三周目プレイレポート

美食と貪食の魔人ガルティア

 えー三周目をプレイしてるわけです。仕事? 作業用ファイルだけは作ったよ。

 バボラが生きているとツェール姉妹(メリムとルーベラン)の死亡が確定のようなので、まずバボラをまた撃破。二回目だとスムーズです。

 なぜスムーズかというとシナリオをスキップできるからです。魔人一体あたりの攻略に一日時間を取られるといっても、ゲームとして時間がかかってるわけじゃなくて、メインシナリオを読むのに時間がかかるというのがほとんどのウェイトを占めてますからね。シナリオ部分をスキップしてしまうと早い早い。まあ、ゲーム部分に魅力がないわけではないのだが、攻略法とかもう分かりはじめているし。

 で、ガルティアだ。ケイブリス軍ではもっとも話の通じる男、初出の鬼畜王ランスではやり方次第では仲間にすることもできた。というか、仲間にする人が多かったと思う。力技で倒す場合でも、魔人の中ではまあ下の上くらいの実力しかない。むしろ味方として運用する場合の方が(コスト面で)大変。そういう御仁である。

 本編初登場のガルティア、キャラの方向性は少しも変わっていないが、多少は頭がよくなっていた。鬼畜王のときはバボラの次くらいに馬鹿だったからね。

 とりあえず、倒したというか、殺した。通ってないルートの存在を現時点でも二つ確認しているから、展開しだいでは仲間になるのかもしかして? と思わないでもないが、無いかもしれない。現状わからん。ちなみにネタバレ攻略サイトはまだ見に行かん。

 シナリオ面でちょっと残念だったのは、彼に「数千年前の伝説のムシ使い」という設定が与えられたにも関わらず、カロリアとの接点が期待したほどにはなかったこと。(いちおう戦闘参加時特殊会話と、カロリアが牽引役になるワンシーンくらいはあるのだが)

 ガルティアは魔王スラル(彼を魔人にした魔王。少女の姿をした、歴代で最弱の魔王だったらしい)といい仲だったらしいということも分かる。多分これは伏線とかじゃなくほんの小ネタなのではないかという気はするが。

 ところでここまで書かなかったが、鬼畜王ランスに初出で出ていて9までに登場しなかったキャラ、そうとう細かいところまで含めて今回救済されているんだけど、メガラスが死んでるんだよね。いわゆるナレ死。

 何人もランスのところに魔人がいると(サテラはいるし健太郎は仲間になるが)そいつら手分けして各地の魔人と戦わせようぜ、やれないのかよ、って話にどうしてもならざるを得ないから、まあガルティア仲間ルートが無い可能性とかも含めて、やむを得ないのかもしれんが。

 さて、24時締め切りの原稿があるのでいい加減しごとをするよ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます