ファーマーズハイ!

作者 曽我真市

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

農業が今や現代人にとっては「金を払って経験するもの」になりつつある今、笑いをもって経営者としての視点から農業を見た、かなり独特な小説。ですけど自分が会ってきた農家もしていた話題が出てきたり「あー、そうだよねw」と分かるのが楽しい。

農の世界がボンヤリしてるあなたにこそよんで欲しい。

★★★ Excellent!!!

エッセイの週間ランキング4位に上がっていたのと、重たい内容も追加されていたので、書き直しました。

7話まで読み、「独白①」に驚きました。
コメントは書けませんでした。

こういった内容を、エッセイとして非常に高いレベルで完成させるところに、この作者さんの非凡さを感じます。
トマトのことも自分のことも、鋭い観察眼でとらえています。


前回レビューのタイトル
「農業をユーモアで包んだ、明るさあふれるエッセイ」

まだ五話だけですが、それぞれ内容が異なっており、作者さんの力量の高さが伺えます。

お仕事は大変そうですが、この調子で書いてくれたら嬉しいなあと、早くもファンに。特に好きなのは、下記二つ。

第3話「ちょっと様子見にいってくるフラグ」

第4話「2人のサムライ、言いまちがい」

第6話「俺の歌をきけぇぇ」


このエッセイ、偶然見つけて読み進み、トマトのブランド名が出てきたところで、「どんなトマトだろう~?」と検索したら…!

リアルの作者さんの農園がヒットしました!! 
おまけを見つけたような、楽しい気持ちになりました。
トマトの写真がとても美しく、一見の価値ありです。