今日の雪島先生

作者 河相 蒼

世界史の授業、高校時代というかけがえのなさ

  • ★★★ Excellent!!!

世界史、という響きが懐かしい。
これは、大学で史学科に進んだ者なら思うことでしょう。
大学には「東洋史」「西洋史」などはあっても、「世界史」というものはないからです。
実は中学にも「世界史」という科目はありません。
現在のカリキュラムでは高校だけです。
なので、私は「世界史」と聞くと、高校時代を思い浮かべるのです。

このお話は、現役高校生(で合っていますよね?)が、実際に受けている世界史の授業、世界史の先生への愛を率直に綴ったものです。

ササン朝ペルシアとかホスロー1世とか、何か覚えたけど、見てたのは結局、世界史の先生で、先生の飼い犬のことだったとか、あるある、な懐かしさ。

高校時代という時間の、かけがえのなさを感じさせるひとこまです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

崩紫サロメさんの他のおすすめレビュー 114