わざわざ言うほどのことでもないですが。

作者 小鳥遊 知依

92

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 筆者さんの、とくにカクヨムに関したエッセイ。ただしエッセイというほど、筆者の意見があるわけでもなし。ふと思ったことをつぶやいている程度。

 しかし、読者さんのコメントには、なぜかガチで解答。本文よりも、コメント返信に力が入っているような……。

 とにかく筆者である小鳥遊ちよりさんの人柄がよく出ています。

 小鳥遊さんは、書き手としてはなかなかに優秀で、きっちりとして安定した文体で、自然な、かつ説得力のあるプロットの小説を書く方。

 コメント返信を読むに、常識ある大人の女性という印象。

 が、反面、ぼくの知る限りで、ずば抜けて、近況ノートで「やっちまったぁー!」と叫んでいる方です。

 そんな筆者さんの、エッセイ未満の本作。
 最初から読む必要はありません。いちばん新しいところから読んでください。そして、たまにコメントを。これが正しい読み方です。

 本作は一種の掲示板であって、過去の話はログでしかないと、ぼくは思うのです。過去の記事は過去の小鳥遊さんであり、いまの小鳥遊さんではないはずだから。

 気になるようなら、もちろん過去の記事にいってもいいんです。「やっちまった」話とか、「この話終わらせます詐欺」の話とか。たまに、コメントとその返信に、「えっ?」というような凄いことが書いてあることがあります。それがあなたの創作に役立つことは請け合います。

 でも、どうかな? 全部読む必要あるのかどうか。それはいっそ、コメントで小鳥遊さんにたずねてみるというのも、ひとつの手かもしれません。

★★★ Excellent!!!

作者様がカクヨムの中で考えられたことなどを書かれているエッセイなのですが、優しい語り口がとても癒されます。

コメント欄も盛況で、一つ一つのコメントに丁寧に返されている内容を読んでいるうちに、「ふむふむ」と考えさせられることもしばしばです。
小説に対する自分自身のスタンスを確認するのにも適しているかと思います。

いろんな考え方の方がコメントされていますが、すべてのエッセイがほのぼのと優しい雰囲気を放っているのは、やはり作者様の人柄ゆえ。素晴らしいことだと思います。

読んで楽しく、小説を書きたい気持ちにさせてくれるエッセイ。
ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

作者さまが思ったことをそのまま言葉にしたエッセイ。

カクカクさん向けのものもあったり、ヨムヨムさん向けのものもあったり、どちらの立場でも共感できる内容がたくさんあります♪

「ひょっとしたら私だけ?」と思っていたような不安や「これってなんだろう?」と思っていた疑問を、作者さまも感じていて、その文章を読むと「そうそう、あるある!」とか「良かったあ、私だけじゃなかったんだー」と思うことができます。

とても読みやすく親しみのある文体で、しかも更新頻度が高く、毎日楽しく読んでいます♪

今後の更新も楽しみですっ(*´∇`*)