半年の月日が流れた。

 長い冬が終わり、アヴァロンに再び、美しい花の季節が訪れていた。


 昼下がりの私室で、静かに読書をして過ごしていたアドルフの元に、ひらりと舞い降りるように白い剣が姿を現す。

「今日も来ているようですね、あの少年は」

 皇帝は顔を上げず、物語の続きを追っていたが、ツヴァイの言葉に、そうか、とだけ返事をした。すると、剣は微笑んだまま、開け放たれた窓辺に歩み寄り、眼下の花畑に遊ぶ子どもたちの方に、飾りのついた耳をそっと傾ける。

「何を話しているか、気になりませんか?」

 彼の、耳を隠すような不思議な形をした飾りは、アクセサリーではなく、高性能の集音器である。かつて、剣としての戦闘能力に劣ったツヴァイのために、彼の師でもあった、もう一人の剣アインが贈ったものだ。狙った方向の音を、かなり遠方まではっきりと拾うことが出来る。

「要らぬ。好きにさせればよい」

 アドルフは、呆れたように顔を上げた。

「姫があの少年に心を奪われても良いと?」

「誰に惚れようと、アーシュラが無事で、健康ならばそれで問題はなかろう」

「寛大ですね。珍しい」

「気をかけねばならぬことを選んでいるだけだ。ツヴァイ、馬鹿なことをしていないで、こちらへ来い」

 冬の間姿を見せなかった少年が、再び城に出入りするようになると、皇女の体調は目に見えて良くなっていた。

 それが本当にゲオルグのおかげであるのかどうかは分からないが、少なくとも皇女本人は、彼が遊びに来てくれれば自分は元気でいられるのだと、そう思い込んでいるようだ。

「では、皇子の新しい友人についても、お許しになるので?」

 アドルフの機嫌が良いのを見計らって、ツヴァイはもう一つの話題を切り出す。こちらは、冬の間もクーロに会いにコルティス家に頻繁に出向いていた、ベネディクトのことだ。

「……アレのことは、どうでもよい」

 紫の目を伏せて、皇帝は重く呟いた。

「臆病ですね、アドルフ」

 言葉とはうらはらに、ツヴァイは主に、気遣うような眼差しを向けて言った。

「うるさい。とにかく……余には関係のないことだ」

 言い捨てて、皇帝は本の世界へと逃げる。顔を合わせれば苛立ちのまま暴力を振るってしまう、青い目の皇子のことを、彼が本当は愛したいのだろうということを、剣はもちろん知っている。知っているからこそ、皇子を哀れに思いながらも、アドルフを責めることは決して無いのだった。





「こっちこっち、見て、ゲオルグ!」

「本当だ、こういう可愛い感じの花畑もあるんですね」

 可憐な花が咲き乱れる春の小道を、アーシュラが笑いながら駆けてゆく。

 彼女は疲れやすいし、視界も狭いので、日ごろは元気でも出来るだけ走らないようにしているというのに、そんなことは忘れているようだ。久しぶりにゲオルグが顔を見せたことがよっぽど嬉しいらしい。

 いつもなら、走るなと小言を挟む従者が居るのだけれど、今日はなぜか、エリンの姿は見えなかった。

「ふふふふふ、まるで、どこかの山のお花畑みたいでしょ、わたくしがお願いして、作ってもらったのよ」

 得意げに言って、クルリと回ってみせる。金の髪と、フワフワしたドレスの軽い生地が、柔らかい風のように広がって、まるで春の妖精のようだ。

「ここのお花の名前なら、わたくし、全部知っているの。どんな風に花が枯れて、種がなるのかもよ、すごいでしょう、ねぇ」

 長い睫毛に飾られた、この庭のスミレのような紫の瞳がキラキラ光って、ゲオルグを見ている。ヒラヒラとよく動く手のひらは白く、スッと伸びた腕はどきりとするほど細かった。

「……それは、すごいな」

 すっかり見とれていたらしい少年は、ようやくそれだけ口にする。

 もう今年は十八歳になるというのに、時を拒絶しているかのように幼く見える皇女は、その容姿どおり世間知らずで、だからこそ信じがたいほどに美しい。ゲオルグは、数カ月ぶりに会ったこの夢のような人を、言葉少なに見つめていた。

「今日はねえ、わたくし……」

 気持ちの良い風に髪をなびかせながら、アーシュラは少し迷うように口を開き、数歩少年に歩み寄ろうとした。気に留めるようなところの無い何気ない所作、美しく手入れされた小道には躓くようなものは無い。けれど――

「――――っ」

 唐突に少女の身体がぐらりと傾く。

「あっ……!」

 何が起きたかと思うより先に、少年は手を伸ばした。咄嗟に腕を掴んで引き寄せる。次の瞬間、綿が詰まっているんじゃないかと思えるくらい、軽くて柔らかい体が彼の腕に収まった。

「え……あ……っ、と、その……」

 ゲオルグは狼狽する。彼女の身体に触れたのはこれが初めてだった。

「す、すみません、つい……」

 無礼な振る舞いをしてしまったと思ったらしい。少年はすぐ彼女から離れようとするけれど、アーシュラはぼんやりと彼の顔を見つめたまま、赤子のように身体の力を全部抜いてしまっていて、手を離すと崩れ落ちてしまう。だから、離れることはできなかった。困った顔の友人に、アーシュラはふわりと笑う。

「ゲオルグ、わたくし、決心がついたかも」

「え?」

「あなたに、わたくしの秘密をひとつ、教えてあげる」

 言葉の意味が分からず、ゲオルグは首をかしげる。皇女は、自らのふたつの紫のうち、見える方の一つを指した。

「こっちの目、隠してみて」

「何を……」

「いいから」

 訳の分からない命令に、少年は皇女を支えたまま、おずおずと従う。

「こう、ですか?」

 エリンの手とは少し形の違う、大きな手のひらは暖かい。アーシュラは微笑んだままで、ほうと息をつく。

「ええ。真っ暗ね」

 片方の目は、ゲオルグの顔を見ているのに。何を言っているのだろうか。少年がそう言いたげなのを見越したように、アーシュラは続けた。

「見えないの。あと、耳もね、わたくしの世界は、半分だけ」

「え……」

「ずっと、言えなかったの」

「どうして……」

「あなたに、わたくしが普通じゃないって、思われるのが嫌だったからかしら」

「殿下……」


「びっくりした?」

「それはまぁ……驚きます」

 片目を塞がせたままで、アーシュラはゲオルグの声を聞いた。彼女なりに、不安だったのだ。彼の顔を見るのが。

「だけど殿下、違いますよ、たぶん」

「何が?」

「あなたの世界です。半分じゃないでしょ。全部見えても、半分でも、きっと……見えてなくても、消えて無くなるわけじゃないんだから」

「見えなく……なっても?」

「楽観的すぎるかな」

「……ううん、そんなことはないわ」

 言って、アーシュラは身体を起こした。それから、少し眩しそうに空を仰ぐ。

「良かった。ちょっと安心したわ」

「……僕は、エリンがいつも、あなたに走るなと言っている意味がやっとわかりましたよ」

「エリンは大げさなのよ」

「そんなことはない、これからは僕も言いますよ」

 苦笑するゲオルグに、アーシュラは不満気な声を上げるが、少年は駄目ですよと念を押した。

「お顔に怪我でもしたら大変でしょ」

「しないわよ、気をつけてるし、もう随分慣れたもの」

「今さっき転んだくせに」

「……わざとよ、わざと」

「へぇ」

「もう!」

 そして、花畑の真ん中で、二人で笑った。





 日没が来てゲオルグが城を出るまで、エリンは彼らから少し離れた、けれど二人の様子がよく見える木の上に腰掛けて、黙って見守っていた。

 二人はずっと仲良く話をしたり、散歩をしたりして時間を過ごしていた。アーシュラが転びそうになったときは、思わず出ていこうかと思ったけれど、きっと、絶対、後で怒られるだろうと思って我慢した。

 今まで、ゲオルグが来る時もいつも一緒だったのに、今日に限ってアーシュラの傍を離れたのは、彼女に頼まれたからに他ならない。ゲオルグが帰るまで寄ってくるなと、きつく申しつけられたのだ。

「…………」

 それで、こうして、木の上に隠れて二人を観察している。

 主人の命なのだから、従わない選択肢はないのだけれど、何故だか、得体のしれない不満を感じていた。二人が話している内容が妙に気になって、師の『耳』を借りてくればよかったと後悔したりもした。

 エリンには分からない。アーシュラがあんなに嬉しそうに笑っているのに、どうして自分は嬉しくないのだろう。こんなことは今まで無かった。自分にとっては、彼女が世界のすべてなのだから、アーシュラが嬉しいことが、自分の歓びであるはずなのに。

 自分が、剣として不適格な人間になってしまったような気がして恐ろしい。他のものには決してなれないのに。

 何となく、ゲオルグと別れた後もアーシュラの視界に入ることが憚られ、姿を隠したまま、彼女が自室へ戻っていくのを確認して、それから、石の廊下に音もなく降り立つ。

「エリン?」

 彼を呼ぶ声がしたのは、その直後のことであった。

「一人なんだ、珍しいね」

 にこやかに話しかけてきたのは、ベネディクトだった。

「姉上は?」

「今、部屋に戻られたところです」

「今日もあの……なんて名前だっけ、商人の……」

「ゲオルグ・カルサスのことですか」

「ああ、そんな名前だったね」

「彼がどうかしましたか」

「いや、ちょっと、姉上が心配で……だってほら、今までこういうことって無かったから、さ……」

 ベネディクトは言いよどむ。要するに、どこの誰とも知れない平民が姉に頻繁に会いに来るという状況が不安なのだろう。

 城に平民が度々招かれることなんて、そう前例の無いことだ。アドルフが口を挟まないため城内の誰も表立って異論を唱えることはなかったが……城で妙にのびのび過ごすゲオルグのことを不審に思う者はおそらく、皇子の他にもいる。

「殿下が彼を気に入っておられますので」

「そうなんだろうけど……どんな人?」

 恐る恐る尋ねるベネディクトに、エリンは少し考えて言った。

「明るい方ですよ」

「ふぅん……」

 ベネディクトは腑に落ちない様子で曖昧な相槌をうった。

 エリンは、小さい頃から姉のことが大好きな皇子の心中を何となく察し、珍しく自分から話題を変える。

「殿下、最近は頻繁に外出されていると伺っていますが、城外に何か楽しみでも見つけられたのですか?」

 話題の選定は正解だったらしい。ベネディクトはパッと表情を明るくして顔を上げた。

「ああ、うん、そうなんだよ。僕、友達ができたんだ!」

 皇子はにっこりと笑う。

「ご友人……ですか」

「そうだよ、クーロっていってね、僕よりちょっと年下なんだけど、彼もバードウォッチングが好きで、この間は一緒にレマン湖に白鳥を見に行ったんだ」

「ハクチョウ……」

「エリンは見たことない?」

「……城の池には居ないのでしょうか?」

「アヴァロン城には来ないね。でも、麓のレマン湖には冬になると沢山やって来るんだよ。大きくて、白くて、首が長くて、とっても優雅な鳥なんだ。クーロは、とても近くで観察できる場所を知っていたんだよ」

 城内でベネディクトが、こんな風に嬉しそうな顔で話をしているのを見るのは久しぶりだ。エリンにとって彼は、唯一の友人ともいえる存在であったから、ベネディクトが元気なのは、単純に喜ばしいことだ。

「それは……良かったですね、殿下」

「うん!」

 アドルフの癇癪は、一時のように頻繁ではなくなっていたものの、今も無くなったわけではない。今だって、ベネディクトが顔を腫らしてすすり泣く、辛い夜が時折訪れる。誰も救いの手を差し伸べられないのだって、変わっていない。

 けれど、少なくとも、今のようにベネディクトが怯えた顔で過ごさずに居られる時間があるということは、とても、良いことのように思われた。




「ああ、もう、やっと戻ってきたわね、遅いわ」

 その後、ようやく部屋に戻ったエリンに、アーシュラが、待ちかねたように口をとがらせた。今朝は当分顔を見せるなとうるさかったのに、勝手な主人である。

 鏡台の前に座って、鏡の前に何やら並べているようだ。

「ねぇ、髪が絡まって、気持ち悪いわ」

「あんなに庭ではしゃいでは、仕方がないでしょう」

 ため息をついて櫛に手を伸ばす。柔らかい髪は散々風に吹かれたせいであちこち絡まって、エリンは時間をかけて梳き整えなければならなかった。

 少女が鏡台に並べていたのは、今日ゲオルグが持ってきたどこかの土産のようだった。色とりどりの美しいガラスの小瓶で、中には何か入っているようだった。

「その瓶は?」

「ゲオルグが持ってきてくれたの。冬の間訪れていた、ムースウエストのお土産なのよ」

「土産……瓶がですか?」

「香水が入っているのよ。南の島の、色々な花の香りですって。ええと……これが、プルメリア……」

 勧められるまま、磨りガラスの白い小瓶に顔を寄せると。濃密な甘い香りが広がる。確かに、アヴァロン城の花々には無い香りだ。

「いい香りでしょう、ゲオルグはね、この中で一番好きだって」

「左様で」

「ゲオルグはここに並んでいるお花、全部実物を見たことがあるのよ」

 その夜、アーシュラは食事中も、入浴中も、ベッドに入った後さえも、ゲオルグがゲオルグがと、嬉しそうに話し続けた。

「それでね……ちょっと、エリン、エリンってば」

「……聞いております」

「聞きたくない、って顔をしてるわ」

 エリンにしてみれば、特に聞きたくもない話を延々と聞かされているのだから、当たり前である。

「そう思うのでしたら、いい加減お休みください」

 しかし、不機嫌な顔を見せるなんて、普段感情を表に出さないエリンには極めて珍しいことだ。

「エリン……」

 アーシュラは口をつぐんで、むっとした様子の従者をまじまじと見つめる。それから、何かを思いついたように目を見開くと、にっと笑って彼の襟ぐりを掴んで引き寄せ、白い腕を首に絡めて、従者の頭をぎゅっと抱きしめた。

「知らなかったわ。お前でもやきもちを焼くことがあるのね」

 耳元でフフフと笑われて、されるがままのエリンは不本意そうに主の腕を引き剥がす。

「そういうものではありません」

「そうかしら?」

「断じて違います」

「嘘ね」

「何ですかそれは」

 エリンの頑なな返答に、アーシュラは余計面白そうに笑う。ああ、これでは違うと説明するだけ逆効果ではないか。違うのに。

 ――違うのか?

 自問した瞬間、違わないことを悟ってしまう。そうなのだ、自分はただ、主人をあの少年に取られてしまったような気がして、気に入らないだけなのだ。けれど、そんなこと、言えるはずがない。

 自分はただの守護者で、主のなすことに口を出すような立場では――

「……もし、そうだと言ったら、あの方と会うのをやめてくださるのですか?」

 口をついた言葉が意に反しているのか、そうでないのか、分からなかった。アーシュラは少しだけ考えて、そして、当たり前のような顔できっぱりと答えた。

「お前がそう願うなら、会うのをやめるわ」

「え……」

「どう?」

 少年は途方に暮れた。けれど、そんなことを問われたら、答えなどひとつしか無い。

「……私がそれを望むことは、ありません」

 自分が望むのは、いつだって目の前のこの人の幸せなのだから。


 剣の言葉を聞いた姫は、少し切なげに俯いて、そして、溶けるように甘く微笑んだ。

「忘れないでね、エリン。わたくしは、何があろうと、どんな時でも、お前を拒むことは無いわ」

 白い指がエリンの冷たい頬をなぞり、瞳の色を隠すため伸ばした前髪をそっとよけて、美しい左の目を顕わにする。心のなかを覗きこまれたような気がして、少年は、切れ長の目をほんの僅かに細めて、笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます