出て行くか、払うか──家賃保証会社の話

作者 0207

現実で感傷的で、旅先のようで玄関先だ。

  • ★★★ Excellent!!!

読んでいるとたまらなく感傷的になり、喉が渇いて酒を口にしたくなる。断崖に立ち、足下で渦巻く波飛沫をそら恐ろしい気持ちで眺めているような気持ちになる。どこかいつかの世界の、ほんの少しだけ間違えてしまった……ほの暗い自分の軌跡のような気もする。たまらなく素敵だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

佐伯 真魚さんの他のおすすめレビュー 60