闇の回廊に、少年のすすり泣く声が響く。この半年ばかり、アヴァロン城には、こういう重たい夜が度々訪れていた。

 エリンは、渡り廊下の真上に立って様子を窺っていたが、周囲にツヴァイや、他の人間の気配がしないことを悟ると、そっと廊下に降り立って、しくしくと泣く皇子に駆け寄った。

「大丈夫ですか? 皇子」

「エリン……」

 廊下の隅でうずくまって、泣いていたのはベネディクトだった。助け起こすと、可哀想に、唇には血が滲み、片方の頬をひどく腫らしている。殴られたらしい。

 よりによってアヴァロンの皇子がこんな酷い目に遭っているのに、誰ひとり声をかけようともしないのは、先程まで彼を折檻してした人物が誰か、という問題に起因する。

「……陛下は、今日もご機嫌が悪いのですね」

 皇帝は、皇子に暴力をふるうのだ。

「ち……違うんだ、僕が、悪いんだよ、エリン。おじい様は悪くない……僕が……僕が、悪い子だから……」

 ベネディクトは慌てた様子で、祖父を庇う言葉を口にした。


 自らの血縁で唯一『紫』を持って生まれたアーシュラをことのほか大切にしたアドルフではあったが、そもそも、ベネディクトを疎んでいたというわけではない。

 風向きが変わったのはこの一年ほどのことである。

 美しく成長していくアーシュラの身体が、しかし少しも丈夫にならないことを、老いた皇帝は徐々に恐怖するようになっていた。そして、近頃では皇女の体調が悪くなる度、アドルフは心のバランスを崩す。

 大抵は夕食後、優しげな声でベネディクトを呼びつけては、健康な彼が紫を持たずに生まれたことを嘆き、罵り、呪い、ひどく折檻した。そしてひと通り皇子を痛めつけ我に返ると、普段通りの名君に戻る。

 今までの皇帝からは想像もできない姿だった。誰も止めることは出来なかった。唯一彼に苦言を呈することができるツヴァイすらも、虐待の現場には姿を現さないらしい。エリンだって、こうして嵐が通り過ぎた後、傷ついた彼の手当してやることくらいしか出来ない。

 そして、十五歳を迎えた皇女アーシュラは、今日も具合が悪く、一日中寝込んだまま、ベッドから起き上がれずにいた。ベネディクトは、ポロポロと涙を零しながら、エリンを見上げて言う。

「姉上のお加減は? エリンは、お傍を離れてはいけないよ」

「殿下から、皇子のことを頼まれているのです」

「姉上が?」

「はい」

「そっか……」

 皇子は優しかった。幼い頃と同じように姉を、そして祖父を慕っている。今のようなむごい扱いを受けるようになってなお、その気持ちには変わりないように見えた。

「ねぇ、エリン、僕はどうして、こんな風に生まれてしまったのだろう」

 自分を責めるように、悲しい声でベネディクトは呟く。

「僕さえ、ちゃんと紫を持って生まれていれば、おじい様は苦しまずに済んだんだ。姉上だって……」


 本来であれば、皇子を守り、慈しむべきはまず、両親であるところの、前皇太子夫妻であるはずだ。けれど、元々、格式張った帝室を苦手と言って憚らない、自由な性格の前皇太子エーベルハルトは、子供たちがもっと幼い頃から、年間を通じて妻を伴い、他の自治区を旅して遊び回っていた。

 城へ戻るのは旅と旅の間の短い時間だけであり、子供たちの養育は使用人たちに任せっきりである。

 明るく、自分勝手で、裏のない父と母は、子供たちにとって好ましい人物ではあったが、頼りにはできない存在だった。

 自然とベネディクトは、アドルフの影響を強く受けて育っていた。

 敬愛する祖父から罵られ、否定されることは、彼にとって、どんなに辛いことであるだろう。

「皇子が……ご自分を責めることはありません」

 慰めの言葉の浮かばないエリンは、ようやくそれだけ口にして、皇子の薄い肩にそっと手を添える。

 今、ここに居るのがアーシュラでなくて自分で良かったと、エリンは思った。アーシュラだったらきっと、弱音を吐く弟に優しい言葉をかけたりしない。残酷な台詞と共に一笑に付したであろう。

「誰も、生まれる家も、体も、選べません。だから、そんなことが罪であるわけがない」

 ベネディクトは優しいけれど、姉のように強くはないのだ。そして、それこそが彼の美点であると、エリンは知っていた。 

「エリン……」

 強いアーシュラの身体を思うのと同じように、この、いつも自分に優しくしてくれた、慈悲深いベネディクトの心が、いつか壊れてしまうのではないかと、とても心配だった。だから、せめて自分だけは。

「お部屋に戻りましょう。傷は、僕が手当を致しますから」

「うん……」

 皇子は涙を拭って立ち上がった。






 孫の柔らかな頬を打った、生々しい感触が、男の手にいつまでもまとわりついていた。

 今夜で何度目だろうか、と、思い出すつもりも無いことに思いを馳せてみる。無抵抗な皇子に、罪があるわけではないと、頭では理解しているつもりなのだ。憎いとも思っていないはず。

 それなのに、顔を見るとどうしようもなく苛立ってしまう。

「…………」

 アドルフは明かりもつけずに窓際の椅子に長いことひとりで座っていたが、やがて、ぐらりと傾ぐように立ち上がると、ベッドサイドに置かれた水に手を伸ばす。

「いけません」

 不意に、闇の中から声がした。暗がりから腕が伸びて、アドルフの手を押しとどめる。白い髪が目に入った。

 この部屋で彼に声をかける人間など他に誰も居ない。男の剣だった。

「薬を飲むだけだ」

「先程、ブランデーを召し上がりました。体に毒です」

「指図をするな」

 癇癪を起こしたような、どことなく子供っぽい調子でそう言って、従者の手を振り払おうとした男の体が、ぐらりと傾く。金糸の刺繍をあしらった、紫のローブが嫌に優雅な弧を描いて、倒れる男の姿を隠した。

 鍛えられた体躯は老いても重い。けれど、華奢に見える彼の剣は、その体を羽根のように軽く受け止めて、困ったようにため息をついた。

「あなたは酒に強くない。若くないのだし、程々にしてください」

「うるさい」

「とにかく、薬はいけません。眠れぬほど後悔するのなら、今からでも皇子に優しくして差し上げるといい」

 ツヴァイの手を借りて、元居た椅子に戻り、ぐったりと沈み込む。

「……あれは、余に似ている」

 低い声で、小さく落とした。

「だからこそ、憎らしく思えるのだ。なぜ……あれに、証が無いのだ。どうして紫を持たない。あれほど、似ているのに――」

 怒りの滲む台詞、苛立ちの対象は皇子であり、また、男自身であるようにも聞こえた。

「余は遠からず死ぬ身だ。このままでは、始祖の志を受け継ぐ者は居なくなる」

「アドルフ……」

「証が消えれば、アヴァロンの約束もまた霧散するだろう。余の五十年は、一体……何のための時間だったのだ」

 アドルフは身内には冷酷で恐れられたが、名君として長くエウロに君臨していた。誰よりも優秀で、重い決断も一人で背負い、政務において補佐を必要とせず、そして、その分孤独な君主だった。

 どんなことも一人で決めて、進んできた彼が最後にぶつかった壁が、後継者問題であったのだ。彼の二人の息子はふたりとも資格を持たずに生まれ、一人は呑気で騙されやすく、もう一人は頭は良いが疑り深い人間だった。アドルフは長く皇太子選びに悩み、結局、生来の気高い気質と、証である紫の両方を持って生まれた孫によって、一度は救われた。

 けれど、アーシュラはあまりに弱すぎた。それでも幼い頃は、多くの虚弱児がそうであるように、成長するにしたがい、自然と丈夫になっていくものと信じていた。しかし今では、彼女が長く安定した帝位を維持できるとは、アドルフも考えられなくなっていたのだ。

 それでも彼は、紫の有無にこだわった。

 賢明なアドルフが、何故これほどに菫色に固執するのか、深く知る者はいない。彼は、若くして帝位についたはじめから、紫の正統性を第一とし、証を持たぬ親族に大きな権力を与えることを避けてきたが――その真意について、誰にも話そうとはしなかったからだ。

「あなたは死にません。アドルフ、弱音などあなたらしくもない。アインなら、きっと笑います」

「アイン……」

「そうですよ、アドルフ。アインが見ています」

 ツヴァイは、彼とは親子ほどに年の離れた、主と並ぶととてもふさわしくは見えない、年若い従者である。

 彼は、死んだ彼の最初の剣であるアインが拾い、育てた子供であった。アインとアドルフは、幼なじみで――親友同士であったといわれている。

「ベネディクトは……」

「先程、エリンが声をかけていましたから、今夜のところは、大丈夫でしょう」

「そうか……」

 アドルフは、うなだれたまま、力なく呟いた。


 罪深い祖父の行いへの報いか、アーシュラはその夜から、一週間も高熱に苦しんだ。彼女が長く寝こむ度、アヴァロンは重苦しい沈黙に包まれる。今度こそ皇女が死んでしまうのではないかと、思わないものはいなかったからだ。

 けれど、皇女は繰り返し苦しみ抜いて、そして生き延びた。

 動けるようになると、痩せ衰えた体をドレスで隠して、城内の者に声をかけて回る。やはり、決して弱音は吐かなかった。


「エリン……」

 かすれた声に、ベッドサイドに座り込んだまま、人形のように動かなかったエリンは顔を上げた。彼女が目をさますのは、いつも夜のような気がする。

「ここに」

「何か、飲みたいわ」

「水で?」

「紅茶がいいわ」

「何日食事を召し上がっていないと思っているのです。せめてミルクで」

「……じゃあ、それでいい」

 少しお待ちくださいと言いながら立ち上がるエリンの手を、熱い指が捕まえる。「アーシュラ?」

「やっぱり、飲み物はあとでいい。ここに居て。顔が見たいわ」

 起き上がろうとするのを押しとどめて、疲れた顔を覗き込んだ。

「やっぱり、夢より本当の方がいいわね、触れるもの」

「夢に僕が?」

「当たり前でしょう」

 アーシュラはくすくす笑いながら言った。

「ああ、やっぱりわたくしの半身は美しいわ」

 美しい顔には不吉なクマが張り付いて、手を添えた背中は薄く、いかにも頼りなげだ。けれど、

「あなたの方がずっと美しい」

「お前は分かっていないわねえ」

 五年前に交わした約束は守られていた。アーシュラは苦しみに喘ぐ枕元にも彼を置いた。

「わたくしは美しくなんてないわ」

「どうして……」

「憎んでいるのだもの。世界を」

 五年のうちにすっかり自分の背を抜かし、少しずつたくましく成長しつつある、己がエリンの首筋を強引に引き寄せて、サラサラと指を滑る白金の髪を撫でる。

「自分の世界を憎んでいる者は、みんな醜いのよ。わたくしなんて、最悪」

 呪いを語るには明るすぎる調子で、他人事のように、少女は言った。

「よく、分かりません」

「お前はそれでいいのよ。だって、お前は世界わたくしを愛しているでしょう?」

 儚く生まれつき、城から外に出ることすらほとんど無く育った娘が、まるで世界の秘密を知っているような顔をして、自信たっぷりにそんなことを言う。そんな時のアーシュラは、どんなにやつれきっていても、本当に美しく思えた。




 発作のように時折繰り返される、皇帝から皇子への虐待は、その後も止まなかった。主だった家臣にはその事実を知るものも多かったが、やはり、アドルフを諌められる者はおらず、それどころか、皇帝の不興をかってしまった皇子に味方をすることは己の得にならないと判断し、距離を置くものまで出てきていた。

 ベネディクトは優しいだけでなく、利口な少年でもある。世話役の執事のクヴェンと、エリン、そして、ツヴァイが変わらず接しては居たものの――自分の居場所が徐々に危うくなりつつあることを、きちんと理解している様子であった。

 彼の側近くにいた者は、彼の、優しく思いやりに満ちた瞳が、徐々に祖父の呪いによって曇りつつあることに気付いていた。

 しかし、誰も何も出来ないまま、時だけが流れていった。


 そして、そんな皇子ベネディクトが風変わりな拾い物をしたのは、久しぶりに父、エーベルハルトが帰城した、ある日のことであった。

 外の世界を知らない子供たちを少しでも楽しませようと、父は気まぐれの土産代わりに、はるばるシノニアから、サーカス団を引き連れて帰ってきたのだ。

 夜、庭にテントを広げて、子供たちのための貸し切りのサーカスが開催された。

 ハロウィンとクリスマスが一度にやって来たような、色とりどりの光に、聞いたことのない異国の音楽。大雑把なエーベルハルトが、なんでもかんでも入城を許可してしまったせいで、ゾウやライオンや見たことのなかった動物もやって来て、アヴァロン城は大騒ぎであった。

「面白かったわねぇ」

「はい!」

 病み上がりのアーシュラを乗せた車椅子を押しながら、ベネディクトはニコニコと嬉しそうだ。

「お前は何が一番良かった?」

「空中ブランコ!」

「わたくしはねぇ、ライオン!」

「怖くありませんでした?」

「怖いものですか。とっても可愛らしいじゃない。一頭お城にも欲しいくらいよ」「えええ……」

 和やかに話す二人の少し後ろから、エリンは速度を合わせて付いていく。


 姉弟で話をしているときは決して邪魔をしない。黙って、彼らの話を聞いていた。 両親が帰ってきて、祖父も機嫌が良く、姉も元気そうなその日の夜、ベネディクトは幸せそうに見えた。

「父上は、今回は長くお城にいらっしゃるのでしょうか?」

「さぁ、どうでしょうね」

「ずっといらっしゃればいいのにな……」

「そんなの、毎日騒々しいったらないわ」

「賑やかで良いではありませんか」

「そうかもしれないけど……でも、父上はああやって世界を飛び回っていてこその父上なのよ。お城でじっと我慢しているなんて、可哀想だわ」

「それは……」

 皇子が少し言葉をつまらせた瞬間、アーシュラは車椅子から身を乗り出してエリンの方を見て言った。

「ねぇ、それよりもエリン、お前、あのサーカスみたいなナイフ投げが出来る?」

「……リンゴを狙うなんて、やったことはありませんが……」

「あれも面白かったわ、今度お部屋でやってみせて頂戴」

「は?」

「わたくしの頭の上にリンゴを乗せて構わないわよ」

「無茶なことを仰らないでください」

「ふふふふふ」

「殿下……」

 呆れた顔で睨む従者を意に介さず、皇女は明るく笑う。そして、思いついたように車椅子を止めさせて、パッと立ち上がる。

「よし、今夜は少し歩くわ、エリン、手を、こっち!」

「え……」

「ベネディクト、椅子をクヴェンに返しておいてもらえる? 気分が良いから、エリンとお散歩してからお部屋に戻るから」

「あっ、姉上……」

 弟がまだ何か言いたそうにしているのに、アーシュラは気付かなかった。エリンはそれが少し気になったけれど、一人で立ち上がって歩きはじめた主人を放っておくわけにもいかず、車椅子とベネディクトを置いて、彼女を追いかけなければならなかった。


「アーシュラ、あのように皇子を放ったらかしにしてはお可哀想です」

「そう?」

「そうです。せっかく、家族が揃ったと喜んでおられるのに……」

 サクサクと柔らかい草を踏んで、夜の庭森を、彼女の望む方へと歩く。歩くと言ったアーシュラではあったが、結局すぐに疲れてしまって、エリンが背負って歩く羽目になった。

「あの子は優しすぎるの。もう少し、わたくしやおじい様や、お父様を憎んだ方がいいの」

 偉そうなことを言う、背に抱いた主人は軽い。今にもフワリと浮かんで、消えてしまいそうだ。エリンには何となく恐ろしいもののように感じられた。 

「……それを、美しくないと仰ったのはあなたです」

「そうよ? わたくしたちが、美しくなんて在れるはずがないってこと」

「アーシュラ……?」

「あの子はきっと、わたくしよりもずっと長く生きなければいけないでしょう。あんなに優しいままでは、それこそ可哀想」

 痛みを抱えて生まれた彼女は、他人の苦しみに同情をしない。けれど、彼女なりに、弟のことを愛しているのだろう。エリンはその後、それ以上何も言おうとはしなかった。

 

 それから数日が経った、よく晴れた昼下がり。

 皇子は庭で、子供を拾った。

 どういった経緯があってのことかは誰にも分からなかったけれど、先日訪れたサーカス団にいた子供だったらしい。敷地内の枯れ井戸に放り込まれていたのを、皇子が見つけたのだ。酷いことに、子供を井戸に放り込んで、そのまま一団は引き上げてしまったようだった。

 助けだされたのは東洋人の双子で、何日も飲まず食わずで井戸の底に居たせいで、ひどく衰弱した状態だったという。

 子供達を哀れに思った皇子は、二人をアヴァロン城の敷地のどこかに住まわせて欲しいと、アドルフに願い出た。

 ろくな教育も受けていないであろう、どこから来たのかも定かでない、怪しい子供など、アヴァロンの使用人として召し抱える許しが出るはずもない。ただでさえ疎まれているベネディクトがアドルフの機嫌を損ねると、どんな目に遭わされるか分からないのだから、子供に情けをかけてやるならば当面の路銀を渡して街へ去らせるべきだと、そう言ってクヴェンは必死に皇子を止めようとした。

 しかし、やせ細り、飢えに震えた孤独な子らに、皇子は何か強く思うものがあったのか、制止をふりきって祖父に訴えたのだった。

 執事の予想を裏切って、アドルフは、孫の頼みを受け入れた。

 理由は語らなかった。ただ、二人の生命に皇子が責任を持つことと、城内に立ち入らせないことだけを命じた。


 祖父の許しを得て、ベネディクトは敷地の片隅にある使われていなかった建物に双子を住まわせることにした。食事や衣服を与え、そして、ベネディクト自身、頻繁に訪れるようになった。

 黒い髪に黒い瞳、白い肌。無表情で、何を考えているのか計り知れない。どこで生まれてどんな暮らしをしてきたのか、いつも暗い顔をしていて、話しかけてもまともに返事もしないという。

 城内の者の多くは、そんな子供を気味悪がって必要以上に接触しようとしなかったため、子供の名前すら知られることは無かった。ただ、ベネディクトは献身的にそんな二人の世話を焼き、大切にしたようだ。

 やがて、三人が楽しげに庭で遊ぶ姿が頻繁に見られるようになった。

 双子の世話をするようになってから、皇子は少し明るく、強くなったようだった。

 その話を伝え聞いたアーシュラは、大変に喜んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます