insomnia〜眠れない僕の朝〜

作者 松岡弥美

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人は誰しも心の奥にトラウマを背負って生きていると思います。
ただ、この物語の主人公のそれはハンパじゃない。
あちらこちらに自分との対峙が痛い程にリアルに描かれています。

そんな彼を救ったのは・・・。

雪融けの様な二人の距離感が心地よい。
小道具の扱い方もグッと来ます。
主人公の心が解放される瞬間の描写には涙腺崩壊しました。
小説としての起承転結もパーフェクト。

Excellent!!!を超えてMarvelous!!!★★★★★です!!

★★★ Excellent!!!

家族や家庭には温もりもあれば冷酷さもある。心の拠り所になることもあれば、残酷な場所にもなり得る。ただ、時間が立てばわかりあえることもあるのかもしれない。

親が子を愛しているか、と問われたときに普遍的な回答は無いように思う。でも、子はおそらく、どんな親であったとしても、自分の親を愛し続けようとする。本作品を読んでいてそんなことを考えていました。

子供のため、というのはしばしば親のためだけど、子供が抱く親に対する愛情はきっと純粋なんですよね。

★★★ Excellent!!!

自分を変える人との出会いは、一見奇跡のようで、でも必然のような気がしました。
辛かった過去があってすごく生きにくい日々を送っていても、ある人との出会いがそれを大きく変えて…
人との関わりってすごく大事だなあと改めて感じさせられる物語でした。
読んですごく良かったと思います。
連載お疲れ様でした!

★★★ Excellent!!!

連載初期からはらはらと見守っている作品です。

秋紀くんの幼少期が、読んでいてつらくなるほどで。
特に義父の仕打ちの描写が生々しくて、胸が痛くなりました。
この子はどんな大人になるんだろう……
そう思っていたところで序章が終わり、ストーリーが始まります。

心を閉ざした秋紀くんの前に現れるのが、作者様の名作『凪いでる海へ行こうか』シリーズのある登場人物。
なので、なぎうみファンにもぜひ読んでほしいです。

幼い頃のトラウマで、不眠症(insomnia)となった秋紀くん。
彼が安らかに眠れる鍵を握っているのは、やはりなぎうみからのヒロイン……?
どうか、どうか、秋紀くんの心が癒されてゆっくり眠れるラストが来ますように。

そう祈りながら、更新を心待ちにしています。