続 藤家妖由来縁起絵巻

作者 武州青嵐

58

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『藤家妖由来縁起絵巻』の続編にあたる本作。

前作を読んでいなくても楽しめるようになっていますが、ここは連続して読むことをおススメします。だって、面白いから!

どんどん読めるストーリー。
ただし、すぐ終わるのが寂しくて、わざとちびちび読んでいました。
こんなに、すっと物語に入りこめる作品は、中々ないですよ。


つべこべ語るのも惜しい。読め! 以上です。

★★★ Excellent!!!

怖いだけのホラーじゃないのです。登場人物のひとりひとりがちゃんと生きていて、熱い思いにきゅんとくる恋愛に、読み進めればどっぷりとはまってしまう魅惑のホラーなのです。
民俗学のしっかりした土台の上に展開される、テンポ良いストーリー。ぜひっ、続編を!続編を出してください! と、中毒になること必至です。

★★★ Excellent!!!

藤家に代々伝わる「ムカデ」の忌まわしき呪いを身に受けるヒロイン・怜と、学校で教員として勤める同僚であり恋人でもある・南雲。

最初は穏やかな学校の日常風景から始まるのですが、女生徒達が面白半分で行った「こっくりさん」をきっかけに、徐々に不穏な雰囲気に飲み込まれていきます。

ところが!
怖いだけじゃないのです!!

主役の二人が繰り広げる会話は明るく楽しく、ラブコメ展開からの甘ラブに笑って萌えてキュンキュンして……と心が大忙し。

しかしその分、ホラーパートへの突き落としの威力は高く、物語の緩急が絶妙。

特に「ムカデ」の表現は、実物を見たことのない私でも質感が想像できるほどの描写で、ちょっと……いえ、かなり泣きそうになりました。というか軽く泣きました。

バトルシーンも見応えありで、スピード感あふれるアクションに思わず手を握ってしまいます。

実は前作『藤家妖由来縁起絵巻』を読まずに二作目であるこちらを読んだのですが、それでも存分に楽しむことができました!!

更に、同作者の他作品から飛び出してきた人物も活躍し、ファンにも嬉しい仕様となっております♡

怖い、けれど目が離せない。
楽しい、だからこそ続きが気になる。

ホラーという一つの枠だけに囚われず、様々な面白さが詰まった作品です!!

★★★ Excellent!!!

続篇がでると聞いてお待ちしておりました……年明けてからずっと楽しみに連載を追わせて頂いてたので、終わってしまうのが寂しくなります( ;∀;)
一族につづいている呪縛とは、まだ先が長いおつき合いとなりますが、このふたりが結ばれた運命がその未来を明るく照らしてくれていることでしょう……!(*≧∀≦*)

★★ Very Good!!

 藤先生。
 私立中学校の社会科教員である南雲の、同僚で創設者の一族。そして、恋人―――
 彼女の一族は、祖先の因縁により"ムカデ"に呪われている…
 本来、"ムカデ"の呪いは"藤家"嫡子を襲うのだが、なぜか兄の惟ではなく藤先生―怜が狙われる…
 一度は"ムカデ"の呪いを退けて、歯がゆくも甘い(読者視点。南雲先生ご自身は、結構耐えてるかと…(笑))日常を送っていたが、とあるキッカケで今度は凶刃が藤先生を襲う―――

 武州作品史上、稀に見る(笑)甘々な彼女との一コマが"ムカデ"がもたらす恐怖と緊張感を一層、高めてくれるのでドキドキしっぱなしのお話です。
 また、タイトルに『続』とあるとおり、『藤家妖由来縁起絵巻』の続編になります。
前作を読まなくても、十分楽しめる作品ですが、やっぱり前作から併せて読んでほしいな、と一ファンとしては思います。
もっと言うと、『ラピスラズリ』というお話からもクロスオーバー出演している登場人物もいるので、ぜひそちらも読んでほしい!
 どのお話も大変面白い(怖い)ので、純粋にホラーがお好きな方、ホラーは恋愛のスパイスと言う方、両方にぜひお勧めしたいです!

藤家妖由来縁起絵巻
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882099516

ラピスラズリ
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883920010

 最後にひとつ、ご注意を…
 こちらのお話は、いわゆるいわく付きのお話です。
 顛末が気になる方は、こちらに詳しくありますのでぜひ、恐怖を共有してみてください…

執筆に欠かせないもの(5話以降)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054884447878

★★★ Excellent!!!

この話はタイトルの通り『藤家妖由来縁起絵巻』の続編となります。ですが前作で何があったはちゃんと説明されているので、こちらから読んでも大丈夫です。

代々ムカデの呪いを受け続ける一族藤家。そこに下宿している教職員の南雲と、藤家の娘である怜のラブコメディが展開されていきます。
えっ、ジャンルはホラー?そうなんです、ホラーとラブコメが凄い勢いでせめぎ合っているのです。どっちととらえるかは読む人の心のままに。ホラーもラブコメも好きな人は二度美味しいです。
前作で一度は退けたムカデが再び牙を向く。それと同時に色々あってどうにも進展できない南雲と怜。呪いに悩まされる中、前に進もうとする二人の様子が時にシリアスに、時にコミカルに描かれています。


それと、上でこちらから読んでも大丈夫と書きましたが、もちろん前作を知っているとより楽しめます。
さらに同じく武州晴嵐さんの作品の一つ『ラピスラズリ』のキャラクターもゲスト出演するので、そちらを読むのもおススメします。以前に『ラピスラズリ』を読んでいて、あの子達のその後が見たいと思っている人がいたらぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

前作のムカデがまだまだ諦めずにやって来ます、しかも今度は人間を操って襲いかかります、ムカデ恐るべし。

前作では南雲先生の奮闘で退けたムカデ、けれど執念深い呪いのムカデは生徒を使ってやってきました。教室内でコックリさんをした女の子が操られてしまったのです、ムカデの標的藤怜先生は凶刃にたおれてしまうのか? 恋人の南雲先生はどうしてムカデに目をつけられてしまったのか? 民俗伝承を通じて明らかになっていくホラーストーリーに甘いエロ、さらにコメディ、そしてシリアス展開、全てが融合した物語です。

今回『ラピスラズリ』のあの娘が登場しまして、一瞬ヒロインの座を奪ってしまいそうになりますけれど、酔っ払った藤先生がすごい勢いでヒロインを取り戻すところも見ものです。甘い誘惑に南雲先生は耐えられるのでしょうか(笑)

藤家の歴史を変えるかもしれない男、南雲先生とムカデの対決第二章。ムカデの脅威はどうなってしまうのか、可愛い下着はどうなってしまうのか、二人の仲は進展するのか、どうぞご期待ください。

★★★ Excellent!!!

この話は、『藤家妖由来縁起絵巻』の続きです。
最初の作品を読んでいなくても楽しむことはできると思いますが
読んでいた方がいいとわたしは思います。

そして、同じホラージャンルの『ラピスラズリ』も読んでおくと
とても楽しめるだろうなぁと
わたしは思います。

作品のタイトルは、固くて真面目で難しそうなイメージですし
ジャンルはホラーなのですが
この作家さんのホラーは
恋愛が入っていたり
とても面白かったりするので
ホラーが苦手な方も安心して
読むことができるとわたしは思います。

青嵐さんのホラーへの愛は感じているので
この方の【とてもこわいホラー】が読みたいと
個人的には思っています。

まあ、人の感じ方はそれぞれで、
わたしがこわいと感じるかどうかは
わたしの問題なのですけどね。

でも、いつも期待しています。

だって、

青嵐さんが集めた実話
『身近にあった【本当にあった怖い話】を集めてみた』
と、
青嵐さんが体験したホラーが書いてある
『執筆に欠かせないもの』の第5話から第16話

本当にこわいのです。

なので、創作でも、【とてもこわい】のを
期待してしまうのです。

わたしはホラーが苦手でしたが、
青嵐さんのおかげで、ホラー小説が読めるようになりました。

とても感謝しています。

最近は、わたしもホラー小説を書いてみたいと思い、書いて、完成させることができました。

青嵐さんの文章は、とても好きです。水を飲むように自分の中に入ってくると言いますか、自分の感覚に合うのだと思います。
どのジャンルでも今のところヨムことができています。
それはすごいことなのです。

文章が読めても
頭に入ってこない作品は
たくさんあります。

そういうものは、あらすじなどが面白そうでも
最後まで読むことができません。

でも、青嵐さんのはどの作品も
すっと、その作品の世界に入り… 続きを読む