死神の駒として異世界に召喚されたら壺だった

作者 桐生 深夜

35

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 『魔王との決戦』このワードを耳にしてテンションの上がらない異世界ファンタジー好きはいないでしょう。人知を超えた破壊力に対し、強大な魔法と技の応酬で彩られる戦闘。
 この作品はそんな手に汗握る白熱の場面がてんこ盛りです。

 それぞれの立場や思惑が混然一体となって描かれるバトルシーンはスピード感があり、駆け抜けるように読み進めてしまいます。話数を重ねるごとに戦いがスケールアップしていくので、今後どのように展開していくのか気になって仕方がありません。

 剣と魔法のファンタジーが好きな人にはたまらない作品です。

★★★ Excellent!!!

壺だけに……(小声)
魔王対勇者というシンプルな王道的構造と、それを再び引き起こした死神という要素。これだけでも充分な味わいを持っているにもかかわらず。さらに主人公の今後にワクワクさせてくれる。面白味溢れる素晴らしい作品です。
まだ途中ですが、サクサクと読めるのもこの面白さの秘訣なのだと思いました。

★★★ Excellent!!!

 まず冒頭の展開で、唖然としてしまいました。異世界系の中でも、相当捻られた転生の仕方だと思います。
 その後の話の流れも、一筋縄ではいかず、常に予想を裏切ってくるので、読んでいて息つく暇もないくらいです。
 また、一つ一つのエピソードが、簡潔にまとめられているお陰で、空いている時間に手早く目を通せるという点も、ぜひ評価したいです。
 

Good!

[面白かった点]
・少年が壺になるとこ
・死後の世界の世界観
・首切りがスパッとしてた

[期待する点]
・少女の深い性格(結構当たり強め?)
・壺からどうするのか
・なぜこの少年なのか

[不明な点]
・首切りシーンの描写(鎌の長さとか、鎌に対する光の描写とか欲しい)
・壺になった時、少年の状況がよくわからない

猫の尻尾がわかれていて、その使い方がいい!死神の少女や猫と言う設定が死の恐怖、自殺という重い題材がナイスバランス!!壺のインパクト良し!! 猫かわいい!!