妻は精神病 僕の気持ち 《身近な人が精神不安になったらどうしたらよいか?》

作者 優和

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全18話

更新

  1. 第1章 <プロローグ>
  2. 第2章 <発症> ~その時の思考と行動~ 
  3. 第3章 <隔離> ~精神病院への入院、その後の現実と対応~
  4. 第4章 <変貌> ~転院についてと変わり行く方への考察~
  5. 第5章 <別居> ~環境を整えることについて、実際の行動と考察~
  6. 第6章 <理解に努める> ~精神病罹患者の思考の考察と対応~
  7. 第7章 <血液へのトラウマ> ~非現実に対しての精神の保ち方~
  8. 第8章 <過ち> ~反社会的行動に対しての対応と考察~
  9. 第9章 <子供たちのこと> ~子供に対しての想いと精神病罹患者への理解とギャップ~
  10. 第10章 <快方> ~快方を感じた時の状況と今だから出来る考察
  11. 第11章 <苦痛> ~快方後の落とし穴についての状況と考察~
  12. 第12章 <精神病罹患者の友人> ~精神病罹患者の友人と反社会的行動についての状況と考察~
  13. 第13章 <漸減> ~支える側の精神力の枯渇とその状況、考察~
  14. 第14章 <子供たちの想い> ~実際に子供が考えていたことと自身の考えていたことのギャップと考察~
  15. 第15章 <その後の日常> ~支える側の不安定な心模様の現実と考察~
  16. 第16章 <終着前> ~支える側の精神不安の極地に到る思考とその傍にいた精神病罹患者の行動とその考察~
  17. 第17章 <さよならも言わずに> ~支える側が不安定になった時に精神病罹患者が取らざるを得なかった行動と現実の状況~
  18. 第18章 <エピローグ> ~その後の状況と思考の方向性~