チェリー・ウォーズ~童貞たちの仁義なき魔法戦争~

作者 煎田佳月子

47

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ど頭から「頭おかしい」展開(超弩級の褒め言葉)で始まるドタバタエンタメ作品。

終わってみて振り返ってみれば、それは週刊少年ジャン○に載っていてもおかしくない王道モノのバトル物冒険活劇なのです。が、明らかにどっかネジがおかしい下ネタが高品質に差し込まれます。
それも、適当な汚いだけとかエロいだけとかでは全くありません。高品質なのです。プレミアムなのです。

各話で空きあらば差し込まれるパロディや、ネタ感満載の言葉選びは作者の教養の深さと広さを示し、流麗な文体は作者の筆力の高さを示します。

――あなた、そのハイスペックで、何書いてんですか!?
(いい意味で)

嗚呼、WEB上にはこんな素晴らしい才能の無駄遣い(レスペクテッド)が存在するのだなぁ……と、遠い目で沈む夕日を眺めた(脳内で)成井露丸でした。

プレシャスでプレミアムでプライスレスな童貞神話なので、読めば童貞のみなさんも心洗われること間違いなしです。(しらんけど)

さあ、新しい世界へ飛び立とう!

オープンザソーシャルウィンドウ!

★★★ Excellent!!!

魔法使い達の戦いの物語なんですが。

あの……。魔法使い、と申しましても。
都市伝説の方です。
三〇歳まで童貞の男性は……、という。
そっちの『魔法使い』のお話。

その『魔法使い』たちが集められ、連れてこられたのは『デスニートランド』。

……ん? どっかで聞いたことありますか? いや、気のせいでしょう。
そこで繰り広げられる、熾烈な魔法合戦。壮絶な謀略を張り巡らせ、他者を蹴落として勝者となるのは誰なのか。
……というお話なんですが。

随所にちりばめられたパロディや、テンポの良い会話に全編にわたり笑わされます。よく見たら、あらすじにまで、パロディ(笑)

抱腹絶倒というか……。
なんど、キャラクター達に突っ込んだか(笑)
コメディ作品としてイチ押しです

読み終わって文字数を確認し、驚きましたが。
二六万字!? 気づきませんでした! 
いや、文字数で怯むこと無いですよ。面白いし、区切りがいいので、少しずつ読み進めるのもアリです。

是非みなさんも。
主人公を含む『魔法使い』たちに温かい応援を宜しくお願いいたします!

★★ Very Good!!

30歳を過ぎて童貞のままだと魔法使いになる……このネットネタでここまで遊んだ作品も中々ないんじゃないかと思います。数々の危ないネタと主人公のツッコミが冴え渡るコメディ。ネタを知らなくても楽しめると思いますけど、ネタを知っていれば更に楽しめる。オタクであるほど笑えると思います。私は楽しめました。
 最近笑える話を読んでないな~、笑いに飢えてるな~と言う人に特におすすめです。

★★★ Excellent!!!

最初から最後まで読み切って、一度でも吹き出したりツッコミを入れたら終わりです。
ネタを知っている方は特に、知らなくても笑わずにはいられない。
同情……したくても出来ない面々の大暴走。決してぶれない童貞たちの雄姿を是非堪能して下さいww
文字数全然気になりません。

★★★ Excellent!!!

壮大すぎるパロディの嵐に圧倒される。面白い。何がどう面白いかというと童貞のみなさんが何をそんなに卑下なさってるのかといいつつ互いに互いを上から目線で見てるその痛々しさが全部自虐のブーメランとなって突き刺さるところ。どいつもこいつもこじらせやがってww

26万字って思ってちょっとあせったけども、文字数を文字数と思わせずにあっさり読ませる筆力にまず恐れ入る。
笑わせる以前に、めちゃくちゃ巧い。ギャグに文章力は不要だけども、笑わせるより前に、そこかしこに「的確」な描写があることで、陥った状況が手に取るようにまざまざと思い浮かぶ。んでもっていちいち笑わせてくれる。

面白かったです!

★★★ Excellent!!!

無職、引きこもり、童貞の工藤サダオが迎えた三十歳の誕生日。

その日、魔法使いになった彼を迎えに来たのは、可憐な妖精で……?


序盤の展開から、素晴らしくぶっ飛んでいます。
笑いが止まりませんでした。

サダオの秀逸なツッコミといい、吹き出さずにはいられないネタの数々といい、濃すぎて逆に愛着がわいてきそうな童貞達といい……。

作者様の確かな実力に裏打ちされて、縦横無尽に暴れ回る変た……おっほん、チェリー・ボーイズ達に、爆笑を禁じえません。

この面白さを、ぜひ堪能してください!!

★★ Very Good!!

本作は、ひと言では表しきれない奇書である。

ぶっ飛んだ設定。
ぶっ飛んだ登場人物。
ぶっ飛んだライバルたち。

頭のネジが数百本は外れてないと、こんなカオスな世界観は構築できぬに違いない。
ゆえにこそ、具体的な感想は述べない。
それは、読み手の各々が自身の胸中にて抱くべきものであると確信するからだ。

だがあえて、ひと言だけ、ひと言だけ語らせていただく。

童貞よ永遠なれ!

★★ Very Good!!

この世に生を受けてから三十年の女体を知らぬピュア戦士サダオが夢の国に拉致られたと思われたらなんか魔法が使えるようになる座薬を注入されてデスゲームに参加させられるんだってよ。誰もが知っている夢の国のキャラクター(ハハッ)たちとおもむろに繰り広げられるストリートファイトにはシャドルーも絶対絡んでるって。ひとつなぎの大秘宝を求める海を求めたりへのつっぱりはいらないような殺人技も駆使されたり七宝の願いが叶ったりするあれに出てきそうな感じの原理で空も飛ぶ。思い出はいつも綺麗だけど代わりばんこにペダルを漕いでぐんぐん風を飛び越してたら飛べるそんなあなたはカブトムシ。殺さずの誓いも姫様で童貞を捨てるためなら問答無用なのです。まあ何よりも怖いのは力を持ったロリコンと賢者の石ですよね。ハリーボッテーだった大会の先に待っている熱いバトルと男たちのイカ臭い大乱闘。その行方とは。
次回あの娘は僕の嫁になってくれるかもしれない女性なんだ。
童貞であることを力に変えるそんな物語。

何が恐ろしいっておそらくこのレビュー内で特に嘘は言っていないということです。

★★★ Excellent!!!

童貞が主題となるこの作品。その主題から作り出される個性豊かなキャラクターと世界観にハマってしまいました!特に、ボケアンドツッコミが面白くて癖になります!魔法の国の住人はひたすらぶっ飛んだキャラだらけですし。いや、そもそも、ライバル達も個性的すぎてぶっ飛んでますね!

とにかく、ギャグがすごい面白いので、是非読んで皆さんにもクスリとして欲しいですね!