十七

 その年、六一五年の年明けを、アヴァロン城は華やかな夜会で迎えていた。

 雪の舞う中集まった大勢の招待客達のために、広間は暖められ、そして春の庭かと見まごうほどに沢山の花が飾られていた。

 ホール全体に清々しい花の香りが満ち――分厚い外套を脱いだ客達は、その心地よさに安堵したような息をつく。近頃では定期開催されるようになった、皇女の夜会である。

 そんな、この日の趣向のために用意された緑の絨毯を踏んで、偽物の春を大股に渡る者がいる。

 一人で現れた彼を、歓談に興じていた貴族たちは皆、振り返って見た。あからさまな視線を、しかしベネディクトは意にも介さない。

 柔らかい金の髪に、少女とも見える端正な横顔。しかし彼は唇を固く結び、きつい目で正面を見据えている。

 ベネディクトはその夜ようやく、分家の日から一度も足を踏み入れなかった生家、アヴァロン城を訪れたのだった。


「新年おめでとうございます、姉上」

 外野のざわめきを無視して跪いた弟に、アーシュラは少しだけ驚いた表情を見せたが、すぐに嬉しそうに目を細めた。今まで、彼は何度夜会に招いても顔を見せなかったのだ。

「ようやく来てくれたのね。嬉しいわ」

 待ち望んだ、弟とのおよそ半年ぶりの再会である。

「ランスでの暮らしが落ち着かず、申し訳ありませんでした」

 言って、ベネディクトは口元を歪める。

 それは、優しい少年が今まで見せたことのないような、不自然で、悪意の籠もった――笑いの形だった。

「……良いのです。元気そうな顔が見られてホッとしたわ」

 人が変わったような弟の表情を不審に思いながらも、アーシュラはにこやかに答える。二人の様子を、招待客達は表向きいつもどおりのパーティを楽しみながら、興味深げに見守っていた。この半年で、貴族界には皇女と元皇子の不仲の噂がすっかり浸透していたからだ。

「殿下にひとつご報告があります」

 少年は顔を上げ、そして、姉の言葉を待たない。

「先日、結婚をいたしました」

「え……っ!?」

 思いもよらぬ言葉に、アーシュラは思わず驚き声を上げた。次の瞬間、広間が一斉に静まり返る。ベネディクトはゆっくりと立ち上がって、自分と姉を遠巻きにする貴族たちを一瞥する。

「今日は姉上と、皆様に……その、ご報告を」

 そして、今度は自然に、彼らしく優雅でやさしい――笑顔をみせた。


 クーロとバシリオが死んで、少年は知ったのだ。

 人生の困難から自分を守ってくれるものなど、存在しない。

 祖父も、両親も、エリンも、姉すらも、誰も僕を顧みない。助けてくれない。バシリオの言った通りだ。自分の身は自分で守らなければいけないのだ。

 あの夜、見てはいけないものを見てしまった。本来であれば、影の剣は目撃者を生かしはしないはずだ。けれど、エリンは自分を置いて去っていった。それが何故だったのかは知らない。

 とにかくベネディクトは茫然自失のままランスへ戻り、城に籠もって二週間は泣き暮らして、二週間は考え続けた。

 今まで聞かされたことのなかった、アヴァロン家の歴史も学んだ。

 自分が生まれてくるまでに、祖父アドルフが何人の親族を葬ってきたのかを知ると、貴族たちが何故あんなに祖父を恐れるのか、ようやく合点がいった。

 意に従わない家をいくつも潰し、血の繋がった兄妹までも死に追いやった。人の道に反する、おぞましい行為だ。そんな化け物の血を引いているのだと思うと虫酸が走る。

 ――けれど、自分は生まれ、ここにいるのだ。

 生きねばならない。進まねばならない。間違いを正さねばならない。自分のためよりも、なにより、死んだ友のために!

 クーロは大切な友達だったし、誰からも咎められるいわれのない、善良で、普通の子供で……つまり、アヴァロンが愛し、慈しむべき大切なエウロ市民の一人だったはずだ。

 奪ったのはエリンで、奪わせたのはアーシュラだ。

 これは罪だ。許されて良いはずのない大罪だ。

 バシリオは言った。自分の身は、自分で守らなければならないのだと。

 だからベネディクトは決めたのだ。立ち向かうことを。そして、友人の無残な死を忘れない。決してアヴァロンを――尊敬するアーシュラを、許しはしない。


 そう思い至った後は、結婚を迷うことも無かった。すぐに自らリアデンス候の元を訪れ、ベアトリーチェと婚約し、結婚式は春を待って領民も大勢招いて行いたいという建前で、時間を置かずに入籍をした。

 ことを急いだのは、万一、社交界でバシリオの死がアヴァロンの剣によるものだという噂が立ち、それがリアデンス候の耳に入ったら、結婚の話が流れてしまうのではないかと恐れたからだ。この縁談は、バシリオの遺志のような気がしていたから、何としても成功させなければならないと思っていた。

 初めて会った日の印象通り、内気なベアトリーチェは自分との結婚を喜んではいないように見えたけれど、妻にしたからといって彼女の生活や好みに口を出すつもりは無い。彼女はこれからリアデンス侯爵家を継いで家を盛り立てていかねばならない立場であり、お互いに利益のある関係なのだから、信頼はこれから築いていけばいいだろう。

 やっぱり、バシリオの言った通りだと思った。






「――――ちょっと、聞いているの? エリン」

 いかにも不機嫌な主の声に、エリンはようやく顔を上げる。夜会が終わり部屋に引き上げてきて、緊張を解いたあたりから、そういえばアーシュラの声を聞いていなかった。けれど、いつの間にか彼女が脱いだドレスの後片付けをしていて……どうやら、手はちゃんと動いていたらしい。

「申し訳ありません。聞いていませんでした」

 素直に怒られるつもりで言ったのだけれど、目が合うと主人はホッとした顔で微笑んだ。

「お前、最近無理をしすぎよ。ツヴァイだっているのだし、城の中でまでそんなに警戒することはないと思うわ」

 優しい言葉に、エリンは目を丸くする。

「無理など、しておりません」

 それは別に嘘ではなかった。バシリオ・コルティスを葬ってからというもの、皇女が狙われることは無くなっていた。城の中がほぼ安全といえる状況なのも、アーシュラの言うとおりだ。だから、エリンがいつも以上に神経を使う必要はない。

「だったら、何か気がかりでも? わたくしがこんなに一生懸命お話をしていたのに」

「……申し訳ありません」

「別に怒ってないわ」

「以後気をつけますので」

「エリン……」

 アーシュラは気に入らない様子で、しかし怒らず不安げに肩を落とす。

「絶対おかしいわ。お前も……ベネディクトも」

 その名が出た瞬間、エリンの背がぞわりと粟立つ。

「皇子が……何か……」

「お前、もしかして聞いていなかったの? あの子、結婚したって」

「あ……いえ……」

 慌てて取り繕う。

「伺っておりました。その……喜ばしいことであると……」

 実際に、結婚したと言われてもエリンには何の実感も湧かないし、感想の述べようが無い。

「あの子、きっと好きでもない方と結婚をしたのだわ」

「どうしてお分かりに?」

「分かるわよ。様子が変だったし……第一、お相手が、わたくし、会ったことのない方なんだもの」

 愛のない政略結婚など、選ばなくても良かったのに、と、アーシュラは悲しむように言った。

「……皇子が決められたことでしょうし」

「冷たいわ。お前だってあの子の友達でしょ」

「友達……」

 喉をギュッと掴まれたようになって、言葉が詰まる。

「……エリン?」

 手のひらに蘇る、あの感触。少年の小さな心臓に、アーシュラのための刃を押し込んだ。

 あれは、いつかベネディクトが言っていた――彼の友人。

「も……うしわけ、ありません」

 動揺を悟られまいと、どうにか声を押し出す。

「やはり、少し疲れたようです。隣に控えておりますので、何かあれば参ります」

 そして、今まで決して言わなかったような台詞を口にして、エリンは顔を上げずに自分の部屋に入ってしまった。

「ちょ……」

 呼び止めようとする主の声も届かない。扉を閉めて、ひとりきりになった気配に、エリンは深く深く息をついた。

 あの夜、バシリオだけでなく、幼いその息子クーロ・コルティスを手にかけたことについて、エリンはまだアーシュラに話せずにいた。


 ベネディクトが突然結婚をしたことについては、やはり、エリンにはよく分からない。けれど、今夜の彼は確かに今までとは別人のようだった。だとしたら、このひと月あまりで、彼がすっかり変わってしまったということなのだろう。

 かつての彼は、大人たちが集まる華やかな場が苦手で、いつも挨拶を済ませるとさっさと逃げ出していたのに。

 衝撃と絶望に声も無く立ち尽くしていた皇子を、エリンは血と死の中に置き去りにして逃げた。優しいベネディクト。あれから彼がどうしたのかを、想像することは恐ろしかった。

 彼は思ったはずだ。自分がコルティスの屋敷に現れたのは、アーシュラの意思であるのだと。姉が恩人バシリオの排除を命じたのだと。

 アーシュラは彼を分家させた時、その理由を語らなかった。事実を知らせなかったのは彼女なりの真心だった。だから、決して姿を見られてはいけなかったのに。

 バシリオの思惑はどうあれ、ベネディクトはランスからわざわざあの屋敷を訪れるくらいには、あの親子に親しんでいたのだろう。祖父の暴力に耐えていた彼が、嬉しそうに友人ができたのだと話してくれたことは、もちろんよく覚えている。

 今更誤解なのだと弁解は出来ない。アヴァロンを出る日、僕を嫌いになったのかと姉に迫ったベネディクトの疑念に、最悪の形で応えてしまったのだ。

 取り返しの付かないことだ。アーシュラの言う通り、エリンもベネディクトが好きだった。同い年だったこともあり、幼い頃からずっと、本当に友人のように優しくしてもらった。怪我をしたときは心配もしてくれた。彼が家族や臣下の者達を、心から愛し信頼していたことを、知っていたのに。

(皇子……)

 あの夜の出来事を経て、怒るでもなく、悲しむでもなく、あんな風に笑って、貴族たちの中に立つなんて。

 アーシュラには話せない。決して。

 そして、主に隠し事などしたことのないエリンにとって、その秘密は辛い重荷だった。




 アーシュラが夏の時間を離宮で過ごしたいと言い出したのは、弟の結婚を知った日からさほど間を置かずのことであった。

 ジュネーヴからレマン湖に沿って東へ、ヴヴェイという街の郊外に、アヴァロン家の離宮がある。

 遠くアルプスを臨む美しい高原で、代々の皇帝やその家族たちが静かな夏を過ごした場所なのだが、身体の弱かったアーシュラは生まれてから一度も訪れたことがなかった。彼女はそこに、エリンと身近な使用人を伴い、それから、ゲオルグも誘って、出かけることにしたのだ。

「ねぇー……どうして僕はあっちの車じゃないの?」

 身を乗り出して、前を走る黒い車を恨めしそうに見つめつつ、ゲオルグが不満気に目を細めた。

「皇女殿下と使用人が同じ車で移動するわけがありません」

 隣に座ったリゼットに睨まれても、ゲオルグはめげない。

「僕、アーシュラの使用人じゃないし。エリンはあっちに乗ってるよ?」

「エリン様は当たり前です」

「納得いかない……」

「では、ミラノにお帰りなさいませ」

「それは嫌」

 皇女が離宮で夏を過ごすということは、既にニュースとして報じられていた。恋人ゲオルグの存在を公にしていない以上、堂々と彼を連れて移動をするわけにはいかなかったのだ。

「……だったら、離宮の敷地に入るまでは、我慢してください」

 呆れた様子で諭されて、ゲオルグはため息をついて窓の外に目をやる。くっきりとした青空の下、明るい初夏の町並みが流れてゆく。恋人のことで頭がいっぱいのゲオルグは、罪深いことに隣のリゼットが切なげに自分の横顔を見つめていることに気付かない。

 アーシュラはこういう時、どんな顔をするのだろうか。はしゃぐのだろうか、それとも、疲れて眠っているだろうか。車酔いをしていたら可哀想だ。一緒に居たなら、とっておきの車酔い解消法があるから、教えてあげられるのに。

 一度だけ城を抜け出してデートした以外は、アヴァロン城でしか一緒に過ごしたことがないので、ただの移動だといっても、傍に居られないのが口惜しいのだ。

 フットマンの仮装でリゼット達に付いてきたけれど、こんなことなら、運転手に化けておけばよかったと、ゲオルグは心からそう思った。


 短い夏のはじめ、高原の緩やかな斜面は一面の白に覆われる。まるで雪のようだと称されるそれは、もちろん冷たい雪ではなく、可憐な花だ。浅い森に囲まれた丘一つがアヴァロン家の私有地で、この季節は一面の花畑となるのだ。

「まぁ、随分と山が近いわ!」

 車を降りるなり、遠くそびえる山々を見渡し、気持ちよさそうにアーシュラが言った。エリンも周囲を見回し、少し安堵して頷いた。

「とても良い場所ですね。見通しが良くて」

「エリン、そういうのじゃないくて、ちゃんと見なさい」

「……何をでしょうか?」

「まぁ、呆れた。仕方のない子ね」

 アーシュラが呆れた様子で苦笑する。エリンが腑に落ちない様子で首を傾げるので、少女は白い手でまっすぐに空を指す。

「この夏は、一度しか無いのよ」

 言って、彼女は笑うのだった。


 皇女達とほとんど同時に離宮に着いていたのに、何故かリゼットに荷運びを手伝わされて、ゲオルグが解放されたのは到着後、一時間ほど後のことだった。

「アーシュラ!」

 天気も良いし、着いたら一緒に花を見に出かけようと約束していたのだけれど、彼に知らされたのは――

「倒れたって!?」

 疲れたのか、彼女はあっけなく体調を崩し、初めて訪れた離宮で早速床に伏せる羽目になってしまったのだった。

「……大げさよ」

 血相を変えてやって来た恋人に、点滴に繋がれたアーシュラは微笑んだ。ゲオルグの心配をよそに、彼女は案外元気そうに見える。

「大丈夫? 車に酔ったとか?」

「乗り物に酔いそうな時は、歌を歌っていると平気なのよ」

「歌ってたの?」

「ずっとね」

「きっとそれで疲れちゃったんだよ、全く。でもちょっと、聴いてみたかったな」

「何を?」

「君の歌」

「歌ってあげましょうか?」

「今はだめ。はやく元気になって」

 ベッドサイドに腰掛けて彼女の頬に触れる。ぼうっと熱くて、血色が良く見えたのは熱のせいなのだと思った。

「そういや、エリンは?」

「今、ここの建物を見て回ってるわ」

「建物?」

「新しい場所に来ると、一通り回らないと落ち着かないみたいなの」

「猫みたいだなぁ」

「ゲオルグ、あのね、お願いがあるんだけど」

 ひやりと冷たいゲオルグの手に指を絡め、アーシュラは唐突に真面目な顔になって切り出した。

「なに?」

 ゲオルグが気安く答えると、アーシュラは何やら、大切にそうに隠し持っていたらしい、手紙を取り出したのだった。




 翌日。エリンは困惑していた。

 数日寝込んでしまうのではないかと思っていたアーシュラが、翌日には元気に起き出してきて、そして、全くじっとしてくれずに自分を引っ張って、離宮を出てきてしまったからだ。

「そんなに慌てなくとも、こちらには六月いっぱいまで滞在するのですから、何も今日慌てて外出をしなくても……」

「早いほうが良いこともあるのよ」

 一面の明るい緑色に、色とりどりに咲き乱れる初夏の草花。エリンの黒衣は高原の風景には全くなじまず、彼だけまるで別世界の存在のようだ。

「無理をなさると今度こそ長く伏せる羽目になります」

「ならないわよ」

「アーシュラ……」

 心配そうなエリンの言葉に、アーシュラは耳を貸さない。

「エリン、いいから大人しく付いていらっしゃい。ここへは、お前のためにはるばる来たようなものなのだから」

 澄み切った青空に、驚いたエリンの彼らしくない素っ頓狂な声が響いた。

 てっきり、彼女は恋人と二人きりの時間を過ごすために、ここにやって来たのだと思っていた。だからエリンはここでは今まで以上に、主に嫌がられないよう、二人の邪魔にならないように過ごさなければならないと――覚悟していたのに。

「あの……」

「行きましょう」

「ど……どこへ?」

「秘密に決まっているわ」

 澄み渡った青が、遠い山脈の切り立った形を、切り取ったようにくっきりと浮かび上がらせる。

 アーシュラは上機嫌で、弾んだ足取りのまま迷いなくどんどん歩いて行く。

 日差しが強い。こんな時に出歩いて本当に大丈夫だろうかと不安になってしまう。主の気まぐれには慣れているつもりだけれど、一体どこへ行こうというのだろう。

「ああ、見えてきたわ……っ!」

「息が上がっています。もう少しゆっくり歩いて――」

「あれね。カスタニエ家の別荘」

 明るい声で、アーシュラが言った。

 エリンははじめ、その言葉の指し示すことの意味を、全く理解しなかった。そんな家名を、思い出すことすら無くなっていたからだ。

 誰かと会う約束でもあるのか、と、問おうとして初めて、それに気付く。

「あ……」

 エリンの足が止まった。

「あ! やっと来たね!」

 丘の向こうから、二人の姿を見つけたらしいゲオルグが、手を振りながら駆けてくる。エリンは、何が起きているのか飲み込めないまま、ゲオルグの後ろからゆっくりと姿を見せたその人の遠い姿を、呆然と見つめていた。

 風に揺れる短い髪に、背筋の伸びた立ち姿。逆光で、表情は見えない。決して見知った人影ではなかったけれど、なぜか、エリンには分かった。

 あれは――兄だ。

 三歳で別れたきり、会ったことのない兄セルジュ。それはどことなく、遠い記憶の中の父に似ていた。


「ゲオルグ、待たせてしまった?」

「いや、全然。カスタニエ卿の奥様にケーキを頂いちゃったよ。それより君は疲れてない? 平気?」

「大丈夫よ。少し休めば」

「エリン、びっくりしてる」

「ふふふ、そのようね」

 ゲオルグとコソコソと会話して笑い合うと、傍らのエリンをちょっと見て、アーシュラは進み出る。そして、戸惑ったような表情で彼らを見ている青年に、とびきり嬉しそうな顔で、優雅なお辞儀をした。


「お久しぶり、やっと会えましたね。セルジュ・カスタニエ様」

 それを受け、慌ててセルジュは跪き、頭を垂れる。

「……お会いできて光栄です、殿下。ですが……驚きました」

「連絡も無しに突然ごめんなさい。でも、お招きしてもちっとも夜会にはお出ましくださらないのだもの」

「……申し訳ありません」

「お嫌いなのよね、知っています。だから良いのです。お会いできましたし」

「はい……」

 セルジュとアーシュラの文通は途切れること無く続けられており、二人はほとんど顔を合わせることのないまま親交を深めていた。彼が夏の間、家族とともにこの別荘に滞在するのだということも、手紙で知ったことだった。

「セルジュ、お顔を上げてくださいな。わたくしたち、友達同士でしょう?」

「殿下……」

「わたくしのことは、どうかアーシュラと」

 セルジュは少し迷うような素振りを見せたが、やがて立ち上がって微笑んだ。

「分かりました……アーシュラ、お会いできて嬉しい」

「わたくしもです」

 言って、アーシュラはおもむろに振り返ってエリンを見た。

「エリン、こっちにいらっしゃい」

「あ、の……」

「いいから」

 兄の姿を見た瞬間から、一歩も動けないままでいたエリンであったが、有無を言わせぬ主の命に仕方なく従う。

 実家や兄に対して特別に何かを思っているわけではない。けれど、遥か昔の幼い自分が、年の離れた兄をとても慕っていたことは、良い思い出として、今でも憶えていた。

 だからたぶん、会えて嬉しいのだと思う。

 ただ、どんな顔をすればよいのかが、分からないのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます