二十

 ランスのベネディクトの城に、彼の妻となった人が移り住んで、暫くの時間が経っていた。

 新婚生活の拠点となるべく整えられた新しい寝室や、夫婦の食卓、真新しいサンルームに、しかし二人の姿は無い。

 ベネディクトは忙しいからと言って自室に籠もり、新妻の世話を使用人達に任せたまま彼女を遠ざける代わりに、彼女のあらゆる自由を約束した。

 広い城で、ベアトリーチェは戸惑いながらも自らの暮らしを少しずつ整えていき、そしてやがて、城には彼女が親友と呼ぶ女性が、しばしば訪れるようになったのだった。

「あるじ様、お食事の時間です」

 三人分の昼食を乗せたワゴンを押して、双子の片割れが部屋を訪れる。

「ありがとう」

 外は素晴らしい晴天なのに、ベネディクトの私室は光を遮るカーテンが引かれ、まるで、彼の祖父の部屋を思わせる。重苦しい雰囲気の部屋だったが、アドルフと同じように彼もまた、その暗く、静かな部屋に安らぎを感じるようだ。 

「今日もソランジュは来ているのかい?」

 カラスを隣に座らせて、文字か計算を教えていたらしいベネディクトの言葉に、クロエは黒目がちな瞳を上げる。

「はい。お二人で食事をして、街に出かけるご予定だとか」

「……そう」

 ベネディクトはそっけなく言った。

「あるじ様は、ソランジュ様がお嫌いなのですか?」

 カラスがきょとんとして問うと、ベネディクトは優しく首を振る。

「そんなことはない。彼女が来てくれて助かっているよ。ベアトリーチェも、毎日一人では退屈だろうから」

 クロエがてきぱきと食事を並べる。三人はいつもこうして、家族のようにテーブルを囲むのだ。

「あの方はね、ベアトリーチェの大切な人なんだよ。彼女のために、大切にしなければいけない」

 ベネディクトは笑って続けた。

「クロエ、彼女にどうか、今日は泊まって行かれるといいとお伝えして」

「はい」

「それから……」

 皇子と呼ばれることのなくなった彼は、優しい形の目に禍々しい笑みを浮かべ、従順なカラスの、艷やかで長い黒髪を撫でる。

「夜になったら、僕らだけの秘密の話をしよう」






「リゼット」

 夕刻、掃除道具を抱えて歩いていたリゼットは、ふいに名前を呼ばれて、足を止めた。

「やぁ」

 黄昏色の陽だまりに佇んでいたのは、ゲオルグだ。

「カ……あっ、そ、その……たっ……」

 いつもの調子で呼ばれたせいで、うっかりいつも通り返事をしそうになって、少女は慌てる。

「……大公殿下、御用でしょうか?」

「あああ、やめようよ」

 彼女がそそくさと壁に張り付いて、他の使用人のように深々と頭を下げるので、ゲオルグは慌ててそれを止めた。

「……今まで通りでいいからさ。それに、大公位っていうのはまだ随分先のことになるんだって。僕、できればそういうのは要らないんだけど……」

 爵位の無いゲオルグには、アーシュラの即位後、アヴァロン大公の位が与えられることに決まっていた。

「今、僕もここの暮らしに慣れるので必死だから。誰にも彼にも態度を変えられると困っちゃうんだ」

「ですが……その、今まで通りというわけには、参りません」

 リゼットは困ったように目を伏せ、二、三歩ゲオルグから遠ざかって、改めて頭を下げた。

「その……遅くなりましたが、ご婚約……おめでとうございます」

 分不相応に主の恋人に横恋慕して、始まってもいない恋を失うだなんておこがましいことだと、彼女自身は思っていたけれど、皇女の婚約は、リゼットにとっては失恋に他ならなかった。

 だから、今日まで出来るだけゲオルグと顔を合わせないようにしてきたのだ。もはや、万が一にもこの気持ちを彼に知られるわけにはいかないから。

「……ありがとう」

 ゲオルグは何となく意外そうに言った。

「そういえば、君の顔見るの久しぶりだったな。なんか、久しぶりな気はしなかったんだけど」

 彼が全く普段通りに話しかけてくるのに、リゼットは安堵を覚える。彼が気づかずにいてくれたら、きっと、やり過ごせる。

「……カルサス様のお住まいは私のお勤めする区画ではありませんから」

「そっか。確かに、今はアーシュラの部屋のある辺りにはあまり行けないもんね」 ゲオルグとアーシュラは、毎日顔を合わせるけれど、それは昼食を終えてから、晩餐の後までだ。それ以外の時間は、お互いその他の用事がつめ込まれていて、以前のように彼女の部屋や庭でこっそり会ったりは出来ない。皇女の側付きのメイドであるリゼットとは、物理的にあまり会う機会が無かったのだ。

「……じゃあエリンも、最近は何か忙しいのかな」

 ぽつりと呟いたゲオルグに、リゼットはきょとんとして顔を上げる。

「エリン様……?」

「あ……うん。アーシュラがね、最近エリンに避けられてる気がするって、すごく気にしてるみたいだから。君は彼と顔を合わせたりする?」

 リゼットは少し考えて、そういえばお見かけしませんと答えた。ゲオルグにしても、リゼットにしても、エリンのことはよく知っているような気持ちになっていたけれど、それはただ、アーシュラの傍に居る機会が多いから彼を目にすることが多いだけで、実際は、エリンが主人以外の人間と親しく話をすることは、元々、そう無いことなのだ。

「あんなにいつでも一緒なのに、おかしいよね」

「……エリン様のことですから、姿を隠されているだけだと思いますけれど」

「それにしてもさ。彼女が呼んでも出てこないって言うし……」

「それは……確かに……」

「おかしいよね」

 首を捻るゲオルグをそっと見つめて、緊張した面持ちだったリゼットが、ようやく少し笑う。

「どうかした?」

「いえ。この間までは、エリン様がいらっしゃると殿下と二人っきりになれない、って、文句を仰っていたのにって」

「……文句は色々あるけどさ」

 冗談っぽく表情を険しくして、ゲオルグはおどけてみせる。

「アーシュラはエリンが居ないと全然落ち着いてくれないんだ。それに……彼女と一緒になるってことは、彼の存在を受け入れなくちゃいけないことなんだって……僕も一応、理解はしてるんだよ」

 納得はできないんだけどね、と、ゲオルグは、はぐらかすような調子で付け加えた。






 エリンは、何かを所有するということが無い。

 城で暮らす上で、必要なものは何でも与えられたけれど、それらは全て、実際には主人であるアーシュラの持ち物だ。彼個人のものなど何一つない。そのことは、エリンにとっては、太陽が東から昇るのと同じくらい、当然で、何の違和感も感じないことだ。

 しかし、そんな彼が唯一自分のものとして手元に置いている品が一つだけある。

 それは、立派な緑色の宝石が埋め込まれた、女物の指輪だった。元の持ち主は彼の母、マイ=ブリット・カスタニエ。幼い息子と引き離される際、彼女が泣きながらエリンに手渡したものだ。

 けれど、母親が恋しい時分にはその指輪に込められた想いが理解できず、それが分かるようになった頃には、既に母親への思慕は形を失っていた。

 だから、指輪は長いこと、私室の引き出しに無造作に入れっぱなしになっていた。今まで、忘れていたといってもいい。

 その指輪を、エリンは最近、取り出して眺めることが多くなっていた。手入れのされていない金細工はすっかり色あせ、全くみすぼらしいものになっていたけれど、埋め込まれた宝石は相変わらず美しく輝いて――そして、なぜか不思議なことに、記憶の中の緑色とは違う、赤紫色をしていた。

 この指輪は、エリンが剣としてではなく、人として生まれついたことを証し立てる、唯一の品である。茜色の宝石は、そのことを静かにエリンに伝えようとしているような気がした。

 サイズの合わない指輪を小指につけて、ランプにかざして覗きこむ。窓を叩く音が耳に届いたのは、そんな刹那のことだった。

「……?」

 外を見ると、もう一時間も前に眠りについたはずの主が、寝間着のままバルコニーからこちらを覗いていた。驚いたエリンと目が合うと、彼女は窓を指してここを開けろと身振りする。

「ど……うか、なさいましたか?」

 慌てて窓を開けて迎え入れた。

「ここのところ、お前が捕まらないのだもの。寝たふりをしてみたのよ」

 夜気をまとって、アーシュラは悪戯が成功した子供のように笑う。

「お風邪を召されたらどうなさるつもりです」

「そうなればお前のせいね」

「殿下……」

 どことなく他人行儀な物言いに、アーシュラは不満そうにエリンを見る。そして、彼の小指に嵌まったままの指輪に気がついたようだった。

「その指輪……」

「これは、その……」

 あまり、彼女にそれを見せたことは無かったような気がする。何と説明すればよいかと悩むエリンだったが、アーシュラは呆れた様子で目を細めた。

「大切な指輪なのに、手入れもしていないのね」

「……ご存知で?」

「指輪のこと?」

「お話したことは無かったような……」

「呆れた。小さいころなくして大泣きしたの、忘れたのね」

「えっ……」

 エリンが驚くと、アーシュラは小さく苦笑して言った。

「それが無いとお母様が迎えに来てくださらないって、言っていたわよ。わたくしも、可哀想になってしまって、ツヴァイと一緒に探してあげたの。覚えていない?」

「……いつ頃の話でしょうか」

「いつだったかしら。お前が城に来て、最初の頃だと思うけれど……」

「そんなことが……」

「お前は小さかったものね」

「そういえば……その……この石、こんな色をしておりましたでしょうか?」

「え?」

「記憶では、緑色だったような……」

「まぁ……エリン」

 アーシュラはくすくす笑って、エリンの手を掴み、指輪を奪う。冷たい指が何気なく触れたことに、なぜか心臓が跳ねる。

「この宝石アレクサンドライトは、太陽の下で見ると緑色なのよ」

 言われてみれば、そのことを誰かから聞いたことがあるような気がする。師だっただろうか。分からない。幼い頃のことは、自分では全部記憶しているようなつもりでいるのに。

「……殿下は、よく憶えておいでなのですね」

「当たり前でしょう。お前より二歳も年上なのだから」

 久しぶりに歳上なのを威張るアーシュラに、ずっとずっと昔の彼女の面影を見つけて気が遠くなる。かつてあった自分と、今ここにいる自分が、まるで別の生き物のように思われた。

「ねぇ……エリン?」

 呆然として佇む従者に、アーシュラは心配そうに首を傾げ、そして――おそらくは、指輪を返そうとしたのだろう――彼の手を取ろうとした。

「……!」 

 反射的に振りほどいて逃げてしまうエリンを、彼女は睨む。

「お前、最近へんよ。どうしてわたくしを避けるの?」

 言いながら一歩進み出る。その歩幅の分、エリンは無意識に逃げていた。

「……避けてなどおりません。お側におります」

 言葉はまるっきり言い訳めいた響きをはらむ。アーシュラは、いつもの彼女であれば、ますます不機嫌になるところだったが、今夜は逆に、悲しそうに肩を落とした。

「だけど……だけど、姿が見えない時が多すぎるし、話もしないようにしてるでしょう?」

 弁解の言葉がない。あからさまな態度をとってしまっている自覚はあるし、アーシュラが気付かないとも思っていない。

「……申し訳ありません」

 けれど、理由は言えないのだ。

「エリン……お前、もしかして本当に、わたくしの結婚に反対なの?」

「え……?」

 暗い顔で恐る恐るそう口にするアーシュラに、エリンは目を丸くする。

「……どうして、そのようなことを?」

 問いながら思い出す。そういえば、前に話をした時も、そんなことを言っていたような……

「お前とわたくしは違うんだって、ゲオルグに言われて、考えたの」

 珍しくしおらしい調子で、真摯に彼女は続けた。

「わたくしが幸せになれば、お前も必ず幸せになるのだと、わたくしはずっとそう信じていたし、今もそう思っているわ。けれど……」

 笑顔は剥がれ、思いつめたような青白い顔が現れる。

「けれどお前が、もしそう思っていないのなら、それは――」

「――アーシュラ」

 答えを持たぬまま、エリンはその言葉を遮る。彼女にそんな誤解をさせるわけにはいかないと思った。

「あなたの幸せを……私が、喜ばないはずがありません。私の命は全て、あなたのものなのですから」

 嘘はつけない。けれど――今言葉にできる真実なんて、このくらいのものだ。こんなもの、アーシュラにとっては当たり前すぎる言葉で、ただ型通りの気休めと取られても仕方がない。

「だったら、どうして今までどおり傍に居てくれないの? おかしいわ、エリン。ずうっと、子供の頃から一緒だったじゃない、わたくしたち。お前が居ないと……」

 アーシュラは辛そうに瞳を揺らす。

「不安なのよ。とても」

 細い指が改めてエリンの手を捕まえ、精一杯の力で掴む。

「それは……」

 今ここで、アドルフの命令を無視して、彼女を安心させる台詞を口にすれば、これ以上主から遠ざかる必要はなくなる。彼女を傷つけることもない。自分たちは、今までどおりの二人でいられる。

 それが一番、良いことなのではないのか。

 けれど――――エリンの唇は、言葉を紡いでくれない。

「エリン……」

 主の悲しげな声に、微かに苛立ちを感じた。

 彼女は鈍感だ。今だって自分だけが寂しいようなつもりで……何も分かっていない。寂しいのは自分だって――……

「……殿下」

 抑えた声は、思いの外低く響いた。

「あなたにとって、わたしとは……何なのでしょうか」

「え……?」

 エリンの言葉にアーシュラは両の紫を見開いて、すっかり背の高くなった年下の従者を見上げる。

「あの時出会ったのがゲオルグ・カルサスだったから、あなたは彼を選び、愛されたのでしょう。けれど……」

 こんなことを言うつもりでは無かった、と、後悔をしてももう遅い。

「けれど、私を選んで剣としてくださったわけではない」

 足元がぬるりとぬかるんだような、不確かな恐怖が差し込んで、ずっと自分を支えていたものがボロボロと崩れ始めるのを感じた。

 エリンは絶望する。これは言葉にするべきではなかった。

「お前、何を言って……」

「陛下のご命令だったから、私を傍に置かれた。あなたを守るのは、私でなくても良かったのに」

「ち、違う……」

「違いません!」

 乱れる心に抗えず、エリンは喚いた。こんな風に声を荒らげることなど、今まで無かった。

 自分の声の残響が歪み、頭の芯にこだまする。沈んだ心は思考を手放し、気が付くとエリンは、主の細い腕を掴んで、冷たい寝台に押し倒していた。

 戸惑いの表情のまま皇女は従者に組み伏せられ――――僅かの沈黙。

 彼女は一言も発さなかった。

 寝台が軋む音がする。弱いアーシュラの腕は簡単に折れてしまいそうなのに、制御できなくなった心のまま、力を緩めることが出来なかった。

「……どうして陛下が私の命をお助けになったのか、あなたはご存じ無いでしょう」

 そして、かろうじてそれだけ口にした。

 主に狼藉をはたらくなど、あってはならぬこと。今すぐ彼女を解放しなければいけないと、心は命じているのに。身体はこわばり、言うことをきかない。

 夜の闇が深く心を侵して、自分が自分でいられなくなる。ああ、やっぱり、今この人と顔を合わせるべきではなかったのだ。

 抵抗しない腕を痛いほどの力で押さえつけられ、やがて皇女は、夢から覚めたような表情でポツリと言った。

「――お祖父様らしいわね」

 そして、傷ついた顔で微笑む。

「わたくしが死んだ後のことを案じていらっしゃるなんて」

 悲しい言葉はエリンにかけられた魔法を解いた。動かなかった手から力が抜けて、そろりと離れようとする身体に、彼女の手がためらいがちに伸びる。

「ばかな子ね……お前以外にわたくしの剣は居ないのに」

 いたわるように、慈しむように。おずおずと少女は従者を抱きしめる。ふわりと甘い彼女のにおいがした。

「お前はわたくしを選ぶことは出来なかったけれど、わたくしは違うわ。初めて会った日のことを、覚えていないと思う?」

「アーシュラ……?」

「覚えているわ、わたくしは全部。お前にそばに居てほしいって思った。生きていてほしいって思ったの」

 アーシュラはまっすぐエリンを見つめる。

「アヴァロンの紫は、持って生まれた者を孤独にする。お祖父様のように。けれど……わたくしにはお前が居たから。あの日お前に会えたから、わたくしはずっと寂しくなかった。お前が半身だって思っていたから、この身体がどんなに壊れてたって我慢できた。全部お前がいてくれたからなのよ、エリン」


「だから、わたくしは……」

 熱っぽく潤んだ瞳が、恥じらうように少し揺れて、けれどすぐに強さを取り戻す。

「だから――お祖父様のご命令とか、次の皇太子とかはどうでもいいわ。お前がそれを望むのなら、お前の子を産んであげます」

 そう言ってニコリと笑う。

「な……」

「どうなの?」

「ちょ……っと、待って下さい……」

 目を丸くするエリンの首筋に面白がるようにアーシュラが腕を絡める。

「待たないわよ。どうしたい?」

「カルサス様は……?」

「もちろん彼の子も産むわよ。当たり前じゃない」

「アーシュラ……」

 事も無げにそう言ってしまう主を前に、何となく悩んでいたのが馬鹿馬鹿しくなって、エリンはため息をついた。絡みついた白い腕をほどいて、乱れた彼女の服の襟元を直す。

「……あなたは、ご自分のことが分かっていない」

 そして、どうにか冷静さを取り戻して言った。 

「そのお体で、何人も子をお産みになれると思わないほうがいい」

「なっ……そんなこと……」

 殺風景なエリンの私室を包む闇が、いつの間にか随分優しい夜へと変わっている。反論の言葉を紡ごうとする唇をそっと塞いで、彼は、少女がくれた答えを続ける。

「あります、アーシュラ。あなたのことは、私の方があなた自身より知っているんだ。他のどんなことより、殿下のお体の方が大切です。私は……反対しますから」

 言いながら、寝台に落ちた指輪を拾い上げ、ランプの灯を吸って赤紫に光るそれを見つめる。泣き顔しか思い出せなくなっていた母の笑顔のイメージが、ふと脳裏に浮かんで、消える。そして、もうそれは現れない。

「エリン……?」

「……あなたを愛している」

「知っているわ」

「愛しています」

「……知っているったら」

 愛の言葉を不満げに受け取る少女に、彼女の剣は笑った。

「だから……あなたは、あの方の子をお産み下さい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます