十五

「断って欲しいだと!?」

 娘の申し出に、リアデンス侯爵は思わず声を荒らげた。ベアトリーチェ・リアデンスは身を縮こまらせ、震える声で、しかしキッパリと言う。

「はい……どうか、今回のお話、お断り申し上げてください」

「馬鹿なことを、相手はアヴァロンの……」

「……分かっています」

 今まで親に逆らったことなど無かった大人しい娘に肝心な所で楯突かれ、侯爵は困り果てた様子で頭を抱える。

「何が不満なのだ……言ってみなさい。これは、こちらから断るような縁談ではないのだぞ? 確かに、殿下はお前より年下ではあるが……」

「あの方に不満があるわけではないのです……優しい方でいらっしゃいました」

「ベアトリーチェ、父を困らせないでおくれ、それならば、受けない理由はないだろう……?」

 なだめるような、すがるような猫撫で声に、ベアトリーチェは首を降った。

「ごめんなさい……お父様、お母様……」

 従順なはずの娘の頑なな姿に、見かねた母親が口を挟む。

「どなたか、好きな方でもいるの?」

 ベアトリーチェは驚いたように顔を上げるが、

「なんだと!?」

 声をあげたのは侯爵の方だった。

「あなた、二十歳の娘ですよ、当たり前でしょう。今までそういう話が少しも無かったことの方がおかしいくらいです」

 侯爵はますます混乱した様子で目を白黒させ、妻と、それから娘を見た。ベアトリーチェは俯いたままピクリとも動こうとしない。侯爵夫人はあくまで穏やかに娘に歩み寄り、その肩に優しく触れる。

「とても急なお話でしたからね。すぐに決められないのも無理は無いのよ、ベアトリーチェ。だけど、何もすぐに断らなくても、もう少し落ち着いて考えてみても良いのではなくて? 急ぐお話ではないとのことですからね。それにもし、あなたに決まった方が居るのなら――」

 娘はギクリと身を震わせ、母の手を振り払った。

「ごめんなさいっ!」

 震える声でそう叫んで部屋を飛び出す。

「ベアトリーチェ! 待ちなさい、ベアトリーチェ!」

 母親の呼びかけを無視して、呆気にとられるメイドの横をすり抜け、一目散に廊下を駆け抜けて、自分の部屋へと逃げ込む。ドアの鍵をかけ、暫くそこでじっと、両親が追いかけてくるかどうか伺っていたようだったが、暫く経っても辺りが静かなままなのを確認する。

「はぁ……」

 ふらりとドアから離れ、鏡台の前に座り……化粧品が入った引き出しを開けると、奥から小さな写真立てを取り出す。

「ああ……私は、どうすれば……」

 苦しげなつぶやきと共に、涙が一粒、フレームの写真を捧げ持つ天使の彫刻の上に落ちる。

「ソランジュ……」

 彼女が見つめる写真の中には、凛々しい乗馬服に身を包み、穏やかな微笑みを浮かべてこちらを見つめる――美しい女性の姿が写っていた。






 十九歳の誕生日を、皇女アーシュラは訪問先のミュンヘンで迎えていた。

 体調の良い時間の長くなった彼女は、今まで全く出来なかった、エウロ各地の訪問に乗り気で、特に孤児院や小児病院の慰問には優先して時間を割くようになっていた。

 ジュネーヴから出ることのなかった皇女のお出ましとあって、訪問先の施設だけでなく、行く先々の街で、アーシュラは大変な歓迎を受けた。街道には人垣が途絶えず、領主達は競って彼女の滞在先を提供しようと名乗り出る。皇女の名を冠した音楽祭を開く街もあった。

 もともと、民衆からの圧倒的な支持を受けて成立したアヴァロン朝である。初代皇帝から三世紀を経た今でも、帝室の人気は高かった。アドルフが頑なにこだわる紫の瞳は、帝位継承の証であるだけでなく、多くのエウロ人にとって、心のよすがともいえるものなのだ。

 誰もが待ちわびた、紫の継承者アーシュラの体質が生まれつき弱いことは、以前からよく知られていることだった。だからこそ、美しく成長した彼女が公に姿を現すということは、それだけで皆を安心させ、喜ばせる出来事であった。

 そうして、とにかくその年の秋は慌ただしく、賑やかに過ぎていた。


「エリン、いつまでウロウロしているの、着替えを手伝って頂戴」

 部屋の周囲をしつこく確認して回るエリンに、アーシュラは呆れたように声をかける。アヴァロン城の外をあまり知らないエリンは、どこへ行っても、いつまでも落ち着かないのだ。

「もう少し、そこで休憩なさっていてください」

 城の中ならば、どこにいても彼女を守る自信があるけれど、一歩アヴァロン城の外に出ると勝手が違う。人も死角も多すぎて、どうしても不安が募った。

「全く、まるで犬か猫のようね、エリン」

「……犬も猫もお飼いになったことは無いでしょう」

「そんなに心配しなくても、何もありはしないって言っているのよ」

「何もないに越したことはありません」

 エリンは窓の外を注意深く観察しながら言った。落ち着かない。アーシュラが旅に出られるくらい元気なのは嬉しいことだけれど、できることなら、一日も早く城に帰りたかった。


 彼女らしい、強気そうな微笑みが、集まった大勢の人の前でひときわ輝く。皇女が街を移動する度、集まる人の数は増えていた。

 生まれついての器のなせる業なのか、同年代の少女と比べると随分小柄なアーシュラだけれど、群衆の前に立つと自然と大きく見えた。彼女が小さく手を上げるだけで、辺りは騒然として歓声に包まれる。とても、静かな城を出たことの無い姫とは思えない、堂々とした振る舞いだった。居合わせた者は、彼女こそ次期皇帝に相応しいと喜び、涙する者さえいる。


 エリンはそんな熱狂の様子を、少し離れた場所から心寒い思いで見つめていた。 帝室の人間は公の場所に姿を見せる時、決して剣を傍に置かない。だから彼らは必ず主人と離れ、兵や人に紛れてその場を見守ることになる。

 そもそも、こういう中での警護は他の兵や地元の警察などの役目なのだ。群衆の中で、エリンが一人でできることなんてほんの僅かのことに過ぎない。

 今の皇帝の力は強い。だから、その庇護をうける皇女に敵対する勢力は居ないとされてはいた。アーシュラも、本当に何の心配もしていない様子で旅を楽しんでいる。

 けれど、それでも、何度繰り返しても嫌な時間だった。

 主の細い腕がやたらと遠く感じられて、どうしようもなく恐ろしい。

「…………」

 気分が悪い。もう、こんなのは早く終わらせてほしい。はやく帰りたい。

 主と離れていると、否応なしに神経が張り詰めていく。手を伸ばしてもアーシュラに触れられない不安が、エリンをより注意深くするのだ。剣の五感は、そのように使うために鍛えられている。

 城にいる時もそれは同じなのだけれど、風の音や、使用人の気配、近衛兵の足音……安全な感じはすぐに分かる。そういうのは無視しても良いものだ。

 けれど、ここはそうではない。話をする者、笑う者、泣く者、手を振る者、カメラを持つ者、人を押す者、立ち去ろうとする者――デタラメに歩きまわる人の動き、大人、男、女、子供……あらゆる話し声。こんな膨大な気配の中で、全てを疑っていると、自分は人ではなく、なのだと実感する。ほんの些細な異変にも、身体が反応してしまいそうだ。無意味に人を傷つけてはいけないのに。


 歓声の中、彼女はまだ集まった人に姿を晒していた。エリンには、一瞬一瞬が引き伸ばされたように感じられる。本当は、こんな風に大勢の前になんて、立たないでほしいのに。

 ああ、アーシュラが遠い。まだ終わらないのだろうか。早く静かな場所へ行きたい。こんな恐ろしい場所は嫌だ。こんな所にいたら、いつか、そのうち、――ああ、そうだ、あんな風に、懐から拳銃を取り出す輩が――

「――っ!!!」

 何かしなければ、と、考えた記憶は無い。それは、思考と結びついた行動ではなかったからだ。やはり少年は刃だった。

 軽い音が、空に響く。

 広場は水を打ったように一瞬で静まりかえる。

「じゅ……銃声だ!」

 誰かがそう言ったとたん、恐怖が波のように伝わっていき、悲鳴と怒号が湧き上がる。集まった人々が混乱に飲み込まれかけた、その、同じ刹那のことだった。

「静まれ!!」

 張りのある、ノイズ混じりの声が響いた。

「心配はいらない。誰も傷ついていない!」

 アーシュラだった。傍に居た警官が持っていた拡声器を取り上げて、元居た場所に立っている。

「わたくしは無事です!」

 沸き上がる歓声、そして、近衛兵に囲まれて、皇女が車へ戻っていくのを視界の端で確認し――安堵と共に二本の短剣を引き抜いた。

 状況に気付いた人々が悲鳴をあげ、蜘蛛の子を散らすように逃げていく。痙攣する男の体から血が噴き出し、手が熱い血でぬめる。ああ、やり過ぎたのだ、と、エリンはようやく理解した。これではこの男から話を聞けない。皇女が、誰に狙われたのかが分からない。

「…………」

 頬が濡れている気がして何気なく触れると、それも、この男の血だった。






「殿下あっ!」

 ノックと同時にクーロの慌てた声が響いて、フォト・アルバムに夢中だったベネディクトはきょとんとして顔を上げた。招き入れると、階段を一気に駆け上がってきたらしい、頬を上気させた少年が部屋に転がり込んできた。

 学校の万聖節休暇を利用して、クーロは何日か前からランスの城を訪れていた。皇子が分家し帝室を出てからも、二人の友情は変わらずに続いている。あれから一度もアヴァロン城を訪れていないベネディクトが、ジュネーヴのコルティスの屋敷へは度々足を伸ばして、クーロと会っているくらいなのだ。

「どうしたの?」

「あのっ、これっ……と、とにかく、ニュースを!」

「ニュース?」

「とにかく!」

 ベネディクトは、状況が飲み込めないまま、急かされるまま画面を覗きこむ。クーロが抱えて持ってきた通信機からは、速報らしいニュースが流れていた。

『繰り返しお伝えします。各地を歴訪中の皇太孫殿下が、今日午前、滞在先のミュンヘンで、何者かによる襲撃を受けました』

「え……!?」

 ベネディクトは苦笑いの表情のまま凍りついた。

「さっきからどこのチャンネルでもこのニュースなんです……」

 クーロが心配そうに言う。

『――現地からの情報によりますと、殿下のお車はすぐに宿泊先に引き返されました。殿下はご無事とみられていますが、詳しい状況はわかっていません。なお、犯人の男はその場で死亡が確認されました。警察が身元の特定を急いでいます。繰り返しお伝えします……』

「姉上……!」

 緊迫したアナウンサーの声が、皇女の襲撃について繰り返し伝えている。

「こ、皇女殿下はご無事とのことですけれど……」

 みるみる青ざめるベネディクトを気遣うようなクーロの言葉だったが、ベネディクトは聞こえていないようで、食い入るように、皇女が訪れていたという現場の映像を見つめていた。

「姉上が、襲われたって……そんな……一体、誰に……」

 テレビニュースはもちろん、彼の問いには答えない。






 部屋に戻り、血に濡れた服を脱いだエリンの背中に、どん、と、あまり重くないものがのしかかった。

「……お戻りでしたか」

「お前とは違う車だったのよね。心配したわ」

「申し訳ありません」

 いつも通り、普通に答えたつもりだったけれど、その声は妙に重たく落ちた。

 皇女の剣として生きることになって十三年。ツヴァイとアドルフが治めるアヴァロンはずっと平和で、エリンが手を汚さねばならないことは無かった。稽古相手の師は強く、殺すつもりでかかっていっても返り討ちに会うことのほうが多い。ずっと、それが当たり前の暮らしになっていたけれど。

「怪我はない?」

「はい」

 こうなってみて初めて、自分がどのようなものなのか理解した気がした。皇女に銃を向けた、あの男の身体は脆かった。知っている通りにやれば、容易く命が消え失せた。三歳から繰り返し教えこまれたあらゆる技術は、まさに人の命を奪うためだけのもので、今はもう、エリンの身体と地続きのものになっている。

 ――あっけない、こんなものか。

 そう思う存在こそが、自分という、つまり、アヴァロンの影の剣なのだ。

「……エリン」

 アーシュラの冷たい指がピタリと腹に張り付いて、背に静かな口付けが落とされる。主は言った。

「血のにおいがするわ」

 優しい声だった。

「離れて下さい」


「駄目よ。あの者の死は、わたくしの背負うべきものだから」

「アーシュラ……」

「……ありがとう。お前に初めて、命を助けられたわね」

 その言葉を聞いて、改めて恐ろしくなった。さっきの男の銃弾がアーシュラを撃ちぬいていたら、今、ここに、この人は居なかったかもしれないのだから。

「帰りましょう、アヴァロンへ」

 珍しく懇願するような色を含んだ声に、アーシュラは笑って首を振る。それから、改めて彼の正面に立った。出会った頃は自分より高くて、いつの間にか同じくらいになり、今では自分の方が随分高くなってしまった目線。伸びない背をいつも気にしていた、美しい、小さな彼の主。

「逃げたりは出来ないわ。待っている人たちの希望になるのが、わたくしの仕事なのだから」

 言って、アーシュラは背伸びをして、返り血のこびりついた頬を撫でる。

「だからお前は、これからもわたくしを見ていてね」

 先ほどまではエウロの民に向けられていた微笑みが、今はエリンだけを見ている。二人で一対のものとして、今だけは自分を。

 守れて良かった。本当に。

「……はい」

 安堵のため息をついた彼の手を、アーシュラはパッと明るく笑って握った。

「では、お風呂に入りましょ」

 いつもの我が儘を言う時の調子に戻って、呆気にとられる従者をぐいと引っ張る。

「お前も一緒によ」

「え?」

 一呼吸置いて、彼女がまたよく分からないことを言い出していることに気付く。

「ちょ……っと、待ってください、どうして……」

「そんな格好では、お前、いつまでも元気が無いでしょう。わたくしが、きれいにしてあげます」

 何となく、子供の頃を思い出した。昔から彼女の入浴の手助けはエリンの仕事だったけれど、幼い頃はよく人形代わりにされて酷い目に遭わされたものだ。

「結構です……!」

 口では抵抗しても、本当に彼女に逆らうことは出来ない。エリンは手を引かれるままについて行かざるを得ないのだった。




 陽の光からすっかり熱の抜けた秋の午後、滞在先で皇女は長い午睡をとる。午前中いっぱいを視察に充てて、その後、毎日のように開かれる夜会までの時間をひたすら眠って過ごすのだ。そうして、体調を安定させていた。

 先日の襲撃事件のおかげで、彼女の周辺警備は普段よりずっと厳重になっていたから、エリンにとっても午後の時間は、静かに休息のできる貴重な時間になっていた。午前中は視察先でいつもより神経を使って過ごしているから、眠っていいとなるととたんに身体が重くなる。束の間の眠りが知らぬうちに訪れ――そして、ふっと意識が浮上すると、自分の髪を弄って遊ぶ、主の指の感触。

「お前の寝ているところ、久しぶりに見た気がするわね」

 言って彼女は、自分も寝起きらしく気だるげに横たわったまま、エリンの髪を編んで遊んでいる。

「……すみません」

 起き上がろうと思ったが、主の手遊びのせいで動けなかった。

「いいのよ。お前もたまにはゆっくり眠れば」

「ご機嫌ですね」

「そうよ?」

「珍しい」

「どうして?」

「……あれからもう二週間以上経ちますが、カルサス様のお名前をろくに聞いておりません」

 城を抜けだしたあの日以来、彼女は恋人に会っていない。普段ならば、会いたいとうるさく駄々をこねられて然るべき時期だ。

「ふふふ、平気よ」

 アーシュラは得意気に微笑むが、その秘密を、実はエリンは知っている。

「文字のやりとりだけではなくて、城に戻られたらお会いになればいい」

「えっ?」

「されますよ。浮気」

「されないわよ!」

 アーシュラはパッと赤くなってそう言ってから、すぐに気がつく。

「どうして知ってるの!?」

 エリンは呆れたように目を細めた。

「気付かないわけが無いでしょう。隠れておりませんから」

 彼女が隠し持っているつもりのものは、小さな通信機だった。城から抜けだしたあの日に、ゲオルグが街で買って彼女にプレゼントしたのだろう。アーシュラは日に何度もそれを触って、たぶん、彼に何やらメールを送っている。隠しているつもりだからと黙っていたのだけれど。

「……見た?」

「何をですか?」

「だから、メール……」

 さすがにそれは見ていない。そんなものを見ても気が滅入るだけだということくらい、エリンだって理解している。

「さあ……」

「エリン!」

「見られて困るようなやりとりをなさっているのですか?」

 とぼけてみると、アーシュラはますます慌てて起き上がると、主の寝台で仰向けになったままの従者を揺さぶる。耳まで赤くなった彼女に、エリンは少し笑った。

「見てませんよ」

「ほ……ほんとに?」

「嘘などつきません」

「ついていたじゃない。気付いてたくせに」

「通信機のことですか?」

「意地悪だわ」

「……邪魔をしてはいけないと思っただけです」

「えっ……」

 エリンの言葉に、アーシュラは少し意外そうに目を丸くした。

「アーシュラに嫌われるのは嫌です」

「お前……」

 こちらを覗きこむ紫の瞳が二三度ゆっくり瞬きをして、

「案外ばかね」

 そして笑う。

「は?」

「うふふふ、まあいいわ。見てないなら」

 アーシュラは機嫌を直した様子でクスクスと笑いながら、起き上がろうとするエリンを押しとどめると、その傍らに細い体を折りたたむように丸くなり、昼寝の続きを決め込んだのだった。


 そうして、未遂に終わった襲撃事件の後も、アーシュラは暫く城に戻らず、体調の許す限りエウロ各地を見て回った。

 それは、彼女にとって生まれて初めての旅だった。ひと目姿を見たいという民衆の希望を、アーシュラは最大限の努力をもって叶え続けた。

 皇女の旅は自治区内だけでなく世界中で報道され、エウロの次期皇帝は人々に愛される美しい姫なのだと、強く印象付けるものになった。

 しかし一方、彼女を付け狙う者の存在も明らかになった。

 ミュンヘンでの事件後、プラハ、ワルシャワと、大都市において、アーシュラは立て続けに暴漢に襲われた。幸い、城の外での身の処し方に慣れはじめたエリンのおかげでどちらも事なきを得たが、その知らせを聞いたエウロ貴族の多くは、長らく刃を差し挟む隙のなかった帝室の威光に、影の差す気配を感じたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます