詩集・言葉の玉を鳴らしたい

作者 オキノ ラク

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 綺麗な言葉を摘んで描くのが小説であるならば、己の美醜もろとも文に吐露することが詩だと言われています。

 漢字が持つ強くも時折攻撃的な密度を持ち合わせる字体と、ひらがなが持つ柔らかく淡い字体。それらの両方を操る姿はさながら奇術師の如くですが、作者様が文に内包する繊細さは詩を書く者としての理想だと思います。

 どこか壊れてしまいそうな細やかさが、紙上にて踊ります。その世界観を吟味するという読む楽しみは勿論、数多く散りばめられた漢字とひらがなたちの燦爛を見る楽しみも含まれています。言葉の一つ一つが生きて作者の心音を成していて――とにかく、軽やかでうつくしいです。

 詩という感情に揺さぶられてみたい方、言葉に美感を抱く方は是非ご堪能下さい。