世界を殺す君と僕の約束

作者 おおさわ

9

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

「終わらない夢と未読の物語」まで読ませていただきました。

 ヘビーな描写がこれでもかという迫力で書かれた導入部に、まず圧倒されました。これは生ぬるい気持ちでは読めないぞ……と、どっしり腰を据えて読み進めました。

 一章にあたるであろう「終わらない夢と未読の物語」は、カクヨムで自作品を執筆する少年の話と、現実世界ではないどこかの世界(異世界)に暮らす人々の話と、ザッピングのように行き来します。

 現実世界で、自作品への酷評に悩まされ、少し背伸びをしたような恋をし……。
 その裏で、異世界では闇の精霊による異変が起こり始め……。

 と、二章以降どのように二つの世界が混ざり合っていくのか(もしくはそうではないのか)、期待に胸が踊ります。

 本当は最新話まで追いついた上でレビューしたかったのですが、コンテストも終わりに近付いているため……。
 期間が終わって以降も、引き続き読み進めていこうと思います。

 決してライトではない、いわば大人向けファンタジー。
 皆様も、ぜひ。