階段下は××する場所である

作者 羽野ゆず

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

肉食系女子が一目惚れしたのは、女性恐怖症の美少年だった。
女の子が苦手な彼を、持ち前の大胆さでグイグイ押しまくる。
私、好きな人の為なら、何だってできるよ……ちょっと恥ずかしいけどね。

――これだけ見たら、本作はラブコメに思えてきます。
だけど本作は、しっかりトリックが作り込まれた本格ミステリなんです。
解決に至るロジックも丁寧で、ミステリファンの知的欲求を必ずや満足させてくれることでしょう。

また主人公二人が本当に素敵で、お互いを想いやりながら惹かれていく様は、まさに青春恋愛もの。
ミステリー初心者には是非お勧めです!
最高の「ドキドキ」を皆様に届けてくれます。

★★★ Excellent!!!

最初はただタイトルを見て、どんな内容なんだろって気になっただけですけど、見ているうちに引き込まれていって…

この作品の中での謎?というかトラブルは本当に誰かが悪いっていうのはあまりなくて、一人一人違う違う思いを抱いてるから生まれたっという感じで、時には恋心、時には家族愛、時には友達同士の思いやりとか、部長さんが部に対する責任感といったとても優しいミステリーストーリーです。

主人公達の恋にも目が離せません!

★★★ Excellent!!!

1章だけ読みました。いいえ、軽い気持ちだったのに、読まされました。素敵で楽しいラブコメ風味のミステリー(逆?)です。

早い段階からの読み手を引きつける謎と、読者の興味をそそる設定や展開の数々は上手いです。私は謎よりも、ついつい二人の関係にページを捲らされました。凄く楽しめました。時間作ってまた読みます。もっと早く見つけたかったです。オススメです。

★★★ Excellent!!!

本作は、日常の謎を追う過程で甘酸っぱさに悶える(高校が舞台です! 甘酸っぱく無いわけがない!)、青春ミステリとなっています。

主要な登場人物たちは皆個性的で、その一癖も二癖もある彼らが織りなすストーリーはしかし決してくどくならず、筆者の軽快な筆致によってするすると読まされます。

ですが本作の魅力は、そんな軽快な読み口でありながら、しっかりとした論理の組み立てによって全ての謎が綺麗に解決される、ミステリの基本を忠実に抑えた見事な構成と、そのストーリーとの融和にこそあると私は感じました。

ミステリって、なんかとっつきづらい。難しい。堅苦しい……。
そんなイメージを持っている方は、少なからずいると思います。
が、そんな人には、まずはこの作品を読んで欲しい!

そんな風に思える、丁寧で分かりやすい、まさにミステリの入門書とも呼ぶべき仕上がりの快作です。

★★★ Excellent!!!

とても面白い! ラブコメ+日常の謎系ミステリーです。高校三年生の美女、雷宮 光は、高校一年生の王子様系美少年である水無月日向に一目惚れをする。日常の謎を解きつつ、ちょっと女性が苦手な美少年の日向に迫る光が堪らない! 裸エプロンはドキドキだ。