第六章 エルフ王国編

開幕

 暗黒の夜空に、紫光が走る。

 春雷。

 広い平原は、雷鳴に包まれていた。

 やがて、ぽつぽつと降り出す大粒の雨。


 そこは、人魔の死体で溢れる場所。

 フレジア平原。


 春の嵐が、広大な平原に吹き荒れる。


 そんな中。

 巨大な白竜が、ぽつんと佇んでいる。

 戦後のフレジア平原には、人も魔物もいない。

 ただ一匹の古龍を除いて。


 古龍は思った。


(なぜ……我は置いて行かれたのだろう)


 悠久の時を生きる古龍は、初めて寂しさと言う感情を抱いた。

 その巨体を打ち付ける雨粒が、冷たい。


 一月ほど前。

 古馴染みの存在と激しい戦闘を行い、不覚にも傷を負ってしまった。

 満足には飛べない状態だった自分に、主はこう言ったのだ。


『……あん、ケガした? んだよ、使えねえな! ……まあいいか。治ったら帰ってくれば?』


 そう言って、主は褐色娘の腰を抱いて、さっさと帰って行った。

 ――使えねえな!

 ――まあいいか。


 この最強の龍種として君臨する古龍は、ひどく傷ついた。

 そして、思うのだ。

 愛がない!!!


 一際大きな稲妻が、大地を穿つ。



 ある日、唐突に、ただの人間に忠誠を誓った。

 人間なんて矮小な存在。

 自分にとっては、虫けらにも等しい。

 故に、普段は気にすら留めなかったというのに。


 なぜかあの男に、狂おしいまでの忠誠を抱いた。

 この世界の生態系の頂点に立つこの自分がである。


 だというのに!!

 あの男は、我に興味がなさすぎる!!!


 我は主人に比べて、こんなに巨大な体躯をしているのに。

 あの男は、我を無視して、メスのことばかり!!!


 口惜しい。

 なんとも口惜しい。


 純色の五竜の一柱として、なんとかしなくては。



 平原に再びの稲光が走る。

 激しい豪雨に濡れる巨大龍の体躯を、刹那に浮かび上がらせた。


 どうすれば主の関心を引くことができる?

 主は我になんと言っていた?


『お前、ちょっとオークだけを狙っちゃうような素敵なビーム吐けない?』


 敵味方の区別を可能とする殲滅攻撃を開発するか?


『お前は、どっか邪魔にならない所で小さくなってろ』


 待機場所を取らないような小型化をするか?


『移動中暇だから、背中にベッド括り付けろよ。そうすれば女を抱けるし』


 輸送能力の強化?


(…………)


 なぜか主のセリフを思い起こしていたら、虚しさを感じた。

 やはり、このままではいけないと思う。

 主を見返してやろう。


 我は最古の龍フェルナノーグ。

 千年に渡って蓄積した膨大な魔力と精力。

 この力を使うときは、今この時を置いて他になし。

 主に見せてやろうではないか。

 龍の秘術を――!


 春雷蠢く土地にて、白龍は、決意した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます