私の警察人生は、本日をもって詰みました。

作者 小森日和

一度詰んでからの熱いリスタート!生田班は永久に不滅です!

  • ★★★ Excellent!!!

シマナガシ署と呼ばれる警察署の中でも掃き溜めと言える生活安全課生田班に配属された新人刑事の浅倉美香。
夢と希望を胸に抱いて配属先へ赴くと、そこには目を疑うような光景が広がっていた――――

序盤はそんな信じられない生田班のメンバーの破天荒ぶりが面白おかしく書かれていますが、彼らの勢いに美香さんと供に翻弄されているうちに、様々な事件やアクシデントが起こります。
新人ゆえの空回りもあり、何かと壁に当たってしまう美香さんですが、気がつくといつも生田係長はじめ班のメンバーがフォローしてくれ、刑事として少しずつ成長していきます。

時に熱く、時にしたたかに、そして時に優しく事件に関わる人々や同じ組織の人間達に接していく彼らの魅力に読者がどっぷりとはまる頃、生田班にとって最大の危機が訪れます。
それと同時に、生田係長の過去の悲劇が明るみとなり、彼にとって試練となる事件が発生します。
美香は生田班を救えるのか。生田を過去への執着から解放させることはできるのか。

警察という特殊な組織に属することでの悩みだけでなく、社会人として、一人の人間として他人とどう関わり、どうやって挫折を乗り越えていくのか。
濃厚な人間ドラマを堪能できる名作です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

侘助ヒマリさんの他のおすすめレビュー 549