雨音の涙

作者 井門ようか

26

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

しんみりするような、でも暖かな雰囲気が素敵です。
それこそ、しとしとと雨の降る日に読むのがピッタリ。
私には書けない種類の物語だと思いました。
主人公が結婚間近の娘ではなく母親というのも珍しい視点で面白いですね。
短い話なのですが、母親のこれまでの時間の積み重ねをしっかり感じられた点も良かったです。

★★★ Excellent!!!

一人で頑張って育ててきた娘の嫁入りが間近になると同時に寂しさを強く感じるようになる日々、
喜びと寂しさの混じる複雑な心境の中、母親の純粋な気持ちがよく表れている素敵な作品でした。

子供が巣立った直後の喪失感を思い出したり、これから巣立つ予定の子供がいる親には泣けちゃう内容だね~。

★★★ Excellent!!!

文章にひとかけらもひねたところのない、感動物語。

この物語の主人公は、働いているお母さんなのですよね?
結婚していく娘さんではない。
まるで、自分の母の心の変遷を追って行くようで、自分がちょっと大人になれたような気持ちになりました。
読ませていただき、ありがとうございます!