三十年前には自分の書いた小説を読んでもらいたかったらコピー本を作ってイベントに持って行ったんだ

作者 奈月沙耶

初心を思い出してみませんか?

  • ★★★ Excellent!!!

初めて小説を書いたとき。
それを初めて友人たちに見せたとき。
なんにでも初めてがあって、それでいて終わりが来る。
楽しかった日々は続かないし、続けることが難しくもなる。
それでもやっぱり帰って来たいと思うところがある。
かつてネットのない時代。交流の場は本やイベント。
でも今は、簡単にネットを通じて見せあいっこが出来ます。
そうしてドキドキ投稿したとき。初めてコメントを貰ったとき。
その嬉しかった瞬間を思い出させてもらえる作品です。
少し今に煮詰まっている方。
ちょっと初心を思い出してみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

こういう自伝的物語が読めるのは、カクヨムならではのことだろう。

カクヨムをはじめとする投稿サイトのお陰で作品発表の手段があまりにも豊富になっているいまだからこそ、行き詰まっている作者様たちは多いの… 続きを読む

橘 月さんの他のおすすめレビュー 52