18 ロジェロvsリナルド・前編

 無我夢中でマンドリカルドと格闘していたブラダマンテは、レテ川へと転落してしまった。


(しまった……! この川って……月でも見た、死と忘却の川……!

 以前、ほんの少し川の水を浴びただけでも意識を失うぐらいだったのに……飛び込んじゃう……なんてッ……!)


 以前の恐ろしい記憶を思い出し、青くなる司藤しどうアイであったが。


《そこは心配いらん》内なるブラダマンテの声が響いた。

《今のお前は、わたしの暗示の効果もあり、司藤しどうアイとしての自我が強い。

 以前わたしの存在に取り込まれかけていた時とは状況が違う》


(言われてみれば、確かに……全身にレテの水を浴びているのに、意識もハッキリしてる……!)


《問題は別にある。この川、大して深くもなく流れも緩やかだが……

 それでも鎧兜を着たまま川に落ちるというのは、普通に溺死の危険があるぞ》


 ブラダマンテの指摘は、きわめて現実的なものだった。


(ええっ……!? じゃ、じゃあどうすれば……!)


《まず落ち着け。息はしばらく保つ。

 わたしだって溺れ死ぬのは嫌だからな。わたしの言う通りに体勢を整えるんだ》


 ブラダマンテがアイに教えたのは、体幹を川面に垂直とし、膝を限界まで曲げてから大きく水を漕ぐ泳法である。


(……何コレすごい。鎧着たままなのに身体、ちょっとずつ浮き始めた……)


《頭だけ水面に出ればいい。身体が沈んでいた方が浮力を得やすいはずだ。

 そして手の動かし方だが、両手を同時に腰のところまで引いてだな――》


 やがてブラダマンテの身体は、無事に浅瀬まで辿り着いた。

 戦闘による疲労も相まって、水を吸った服や鎧がひどく重たいが、それでも溺死は免れた。


「けほっ……けほっ……」

《よくやった。何とか岸まで辿り着けたな》

「……凄いわね。西洋の騎士って、鎧着たまま泳ぐ方法とか……知ってたんだ」

《いいや? この泳法は以前、『わたし』となった魂の一人が習得していた、日本古来のものだそうだ。

 確か『扇足』とか何とか言っていたかな? 便利そうだから覚えていたんだよ》

「えぇえ…………」


 呼吸も落ち着いたところで、アイはハッとなって辺りを見渡した。


「そう言えば、マンドリカルドは? あいつは……どうなったの?」

《奴なら……あそこだ》


 ブラダマンテが目を向けるよう見据えた先に――タタール武者のなれの果ての姿があった。

 彼は軽装の革鎧姿であり、浅瀬には彼女より早く辿り着けていたのだが……


 全身は所々奇妙に輝き、黒い文字の塊となってとめどなく剥がれ落ちている。

 手足はおろか、肩や腹部ももはや原型を留めていない。まだ息があるのが不思議なぐらいの惨状であった。


「……マンドリカルドッ!?」


 先刻まで命の取り合いをしていた輩だが……それでもアイは駆け出していた。


「……なん……なのだ……この川の……水は……?

 俺様の……身体は……なぜ……こんな……こと、に……」


《奴は戦う前に言っていたな。魂の記憶がほぼ無いと。

 奴はすでに物語世界のマンドリカルドとなっていた。

 だからレテの死の忘却の力を全身に浴び――存在を保てないほどの深手を負ってしまったんだ》


 タタール王の痛々しく欠損した肉体を見て、アイは思わず息を飲んだ。


「……もう、助からないの……?」

《……あそこまで形が崩れてしまってはな……》


 マンドリカルドはブラダマンテの接近にも気づかず、虚空を見つめ、うわごとを呟いていた。


「……俺、様は……タタールの……王……俺……は……

 ……誰、なんだ……? 思い……出せ、ない……」


 その身体はさらに崩れていく。「存在」を忘却の彼方に帰す力は、彼のマンドリカルドとしての記憶すらも奪いつつあった。


「……ド、ラ、リー……チェ……」


 タタール王マンドリカルドは、最期に愛する者の名を呟き。

 一滴、涙を残して――消えた。


「……そんな……マンドリカルド……」


 目の前の消失劇が信じられず、アイは呆然としていた。


《気持ちを切り替えろ、司藤しどうアイ。

 肉体面でも疲労が限界の今、精神にまでダメージを負っては本当に身動きが取れなくなるぞ》


 ブラダマンテの言葉はぶっきらぼうだったが、正論でもあった。


《忌々しい空間がまだ解除されていないのも気になる。メリッサを探すんだ》

「……うん、分かったわ……」


 促され、アイは重い足取りながらも歩き出した。


**********


 サラセン帝国軍・オルランド討伐隊の駐屯地にて。

 ロジェロこと黒崎くろさき八式やしきは、クレルモン家長兄・リナルドとの一騎打ちに臨む事となった。


 立会人を務めるは、ロジェロの妹マルフィサに、リナルドの弟二人。

 周囲を囲む観衆は、クレルモン家に仕える騎士たちに、グラダッソ配下の騎兵隊である。


(リナルド……ブラダマンテの兄貴だったな。

 フランスじゃあモンタルバンルノー・ド・モのリナルドントーバンとして有名な騎士だ。

 高潔で職務に忠実、騎士道精神にも溢れるって完璧超人だったハズだが……)


「ふっはははは! ロジェロ殿が我が妹に相応しき騎士であるか! このリナルドが判定してやろう!

 一騎打ち故、不幸な事故が重なる事もあるかもしれん! そこは覚悟してもらうしかなかろう?

 貴殿が妹につく極悪害虫の類であれば、起きない方がおかしいよなァ事故!? むしろ起これ事故!」


(こいつ……こんな性格だったのかよ……)


 嫉妬と欲望を剥き出しにして殺意満々のリナルドを前に、黒崎は心の底からげんなりしていた。

 一騎打ちの作法として、まずはお互い馬上での槍の応酬から始まる。


 馬を駆け、すれ違いざま戦槍ランスを交わすロジェロとリナルド!


 馬術は馬の力が7割だと言われる。馬をいかに活かすか――つまり馬の性能差で決まる。

 今リナルドは愛馬バヤールを失っており、むしろ魔馬ラビカンを駆るロジェロの方が有利な筈だ。


 にも関わらず、互いの槍は同時に折れた。引き分けだ。


「ぐッ…………!」


 黒崎ロジェロは予想外のリナルドの地力に呻いた。


「フン。当てが外れたか? バヤールに乗らぬリナルドなど、槍で圧倒できると思ったか?」

 リナルドは不敵な笑みを浮かべ勝ち誇った。

「もともと貴殿とは剣で決着をつけるつもりだった。ここからが真の勝負だ!

 我が剣フスベルタと、貴殿の持つ魔剣ベリサルダ! どちらが上かハッキリさせようぞ!」


 槍の技が互角となった以上、二人は馬を降り――互いに向き合い、一礼して同時に剣を抜いた。


「リナルド、あんたはブラダマンテの兄だ。

 妹を娶る者として、オレはあんたを殺すつもりは――」


 ロジェロの言葉は、リナルドの高笑いによって遮られた。


「遠慮は要らんぞロジェロ殿! むしろ我を殺す気でかかってくるがいい!

 可憐にして最愛なる我が妹と結婚する騎士だ! 妹は勿論のこと、我以上に強い騎士であると証明せねば、絶対に認めんぞ!

 それができなければ死ね! 死あるのみだウワッハハハハーッ!!」


 狂気じみた笑みを浮かべ、リナルドは猛然と白兵戦を挑んでくるのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます