第119話 裏切りの汚名


「俺は、父上の無念を晴らすと決めた…!父上に与えた絶望と恐怖を、必ずあの男…董仲穎にも与えると、その時、天に誓ったのだ…!」


奉先は赤い目を上げ、目の前に座している文遠に強い眼差しを向ける。

薄暗い部屋の外では、あの日と同じ様に激しい雨が降り注ぎ、打ち付ける雨音が静まり返る室内に鳴り響いていた。


「父上は自らの死を悟り、その死が俺にとって最悪なものになると予見しておられた。だが、俺は父上の"意志"に反する事を決断した。例え、父上を救えぬと分かっていても…俺には他に、選択する道は無かった…!」


そう言って声を震わせ、奉先は瞳に涙を浮かべる。

やがて瞼を閉じ、俯く奉先の目から涙がはらはらとこぼれ落ち、膝の上で握り締めた拳を濡らした。


「玲華殿の言う事は、何時いつも正しかった。それでも俺は…誤った道を選択した事を後悔はしていない…!その道を選んだ時から、運命を受け入れると覚悟を決めたのだ…」


苦しげに吐き出す言葉を聞きながら、文遠は痛ましいものを見る目付きで彼の姿を見詰めていたが、やがて大きく息を吐き、唸るように声を漏らす。


「人は、死して名を残すと言われるが…裏切りの汚名を背負って生きれば、死してなお消す事は出来ぬ…!それでも良いのか…!?」


「俺の事は構わぬ…!それより、愛する叔父を失った玲華殿の悲しみは計り知れぬ筈…彼女を支えてやってくれないか…」


「当たり前だ、言われずとも…俺は、誰より玲華殿を大切に思っている。何が有ろうと、彼女を全力でおまもりする積もりだ…!」

力強くこたえる文遠のその言葉に、奉先は涙に濡れた瞳のまま顔を上げ小さく微笑した。


「そうか…文遠、それが本当の"愛"と言うものであろう…!」


屋敷の外に降り続く冷たい雨は、庭先に置かれた水瓶みずがめを満たし、やがて溢れて流れ出す。

東の空が白々と明けはじめた頃、何時いつしか雨は小さく細い霧雨きりさめへと姿を変えて行った。



それから数日、かすみ漂う宮殿の長い廊下を、陳公台ちんこうだいは参謀の李文優りぶんゆうに従って歩いていた。

「此処は書庫で、あちらが宝物殿ほうもつでんです。警備が厳しいので、自由に出入りは出来ません。」

文優は肩越しに振り返り、切れ長な細い目で後ろを歩く公台に視線を送った。


「あなたは、呂奉先殿のお知り合いだそうですね。あなたに、士官先を探して欲しいと頼まれました。彼との付き合いは長いのですか?」

「いえ、知り合ってまだ間が有りませんが、奉先様は僕にとても良くして下さいます。」


「そうですか…今、雒陽ここの役職には空きが有りませんが、 地方官なら何処か有るかも知れません。」

文優には余り興味が無いらしく、表情を変える事無く直ぐに別の話題に移った。


その頃、奉先は董仲穎に呼ばれ、高士恭こうしきょうと共に彼の屋敷を訪れていた。

屋敷の家人に案内されて廊下を歩きながら、あの夜、居室を去り際に振り返った文遠が言った言葉を思い起こす。


「あの卑劣ひれつ豺狼さいろうの様な男を、騙しあざむくのは難しい…危険な事だぞ。」

愁眉を寄せ、文遠は奉先をいさめた。


「分かっている。だからこそ、俺がやらねば成らぬのだ…!」


うれいを帯びた眼差しで見詰める文遠に、奉先は力強い眼差しを送りそう答えた。

文遠はやがて小さく頷き、彼の肩を強く叩いてその場から立ち去って行った。


俺にはまだ、支えてくれる仲間がいる…!

そう思うと、虚しさの中に心強さが芽生える。


広間で彼らを待っていた仲穎は、機嫌良く彼らを迎え、

「良く来たな。先日の夫人の件は、わしにも非が有った事を認めよう。」

先ずはそう言って謝罪の言葉を口にした。


「ご理解頂き、感謝致します。」

奉先はうやうやしく仲穎に向かって拝礼する。

それを見詰めた後、仲穎は側近を招き寄せて小さく耳打ちをし、


「実はな…びとして、お前に与えたい物がある。」

そう言って含みの有る目を細め、奉先に微笑した。


「?」

奉先が不思議そうに首を傾げていると、広間を出た側近が再び現れ、大きな箱を数名の配下に抱えさせて入って来る。


それを仲穎の前まで運び、側近がそっと箱のふたを外した。

仲穎は片腕を箱に差し入れると、何かを強くその手に掴み取り、ゆっくりと持ち上げる。


中から姿を現したのは、げきである。

だが、それはただの戟では無い。見たことも無いほど巨大なもので、の様に横に突き出た刃は、片側に美しい三日月型に形作かたちづくられている。


「どうじゃ、見事な戟であろう…!お前の為に、わし自ら作らせた特別なものだぞ!」

戟のたけは仲穎の背丈より遥かに高い。

その戟を床に立て、片腕で支えながら仲穎は満足げに見上げた。


奉先の隣に並んだ士恭は、その立派な戟に思わず感嘆し目を見張ったが、ふと隣に立つ奉先に視線を送ると、彼はただ無言でその様子を見詰めているだけである。

やがて仲穎に向かって拱手すると、


「相国、お気持ちは有り難く頂きます。ただ、俺はまだその様な物を頂く程の働きをしてはおりません。」

冷静な声色でそう答え、頭を下げた後さっさときびすを返して広間を出て行こうとした。


「待て!わしからの品が、受け取れぬと申すのか…!?」

それを見た仲穎は慌てて怒声を上げ、奉先を引き止める。

立ち止まった奉先は振り返り、鋭く仲穎を睨み付けると、


「相国、俺を利や欲だけで動く人間だと考えておられるなら、あなたはまだ何も分かっていない…!」


大声たいせいでそう言い放った。

それには士恭も驚いたが、仲穎は驚きの余り唖然あぜんとして言葉を失った。


「俺の真価しんかを知りたければ、それに見合った仕事を与えてくれれば良い。俺は必ずや、相国を満足させる働きをして見せよう…!」

そう言い捨て、再び背を向けて歩き去る。

士恭は、慌てて彼の後を追って走り出した。


「奉先殿…!何故、素直に相国からの贈り物を受け取らぬのです?何故、怒らせる様な事を…!?」

奉先に肩を並べて歩きながら、彼に耳打ちするように問い掛ける。

奉先は振り向かず、足早に屋敷から出るとようやく門の外で立ち止まった。


「与えられた物に、おいそれと飛び付けば自らをいやしめる事となる…まだだ、まだ足りない…!」


鋭い眼差しに暗い影を漂わせながら、奉先は呟く様に答えた後、再び歩き始めた。


広間に取り残された仲穎は、次第に沸き上がる怒りを手に掴んだ戟に込め、その柄を強く床に叩き付けた。

戟は石の床を突き破り、その場に深く突き立つ。

周りの側近たちは皆顔色を失って、その様子を遠くから見ているだけであった。


「生意気な餓鬼め…!」

仲穎は唸る様に言いながら、床にどっかと腰を下ろす。

それから暫し黙して、床に突き立った戟の刃の美しい輝きをじっと見詰めた。


「わしを試すか、面白い…!」

ふっ…と鼻で笑ったが、刃の光を瞳に映す仲穎は、その鋭い眼光を不気味に輝かせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます