音楽葬

作者 燕雀

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

葬儀で送り出す際の、音楽についての議論。

誰しも、好きなジャンルの音楽に譲れない部分はあって然るべきだし、他者はそれを尊重するべきだというのが暗黙の了解となっている。

それを延長して故人の嗜好はどこまで尊重されるべきなのかという問題提起として、良いと思います。

★★★ Excellent!!!

故人の思いはどこまで尊重されるのか。
この物語を読んだとき、親戚の葬儀を思い出しました。
しっとりとしたメロディが流れることは誰もいとわないけれど、ふさわしくない曲だと反対される。
どんな音楽にも歌の力があると私は信じています。

★★★ Excellent!!!

ああ、そんなこともあるかもしれないな、と思いました。
自分もそうなりそう、というか……。
最近はいろんなかたちのおくりかたがありますが、音楽葬、憧れますね。素敵ですね。
私も賛美歌でおくってほしいと言っているのですが、実際その状況になったら、家族は思い出しもしないと思います。それが悪いとはいいませんが。
考えさせられるお話でした。