それは、欲望という名の海

作者 筑前筑後

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作品中の斯摩藩は架空の存在で、江戸時代の福岡藩。維新後の福岡県志摩郡がモデルだと思います。Wikipediaで調べたら、博多湾の西側。一読者の勘違いかもしれないが、登場する活劇の舞台とも整合する。
だから、北部九州の出身者には堪らなく面白い作品だと思います。

それ以外の地域出身者でも十分に楽しめます。
時代小説だから、基本は勧善懲悪の路線。でも、100%の悪人なんていないわけで、真っ黒から中庸の灰色まで、濃淡のバラエティが素晴らしい。
"バラエティ"と書きましたが、登場人物の数の多さも魅力的。銀河英雄伝説並みです。(ちょっと言い過ぎ)
主人公側でも真っ白なキャラは、主人公と、描写の少ない脇役くらいです。
"脇役"もまたピンキリなんです。渋い奴、哀愁を漂わせた奴、粋がった奴、寡黙な奴、腹黒い奴、等々。
初老の読者としては、中年以降の登場人物が、得てして、人生の過去を悔やんだり、儚んだりするキャラに設定されているのが、非常に嬉しい。
きっと作者は中年に違いない。これこそリアリティーですよ。

最後に、作者は続編に取り掛かったそうです。私は完結作品しか読まないけれど、いつになるか不明ながら、今から続編を楽しみにしてます。そう感じさせる作品なんです。

★★★ Excellent!!!

「ハードボイルド時代劇」
この物語を一言で表すなら、この言葉しかないだろう。

九州は玄界灘から江戸へ流れた、萩尾大楽。
閻羅遮と呼ばれるその男は、谷中で用心棒として町民に慕われていた。
荒事を片付けながらも穏やかに暮らす大楽の元に、捨てたはずの故郷、弟。そして、かつての恋人、縫子を脅かす敵が現れる。
欲望渦巻く、斯摩藩の御家騒動に巻き込まれていく大楽は、故郷を、弟を、縫子を守る事が出来るのか。

確かな筆力で描かれる、名刀「月山堯顕」の煌めきと、大楽の熱い想い。
時代小説を読んだ事のない方も、ぜひ目にしてほしい。
漢の熱い血潮が、激しく心を揺さぶるだろう。