV
最後まで彼女の頭の中は『規則』でいっぱいだった 5 129 PV
冒険者たる者、油断は禁物だった 5 121 PV
そういう大事なことはしっかり説明して欲しかった 4 113 PV
飲み会は苦手なんだが、そんなことを口にはできなかった 4 95 PV
パーティーっていいもんだな 4 86 PV
戦うより逃げる方が得意なんだ 4 82 PV
受付嬢と真紅の戦乙女 4 89 PV
勘が鋭いといろいろと困るな 3 100 PV
夢であってくれと願いたい 4 86 PV
名前の知らないモンスターってのは、たいていヤバイやつだ 4 94 PV
どんな世界でもこんな奴が一人くらいはいるもんだ 4 88 PV
どんなに絶望的な状況でも、ひとつくらい『希望』が残されてるってもんだ 4 79 PV
「よく聞いてください」という出だし 5 79 PV
Fランクのおっさん冒険者は、こっそり地図を作る旅に出ようとした 4 80 PV
恐怖との付き合い方 4 77 PV
覚悟ってのは、諦めることとは違えんだ。むしろ希望を見出すために、一か八かの大勝負に出ることなんだよ 4 73 PV
確かに逃げてばかりの人生だったが……。それでも、くぐってきた修羅場の数がてめえとは違うんだよ 4 154 PV
さっきの言葉の続きは、全部片付いたらにしようや。 3 72 PV
地図が……地図が……地図が更新されましたぁぁぁぁ 3 75 PV
なんで俺を『鈍感』にしたがるかね!? 4 78 PV
フリッツの信念 4 70 PV
フィトさんが妹にとって『英雄』だからです 3 75 PV
予想外の展開 4 71 PV
男ってやつはよぉ。『英雄』を夢見ちまうもんなだよ。 4 61 PV
英雄を夢見て絶望に挑む 4 66 PV
俺はかっこわるくたっていい。もっと言えば、死んだっていいんだ。とにかく彼女を…… 3 64 PV
奇跡ってのは、希望を胸に秘めながら必死こいて走り続けた者に訪れるものなのかもしれねえな 4 62 PV
俺は単に後悔しながら生きていくのが嫌なだけなんだ 4 54 PV
奇跡を運ぶ風 4 56 PV
蹂躙 3 70 PV
ああ……死にたくねえな…… 3 72 PV
無謀と勇敢の違いくれえルーキーのうちからしっかり学んどけってんだ 4 74 PV
決戦開始 4 56 PV
ずいぶんと脇が甘めえな。リーパー・リントヴルムさんよぉ 4 62 PV
決着とその先…… 3 61 PV
エピローグ 7 80 PV