対極心識~笑えない封殺者と、神殺しの少年~

作者 夕凪皐

すべてのエピソードへの応援コメント

  • /004 正常と異常へのコメント

    まだ読み始めたばかりなのですが厨二マックス(生意気でごめんなさい)でどこかTYPEMOONの作品を彷彿とさせる感じが好きなので、これから読み進めていこうと思います。

    作者からの返信

    憂夜さん、応援コメントありがとうございます。
    厨二マックス、TYPE-MOONの作品を彷彿とさせるという評は、最高の褒め言葉です。奈須きのこさんの描く世界観は、自分の人生に大きな衝撃を与えたので、リスペクトしている所存です。
    よければ、これからも読み進めてやってください!

    2018年7月14日 08:45

  • すべてのエピソード 2
  • /000 起源の胎動
  • /001 千堂鏡夜の生きる夜
  • /002 既知の諦念
  • /003 始まりの朝
  • /004 正常と異常 1
  • /005 孤独が出会った、確かなきっかけ 1
  • /006 邂逅は必然となりて
  • /007 遠近湊の思い
  • /008 関わりを持つということ
  • /009 平凡な日常
  • /010 土曜日
  • /011 再認識
  • /012 終わる刻
  • /013 雪の中の幻想
  • /014 過去想像1
  • /015 過去想像2
  • /016 襲いかかる未知
  • /017 誘惑者
  • /018 現れる絶対者
  • /019 収束する因子
  • /020 絶対者の言葉
  • /021 意味を分かつ再会
  • /022 交差意見
  • /023 星礼会
  • /024 在り方の矛盾
  • /025 過去想像3
  • /026 目的地へ
  • /027 再会まで
  • /028 幻は五分間のなかで
  • /029 思惑の裏にある人物像
  • /030 戦闘開始
  • /031 封殺者の戦い
  • /032 工藤千雨
  • /033 理論B
  • /034 賽は投げられた
  • /035 裁我の頭脳
  • /036 本質詠み
  • /037 矛盾と可能性