十二

 一週間経っても、二週間経っても、ミラノのカルサス家にアヴァロンからの連絡は無かった。この間別れた時に、ひどく熱を出していたのがどうしても気にかかる。今度こそアーシュラの具合が悪いのではないかと、ゲオルグは毎日そわそわと落ち着かない。

 彼女の所へ通うようになってから、以前なら喜んで父の仕事に付いて行っていたのに、ここ最近はゲオルグが長くエウロを離れるような航海に出かけることは無くなっていた。

 末っ子で長男のゲオルグは、家を継ぐことをさほど期待されてはいない。家の仕事なら、一人前以上にしっかりした姉達がいる。けれど、少年が楽しそうに父にくっついて旅に出るのを見るにつけ、彼がその気なら家業を継げば良いと、家族は皆おおらかに考えていた。けれど、最近の彼の、明らかに皇女に入れ込んでいる様子は、さすがに母や姉を心配させた。カルサス家は貧しくはないけれど、それでも、帝室の姫――それも、次の皇帝となる人なのだ。身分が違うにも程がある。

 女に囲まれて育ったせいか、子供の頃から女性の扱いが上手く、同年代の女の子から近所のおばさんにまで、幅広く人気者だったし、人が良いせいかちょっと惚れっぽいようなところもある。

 年頃の少年なのだから、女の子と付き合うのはいい。大いに恋愛すればいい。けれど、相手が皇女となると話は別だろう。どうせゲオルグが一方的に傷つくことになるのだから、頃合いをみて止めてやらないと可哀想だ。父親以外は女ばかりの彼の家族は、揃ってそんな風に考えていたのだった。

 しかし、当のゲオルグはそんなことは知らず、アーシュラの具合が良いのか悪いのかすらわからない状況に耐えかね――呼ばれもしないのに、はるばるアヴァロン城を訪れたのだった。



「カルサス様!?」

 約束のない少年は当然門を通してはもらえない。知り合いのメイドを呼んでくれと衛兵に頼み込んで、ようやく会えたリゼットに、ゲオルグは勢い込んで尋ねた。

「殿下の具合はどうなの? やっぱり良くないの?」

 鉄柵を掴んで、少年があんまり必死なので、リゼットは目を丸くして、ゲオルグの顔を見つめる。

「……それをお尋ねに、ここまでいらっしゃったのですか?」

「そうだよ、だって、電話しても教えてくれないし」

「それは、確かに……」

「全然連絡が無いなんて、心配だから。大丈夫なの?」

「…………」

 リゼットが黙りこむと、ゲオルグは青くなる。

「黙らないでよ」

「少し、お待ちください。午後のお休みを頂いて参ります」

「え?」

「こんな所で込み入ったお話は出来ません」

「わ、分かった……そうだよね、確かに」

 予想より優しいリゼットの応対にゲオルグは少し面食らったが、支度をしてくるから待っていろという少女の言葉に、素直に従うことにした。

 門の前で待つこと三十分ほど。やがて、リゼットが現れた。衛兵に何やら話をしてから、ゲオルグの方へ歩み寄ってくる。初めて見る私服姿だ。

「へぇ、お仕着せ以外も着ることあるんだ」

「……当たり前です」

「そっかぁ、可愛いね」

「……」

「睨まないでよ、怖いなあ」

「参りましょう」


 二人は、いつもはゲオルグの帰路である旧市街の坂道を下り、そこからいつもと違う道に入って、人影のまばらな喫茶店に腰を落ち着けた。

「あの方のご様子ですが……」

「う、うん」

 飲み物が運ばれてくるなり、前置きなしに本題を切り出すリゼットに、レトロな店内の様子を見回していたゲオルグも、パッと表情を変えて座り直す。

「確かにあまり良い状態ではありませんでした」

「そ……そうなんだ、やっぱり……あの日、すごい熱だったから、心配してたんだよ……」

 コーヒーカップを両手に持って、ゲオルグはしゅんとして肩を落とす。リゼットは、そんな少年の様子を、表面上は難しい顔で観察していた。

「……小さいころから、身体弱いって言ってたよね。こういうこと、珍しくないの?」

「はい」

「いつも元気だったのに……」

「……この一年の健康状態が、あんなに安定していらっしゃったのが、珍しいくらいなのです」

「…………」

 生まれてこの方、病気なんて風邪くらいしか知らないゲオルグには、身体が弱くて普通の生活すらままならないような、そんな暮らしは想像も出来ない。しかも、彼女は想い人なのだ。どうしても余計に心配で、余計に可哀想で、つまり、ここでこうしてのんびりコーヒーを啜っているなんておかしい。好きなのに。

「お見舞いくらい……少しでもさ、会えないかな?」

「無茶を仰らないでくださいまし」

「うう……」

 ゲオルグは情けない声を上げてテーブルに突っ伏してしまった。

 エリンは――彼は今頃、アーシュラの傍で彼女の看病をしているのだろうか。

 彼はあくまで彼女の従者で、しかも、あの左目の色を見る限り、おそらくはアヴァロン家の縁者だ。

 親戚ということなら、ライバルにはなり得ない。たぶん。

(でも、貴族って縁者同士で結婚したりするしなあ……いや、あれ、そうじゃなくて……ライバルって何だよ、僕が皇女殿下とどうにかなれるとでも?)

 近所の女の子を好きになるのとはわけが違うのだ。多少仲良くなったとしても、早合点してその気になるのは間違いだ。分かっている。

 だけど、それでも、せめてひと目会いたい。そう思ってしまうのは自然なことだろう? だから、今彼女の傍に居るであろうエリンの顔を思い浮かべると、嫉妬でどうにかなってしまいそうなのだ。

「そんなに、会いたいですか?」

 どことなく、思いつめたような声が落ちてきた。顔を上げると、リゼットが怖い顔でこちらを見ている。

「そりゃあね」

 短く答えると、リゼットはキリッと太い眉根を寄せ、低い声で言った。

「……では、会わせて差し上げます」

「えっ!?」

 意外過ぎる台詞に、少年は勢いよく身を起こす。

「ホントにっ!?」

 今すぐ城へ走って行ってしまいそうなゲオルグに、リゼットは少し笑った。

 ――本当はそれは、とても切ない笑顔であったのだけれど、彼女の主人への献身は、浮ついた想いを上手に隠してしまう。だから、ゲオルグには分からない。

「落ち着いてください、カルサス様。今日これからすぐに、というわけではございません」

「じゃあ……いつの話?」

「殿下は……ここ最近ようやく快方に向かわれております。回復を待ってから、久しぶりに大勢お客様をお招きしての夜会が開かれることになっております。招待客リストを管理しているのはち……その、知っている者ですので、カルサス様のお名前を追加してもらうよう、頼んでみれば……」

「……頼んでくれるの?」

 堅物のリゼットが、随分と大それた不正を持ちかけている。ゲオルグは目を丸くして言った。

「嬉しいけど、それ、君に迷惑をかけない?」

 心配そうなゲオルグを、リゼットは睨む。

「そのようなお気遣いは無用です」

「そういうわけにはいかないよ。そりゃ、殿下には会いたいけど、そのせいで君が怒られたりするのは本意じゃないし……」

「そもそも、カルサス様ではなくて、殿下のためにすることです」

 少女は力を込めて言った。そして、まだ口を挟もうとするゲオルグを目で押しとどめる。

「……大丈夫です。リストの管理はその……父がやっておりますし、頼めば話は聞いてくれます」

「それ……本当に?」

 真面目な顔で見つめられて、リゼットは少し困ったように頬を赤らめ、目を伏せて小さな声で言った。

「お役に……たてますか?」


 とはいえ、夜会などと言われても、ゲオルグはマナーも知らないし、ダンスだってやったことがないし、社交界向きの衣装だって持っていない。形だけ紛れ込めればそれでいいとはいえ、浮きすぎるとアーシュラに会うことが叶わないかもしれない。心配したリゼットが助ける形で、二人はそのままジュネーヴの街に買い物に出かけることにした。

「うわ、燕尾服ってこんなにするんだねぇ」

 ほとんど貴族専門の、ドレスや燕尾服を専門に扱う仕立屋に入って、既成品の値札を覗き込んでゲオルグが言った。

「既製服ならば時間もかからず、安価だと思ったのですが……それ、お高いのですか?」

 街での暮らしを知らないリゼットは、不思議そうに言う。

「んー……まぁ、そりゃ、僕のお小遣いでポンと買えるものじゃないよね。でも、あー、生地は、こっちのほうがいいかな……って、うっわぁ、やっぱり高い」

「買うのはやめておきますか?」

「ううん、まあ、どうにかするよ。このくらいは」

 彼女に会えるなら、と、ゲオルグは張り切っていた。そして、商人の子らしく妙に細かい所を気にして服を選ぶ。

「まあ、いらっしゃいませ、かわいいカップルね、お嬢様、ドレスはいかが?」

「えっ?」

 ゲオルグの横顔をじっと見つめているところを、背後から近寄ってきた店員に声をかけられ、リゼットは飛び上がるほど驚いてしまう。

「わ、わた、私は、付き添いですのでっ……今日は、こちらが、夜会用の衣装を購入される予定で……っ」

「あら……」

 店員はきょとんとして、けれどすぐにニッコリと微笑む。

「じゃあ、合わせるだけでも。彼、真剣みたいだから、待っている間退屈でしょう? 夏用の素敵なサンプルが沢山届いているから、ぜひ着てみてくださいな」

「え……」

 女が指さした先にズラリとかけられた、色とりどりの美しいイブニングドレスに、少女の心は容易く動いた。


 その後、品定めに夢中だったゲオルグが、注文する夜会服を決め、色々とサイズを測って注文をし終え、さっきリゼットがいた(と思う)所へ戻っても、彼女の姿は無かった。キョロキョロしていると、先刻の女の店員が無言でニコニコと手を降っている。どうやら、彼女はこちらだと合図しているらしい。

「リゼット、待たせてごめんねぇ、やっと決まった――」

「ひえっ!」

「え?」

 素っ頓狂な叫びが聞こえたと思ったら、衝立の向こうに、エメラルドグリーンのドレスを纏ったリゼットが立っていた。

「えっ、あ、そ、そのっ! これはっ! ちが……!」

 真っ赤になって何か言い訳をしようとしているが、この少女はこういうサプライズに弱い。まともな台詞にまとまらない。

「へぇ、似合うね」

 ゲオルグはあっさり褒める。彼は口が上手いけれど、別にお世辞を言っているつもりはないのだ。

 リゼットはまだ幼いが、スラリと背が高いし、立ち居振る舞いはさすがに帝室仕込みだけあって、見事に淑女然としている。明るい色のドレスは彼女の髪と目の色にも良く映えた。

「とっても素敵でしょう、彼女。ドレス、着たことがないなんて言ってたけれど、全然上手に着こなして、これならいつでもデビュー出来るわね」

「うん。本当にそうだね、とっても素敵だよ」

「な、な、な、何を、仰るのですか……」

「褒めているんだけど」

「褒めなくて結構ですっ!」

 長い腕を振り回して、こっちを見るなと言いたいらしい。よっぽど褒められ慣れていないのか、大げさな素振りで必死に否定する。その様子があまりおかしいので、ゲオルグは笑いを堪えながら言った。

「どうしてさ、ほら、そこでクルッと回って見せてよ」

「いっ、嫌です!」

「あははは、照れなくてもいいじゃない」

「馬鹿を仰らないでくださいまし、照れてませんッ!」

 からかわれているとでも思ったのだろうか、リゼットは終始目を白黒させて抗議していたけれど、彼女が本当に気を悪くしているわけでないことは、その表情を見ていれば分かる。

 やがて、店員がなだめながらドレスの説明を始めると、しおらしくなって話に耳を傾け、美しい衣装に身を包んだ自分の姿をチラチラと鏡で見て……嬉しいような、恥ずかしいような複雑な表情で、自分と、それから、想いを伝えるつもりのない片想いの相手を見るのだった。






 日没の遅い夏は、夜になっても外は淡い藍色に包まれている。

 アーシュラは、ぼんやりと寝台に横たわったまま、子供っぽい寓話の本をエリンに読ませていた。淡々とした低い声が、静かに物語を幸せな結末へと導いていく。目を閉じてその声に耳を傾けていた皇女が、ふいに瞼を上げたのを、エリンは見過ごさず、気を取られたせいで言葉が途切れた。

「……夏の夜は、青くて綺麗ね」

 皇女は続きを急かさず、ぼんやりと窓の外の群青を眺めて言う。エリンはハッとした様子で本を置いた。

「殿下、目が……?」

「だいぶ良くなったみたい。本は読めないけど、空の色くらいならわかる」

 ひどく体調を崩した時、時折アーシュラの残された左目は、いつかのように暗闇を得る。けれど、彼女はもうそのことに恐怖するような素振りは見せなかった。

「近くに来て、顔が見たいわ」

「良かった……」

「ずっとこんな、心配そうな顔をしていたの?」

 光るような白い指が、エリンの頬を確かめるようになぞる。

「当たり前です」

「不思議ね、わたくしは、全然怖くないのよ。こんな美しい夜を、もう見られなくなるかもしれないというのに」

「アーシュラ……」

「だけど、無事生き延びられたみたいだから……あとまだもう少し、生きていたいわね」

 悪戯を成功させた子供のように、少女は笑う。


 エリンは、苦しげに目を細めて、伸ばされていた指を握った。

「……あなたは大丈夫です。決して死なないし、目だって……」

 それは彼の望みだ。彼女が居なくなった時、他の誰よりも孤独になるのはエリンだから。だけど、彼の主は決して気休めを口にしない。その代わり、彼女はうっとりと太陽の名残の青を見つめて、口を開く。

「わたくしね、夢があるのよ。とても、大きな夢」

 おとぎ話の台詞のように、甘やかな声にはまるで現実味が無い。

「好きな人と結ばれて、世界一幸せな花嫁になるわ。それから、子供を産みます。男の子でも、女の子でも構わないから、沢山欲しいわね。家族を作るのよ。ふふ、」「アーシュラ……」

「わたくしの子は、お前の子も同じだから、忙しくなるわよ?」

「苦労が増えそうだ」

「楽しいわね」

「……あなたらしくない」

 優しい口調で、エリンは言った。

「そのような言いようでは、まるで、叶わない夢のようだ」

「だって、奇跡が起きなくては、叶わなくてよ」

「奇跡とは?」

「好きな人が、わたくしを好きになってくれるっていう、奇跡のことよ」

 声はか細く頼りなく、確かに彼女らしくない。

「愛される自信がおありでない?」

「ないわよ! そんなの」

 情けない声を上げるアーシュラに、エリンは珍しくニコリと笑った。

「大丈夫です。あなたの願いは叶います。私が、叶えます」

「エリン、お前……」

 アーシュラは目の前の笑顔に微笑みを返さず、どこか戸惑うような表情で、エリンのサラサラした金糸のような髪を撫でる。

「泣いているみたいに笑うのね、お前は」

 子供の頃からいつだって、従者の何もかもをお見通しだった彼女が、この時、エリンの心の内を知っていたのかどうかはわからない。

「……昔からこうですよ」

 そう言ってはぐらかしたエリンに、アーシュラはそうだったかしらと応じて、それから、ゆっくりと目を閉じた。


 そして、アヴァロン城で久しぶりとなる、皇女主催の夜会が開催された。帝室としては、皇太孫の健在ぶりを広く知らしめるための会であり、アーシュラ個人としては、ハミルトン公爵となった弟ベネディクトを招き、和解の糸口を探りたい心もあっての会であったのだが――ベネディクトは、姉の招待に応じなかった。

 それは結果的に、集まった貴族たちに対し、彼ら姉弟の不仲の噂を流すことになってしまったのだけれど――アーシュラはそれについては意に介さない様子で、ただ、弟が来てくれなかったことだけを嘆いた。

 大広間で招待客にひと通りの挨拶をすませ、皆がそれぞれ会話やワルツに興じ始めた頃、アーシュラは広間を退席する。本当の理由は彼女の休息のためであるのだが、来客は皆、皇女の眼鏡に適うダンスの相手が居ないせいなのだと理解していた。

 皇女も十八歳。いつ縁談が決まってもおかしくない年頃だ。

 彼女の心を射止めることが出来た者は、間違いなく、ここ暫くのエウロ貴族界最高の成功者となるだろう。身体の弱い皇女が帝位についた後は、間違いなくその夫が摂政として補佐を担うことになるだろう。言葉にはしないものの、皆そう思っていた。



 やがて、広間はすっかり和やかな雰囲気になり、はじめは格式張ったクラシックがメインだったダンスの選曲に、最近サロンで人気のある流行曲などが選ばれ始める。

「えー……っと……」

 着慣れない夜会服に身を包んだゲオルグは、情けない顔で人気の無い回廊をウロウロと歩き回っていた。リゼットの手引きで招待客に紛れ込んだはいいけれど、何かと手間取ってしまい、こんな時間になってしまったのだ。

「殿下、どこにいるんだろう……」

 広間のどこを探してもアーシュラの姿が見えないので、仕方なく廊下に出てきていた。当然ながら、客に知り合いはひとりも居ないし、こういう所に来て、どんな風にしていれば良いのかなんて分からない。せめて、リゼットに会えればどうにかなるような気がするけれど、彼女すら見当たらなかった。

「もう少し段取りを聞いておけばよかったかなぁ……」

 今更後悔しても遅い。こんなに苦労して、リゼットに無理をさせてまで夜会に潜り込んだのに、このままでは、アーシュラにひと目も会えずにパーティがお開きになってしまうかもしれない。

「殿下、体調を崩して欠席とか、そういうんじゃなければ、良いんだけど……」

 会えないならば、せめて自分が貴族でないとバレて、リゼットに迷惑をかけるようなことだけは避けなければいけない。ここは、それらしくしてやり過ごさなければ、と、決意を別の方向に固めようとした時のことだった。

「……カルサス様」

 どこから聞こえたのかは分からなかったが、声の主はわかる。エリンだ。

「エリン!?」

 ゲオルグが名を呼んだのと、エリンがどこからともなく廊下に降り立ったのとは、だいたい同時だった。

「探しました。何故こんな所をうろついておられるのです」

 どことなく責めるような色を含んだ台詞に、ゲオルグはきょとんとして返す。

「探してたって、僕を?」

「……クヴェンから、お越しになると聞きました」

 クヴェンというのは、リゼットが言っていた、彼女の父親のことか、と、納得しながら、なるほど、と返事をしようとして気付く。

「じゃ、じゃあ、殿下も僕が来るって――」

「お伝えしていません」

 無表情で返されて、ゲオルグは大げさに残念そうな声をあげ、うなだれた。エリンはその様子を冷たく見下ろしていたが、ふいに、きつい眼差しのまま言った。

「会いたいですか? アーシュラに」

「……当たり前だろ、そうでなきゃこんな無茶はしないよ」

 ゲオルグはムッとして、突っぱねるように言う。

 リゼットの助力を受けたとはいえ、今日はアーシュラに招かれて来たのではなくて、自分で彼女に会いに来たのだ。ここまできてエリンに頼るのは、癪なような気がしていた。

 そんなゲオルグの気持ちを知ってか知らずか、エリンは少しの間黙りこんだが、やがて踵を反して歩き始める。

「こちらへ」

「ちょっ……」

 ついて来いと言っているのはわかる。けれど、

「べ、別に、君に何も頼んでなんか……!」

「頼まれた覚えはありません」

 エリンは、忌ま忌ましそうにゲオルグを見る。

 例えるならば、まるで不機嫌が服を着て歩いているかのよう。何だか最近は、明らかに嫌われているような気がするなと、思うとなしに思う。けれど、エリンの言葉は意外なものだった。

「……会うべきだから。あなたは」

「え……?」

「だから……お願いします、カルサス様」

 エリンは、ゲオルグに背を向けたまま、感情の見えづらい声で呟いた。



 華やいだ気配が、音楽とともにバルコニーへと流れてくる。はしゃぐとすぐに疲れきってしまうアーシュラは、こんな風に静かにパーティの気配を楽しむのが好きだった。

 軽い椅子を持ちだして腰を掛け、片方しか見えない目で、明るい夜を見ている――と、広い死角に人の気配を感じ、ふわりと微笑む。先程から姿の見えない従者が戻ってきたのだと思ったようだ。

「広間の様子はどうだった?」

 鈴のような声が、優雅な室内楽にのって響いた。

「……慣れないので、どうしようかと思いましたよ」

 ようやく声を聞けた感動を押し殺し、冗談めかして少年は言った。

「えっ……」

 声を聞いて初めて、そこに立っているのがエリンでないと理解したらしいアーシュラは、驚きに言葉を詰まらせて立ち上がった。豪華なドレスの裾が引っかかり、椅子が倒れる。

「こんばんは、殿下」

「ど……して、ここ、今日、ゲオルグ……」

 大きな目を見開いて、何だか支離滅裂なアーシュラに、ゲオルグは思わずクスクスと笑う。エリンにああ言われたとはいえ、不意打ちで訪問して、しかも私室のバルコニーだなんて、さすがに怒られるんじゃないかとドキドキしていたのに……そんなのが何となく、馬鹿らしく思えてしまった。

 アーシュラが、外から見ても分かるほど、嬉しそうな顔をしてくれたからだ。

「会いたかったから」

 微笑みを引っ込めて、少し真面目な顔で、けれど迷いなく。

「忍び込んでしまいました」

 そして、改めてニコリと笑う。アーシュラは、夢をみるような表情でその台詞を聞いて、そのまま黙りこんでしまった。

 いつもはか細い身体に似合わない大胆な冒険家なのに、今夜は気弱な子猫のように小さくなって俯く。けれど、もうゲオルグから見れば、彼女のどんな所作も、表情も、奇跡のように美しく、可愛らしく思えるのだ。

 そして、ずっと雲の上の存在だったこの人に、今夜はこんなに近い。

「具合が悪いって聞いていたから、心配で。大丈夫ですか?」

「……大丈夫よ」

「うん。そう見えます……良かった」

「そのっ……ゲオルグ、あのね……わたくし、元気になったらすぐ、連絡をしようと思っていたのよ? ほら、寝込んでるなんて報告したって、つまらないでしょう?」

 手を伸ばせば、呆気無く触れてしまえそうな距離で、アーシュラは何だか慌てている。照れているのだと、普段のゲオルグであればすぐに気がついたはずだけれど、舞い上がっているせいで今夜はそこまで気が回らない。

「そんなことはない!」

 だからそう、真面目な顔で言った。抗議するような色を帯びた声に、アーシュラは驚いて顔を上げる。

「つまらなくはないです……殿下のことなんだから」

「え……」

「せめて、連絡くらい」

「…………」

 ふと、言葉が途切れた。いつの間にか広間の音楽も止んで、二人の間に、沈み込むような沈黙が訪れる。お互いの気持ちを伺うように、控えめに見つめ合う二人を、月の光が照らしていた。

「……もう、暗闇も、静寂も、死すらも、怖くはないと思っていたのに」

 やがて、独り言のように、アーシュラが言う。

「あなたに会うとだめね、ゲオルグ」

 そして、はにかむように微笑んだ。

「あなたの顔が見たい。声が聞きたいの。生きていたいと思ってしまう」

 紫水晶の瞳が潤んで、光る水面のように月光がたゆたう。そして、少女はもう迷わなかった。

「あなたが好きよ」

 世界が震え、愛の言葉が届く。 


 夢にも思っていなかった告白だったのに、聞いてしまうと、ゲオルグは驚かなかった。なぜなら、自分と彼女にとって、それはとても、とても自然なことのように思われたから。

 そうだ。――そうなのだ。

「……やっぱり、運命はあるんだね、殿下」

 これで正しいのだ。僕たちは。

 手を伸ばして、細い指を掴む。

 そっと握ると、少女の指先は、戸惑うようにギクリと強ばった。いつもはあんなに堂々として偉そうなお姫様なのに、これはなんとも、初心すぎる反応だ。ゲオルグは可笑しそうに笑う。

 それを見たアーシュラが何か、おそらく抗議めいた台詞を口にしようとしたのを遮るように、掴んだ手を引き、傾いた軽い身体を思いきり抱きしめた。

「僕も好きです、大好きです。アーシュラ」

「……!」

 想いが通じる、奇跡の音が聴こえた気がした。

 腕の中で、薄い肩が上下して、彼女が呼吸をしている。たったそれだけのことに、気が遠くなるくらい幸せを感じた。

 彼女ほど世間知らずではないと自負するゲオルグだけれど、こんな風に異性を好きになったのは初めてだった。

「……僕はきっと、君に出会うために生まれてきたんだ」

 柔らかい髪の甘い匂いに、頭の芯が痺れるような。

 優しい夜風が、再び広間に流れ始めた音楽を、二人の元へと運んでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます