演奏を聴きたい方へ

おまけ

件名:悠くん、ごめんね(T_T)

From:結衣


 こんな夜遅くにごめん。

 今日、ちょっと聞かれたけど教えないって言った、秋次郎さんがずーっと聴いていた曲ね、タイトルは「彼方の光」っていう曲なの。

 もともとは外国の少年合唱団みたいな子たちが歌っている外国語の歌なんだけど、秋次郎さん、この曲をサックスで演奏した、四重奏? っていうのに感動して、私がスマホで聴けるようにしてあげたら、それからずーっと何度も何度も聴いてて。

 なんかね、その演奏を聴いていたら「魂の通り道」を感じられて、ちゃんと天に昇っていけるような気がするって言って。

 で、結局、本当に行ってしまったし。

 でもまぁ、そのおかげでまた悠くんが帰ってきてくれたんだけどねー。

 悠くんが聴きたいって言ったとき、なんだかこれを聴かせたら、また悠くんがどこかへ行ってしまいそうな気がして、そんな不安でいっぱいになって、素直に教えてあげられなかったの。

 ごめんね。

 でも、ちゃんと教えるね。


https://www.youtube.com/watch?v=YDmwFXcXfgE


 そうそう、この秋次郎さんのお話、二瀬くんが小説を書くんだって。出来あがったらネットにアップするつもりって言ってた。

 そして、この曲のイメージでぜーんぶ物語を作り上げるって。

 なんかもう、この演奏の動画をアップしている人にちゃんと許可をとってあるって言ってた。

 楽しみなんだけど、ちょっとだけうーんって感じ。

 なんだか三人だけの秘密がみんな知れ渡っちゃうような気がして。まぁ、物語として出すんだから誰も信じないとは思うけど。

 悠くん、きっとこの曲を聴いたら志保さんのこと思い出しちゃうかもだけど、約束して? 絶対もうどこにも行かないって。

 絶対だからね?

 また明日も悠くんと一緒に学校行くの、楽しみにしてます。

 ほんと、夜遅くごめん。

 お休みなさい(^^) 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

彼方の光へ -魂の通り道で迷子になった海軍少尉- 聖いつき @studiotateiwa

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ