青梅

作者 偽教授

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 やはり本物だと思わされる。
 まだ一話であり、起きたイベントはただ一つなのだ。
 主人公たる宍戸梅軒の幼少期、師匠との凄絶な出会いただ一つなのだ。
 まだそれしか読んでないのにこんなにも続きが楽しみになってしまう。
 時代劇を書いた時のこの方の鋭さ、無駄の無さは、ただ舌を巻くばかりである。
 今回も間違いなくオススメだ。