学級恋愛-LOVE&HEART-

ユウスケ

第1章 告白

第1話プロローグ

2年目の春がやってくる。

高校2年生の春、俺は電車に乗り、高校へと向かっている。俺の通っている高校は、地元でも有名な進学校であり、名門校でもある。


「………」


電車に揺られることしばし、視線を辿らせるとまたあの子と視線が合った。その子は同じ時刻の電車に乗って、座席に座ると本を読んでいる少女。


ただ遠目から眺めている事が唯一の楽しみでもあった。


俺の名前は、江戸川正人えどがわまさと

年齢は十七歳の普通の男子生徒だ。


ガタガタ――と音をかなでる車内。


その子は、本を読み終えると学校がある最寄駅で降りていく


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます