第89話 勇者は日本での生活を始めます! (19)

「う~ん、私の場合は一樹のいつもの顔が余り良くは解らないから? ……だって今日……先程一樹と逢ったばかりで……プロポーズの言葉をもらったばかりで良くは解らないけれど?」


 と、エルは少しばかり頬を赤く染めながら、照れくさそうに僕に述べてきたよ。


 本当に可愛い僕のエルフの妖精様だと思った。


 と、一人僕はニヤニヤしながら今度は、鏡越しに映るエルのたゆんたゆんのオッパイを見て少しばかり堪能しながら。これは今日から僕の物なんだ思い!?


 またニヤニヤとし始めると……


「一樹その顔だよ! 先程から私が言っていた一樹の緩んだ顔! お風呂場でも何度もしていたよね? その緩んだ表情? う~ん、一樹、もしかして? その緩んだ表情は、邪な事を考えている時なの?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます