出て行くか、払うか──家賃保証会社の話

作者 0207

第27話 家賃保証会社 その商品の欠陥」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 昨日から一気に読んでしまいました。文章がお上手でテンポが良くオチまであって凄いです。プロのライターじゃないかと思ってしまうほどに。
    私も古い一軒家を人に貸してますが2年目からの保障会社の更新料を借主が払ってくれず大家の私が保障会社に連絡して支払いました、次の更新ではもう払わず保障は切れてしまっていると思います、しかし更新料を払わなくとも保障されるとは知りませんでした。初耳です。私の様に大家管理で立場の弱い大家も居る事を知っていただきたいです、女はなめられるので仕方ない。色々勉強になりました!続きを読み進めていきますね、本当に面白い作品です

    作者からの返信

    読んでいただきましてありがとうございます。
    また、お褒めいただきまして、重ねてお礼申し上げます。


    『2年目以降の保証料の支払いがなければ保証契約が終了する商品』は確かにあります。
    ただ、komu34さんのものがそうかわかりません。
    そしてkomu34さんがお付き合いされている保証会社が現在取り扱っているものなのかもわかりません。
    なぜなら保証会社は出来ては潰れ……が結構激しかった業界だからです。
    A社が、吸収合併したB・C・D社の契約をそのままその契約が切れるまでは保証している、というケースは多々あります。

    一度、どういう商品なのか、保証会社にお尋ねされた方が良いかもしれません。契約書見ても、そのまま運用しているかもわかりませんし。
    (そのまま運用したら家主から嫌われてしまう、という商品の場合運用を変えているかもしれません)

    納得できない契約であれば、その回答と共に他の保証会社に相談してみるのも一つかもしれません。

    もちろん、不動産賃貸経営をされているkomu34さんですので、
    私に言われるまでもないでしょうが。

    他の保証会社に相談して何の意味があるの?
    と思われるかもしれません。
    さすがに一戸建て1つでは難しいかもしれませんが、例えば一棟12部屋などの物件であれば『いまの居住者の保証は全部引き取ります。その代わり今後この1棟に入る保証をさせてください。家主へ一切金銭的負担はかけません』という営業をしている中堅の保証会社もあります。
    そして、以後の話にも書いておりますが、現在保証会社は消耗戦に入っており、家主にとって手厚い保証のものが格段に増えております。

    読んでくださいまして、ありがとうございました。

    2020年1月5日 16:37

  • うーん、そのシステムは、会社クラウド連結が多ければリベラルの人からの横ヤリ、少なければ保証会社ごとのディスカウント、という点で稼動しにくいと思います。保証会社からの提案書、という形で、居住者一般評価・物件評価・保証必要偏差値の載ったデータを段階的料金で不動産会社と賃貸人に売る、というシステムなら作りやすく儲けやすいのではないか、とは思います。どのみちクレバーかつ心配性の賃貸人でなければ、いかなるシステムも受け入れないのですから。
    素人の意見を垂れ流してすみません……

    作者からの返信

    読んでくださいましてありがとうございます。

    私も商品設計などした事ないですから素人です。
    仰る通り、私の意見のものは、ワークしないと思います。
    そして、仰られる賃貸人と不動産会社に提案するというシステムは、非常に興味深いです。

    自分の設計センスの無さが悲しいです。

    家賃保証会社で働いている私が言うのもどうかと思うのですが、
    入居者だけ保証料払うのは、なんか不公平に思うのですよねえ。

    契約時の保証料は入居者が払うけど、それ以降の年間保証料は賃貸人が保険代わりに払う…なんてできたら公平な気がするのですが、そんな商品絶対不動産会社も家主も使ってくれませんしね。
    ※賃貸物件選ぶ時は、借り手は結構急がないといけない事情もあるでしょうから、貸し手と交渉なんてやってられないでしょうしね。

    私は商品設計なんて賢い事考える部署では無いのですが、それでもなんか公平な商品ってないのかなあと時々思います。

    2019年2月20日 21:52 編集済