非常階段

作者 月ノ羽衣

33

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

初めに。
自分は同性愛ものの作品を読むのがあまり得意ではありません。
BLという文化やそれを愛する人たちの存在はおもしろいと思うのですが、個人的にはそれを積極的に摂取しようとは思えないのです。

そんな自分がこの作品を愛読しているのは、作者の確かな力量を感じるからです。
丁寧な心理描写。
温度の伝わる情景描写。
個性豊かなキャラクター設定。
先の読めない展開。
そして、作者にはどうしても伝えたいことがある。
ひりひりするようなその想いを作品の端々に感じ、胸が熱くなります。

同性愛をテーマにした作品にはいちゃいちゃシーンが多いというイメージを勝手に持っておりますが、本作は主人公がいじめや差別、偏見と戦いながら、少しずつ気の置けない仲間を増やし、活路を見出してゆく成長ストーリー。
とても骨太な内容です。一話ごとにずしっときます。
片手間にさらりとは読めない、でもそこが良い。
カクヨムにこんな力量のある作家さんがいることが、ひたすら嬉しいのです。

そして!
「非常階段」という作品タイトル、素晴らしくないですか?ね?ね?と他の読者さんたちに言い回りたい!
普通名詞でありながら新鮮で、場所の名前でありながらサンクチュアリの比喩ともとれる、最高のタイトル。
ライトノベルですっかり主流となった、あらすじを凝縮して説明したような長いタイトルとは一線を画します。
章タイトルもまた、全部いいんですよね。
塩沢柊という名前もまた…
ネーミングセンスって、作品作りにおいて重要だなあということをつくづく思わせてくれます。

長くなりましたが、完結までじっくり見守らせていただきたく。
多作な作者の他の作品にも注目です。

★★★ Excellent!!!

完結前のレビューです。

このお話は、始まったころから気になっていました。
私もセクシュアリティのことでは、いじめの加害者だったことがあるからです。
中学生の頃、仲の良かった男の子がバイセクシャルだと知って、その子から好かれた時に、気持ち悪いと思ってしまいました。
積極的にいじめていたわけではありませんが、いじめられていた彼と関わりたくなくて、逃げ回っていました。
何年も彼の好意を踏みにじって。しかもそのことに無自覚でした。
他にも避ける理由はあったのですが、そんなことは言い訳になりませんよね。
(だいぶ後に謝罪して、一緒に遊んだりできるようになりました)

だから、自分の経験に照らし合わせると、読んでいて少し苦い感じもします。

長いお話みたいなので、この先柊がどうなるか、どうするのか、とても気になります。ハラハラしながら読んでいます。
いろんな人に読んで欲しい。理解して欲しい。
これからも楽しみにしています。