クロノステッチ・オーケストリオン

作者 偽教授

時間と共に正気もすり減る本格クトゥルフ神話

  • ★★★ Excellent!!!

 古いオーケストリオン(自動演奏装置)を手に入れた男が、奇妙な因縁により神々との邂逅を果たし、救いのない深みへとハマっていく物語です。
 この物語の巧みな部分は、読んでいる側に常に「何故、何故」と思わせる心理誘導の技術です。静かな語り口であるにもかかわらず読んでいると次はまだかといつの間にか熱狂してしまう。これが良い。気づいたときにはもう遅いのですが、してやられたぞと心地よい。
 軽快さと繊細さを併せ持ち、恐怖と狂気の世界に読者を呼び込む素敵な神話作品です。ぜひ読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

海野しぃるさんの他のおすすめレビュー 673